接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

アイドルの「生誕委員」をやりました! 長崎の「ミルクセーキ」如月りお生誕!

スポンサードリンク



こんにちは、かんどーです。

このブログでも何度かお話していますが、わたしはアイドルが好きです。と言っても、男性アイドルグループではなく、女性アイドルグループが好きなんです。メジャーどころよりは、地域アイドルが好きですね。「地元◎◎を応援する」的なアレです。


軽くわたしのアイドル遍歴を晒しておきますと、10年くらい前にたまたま住んでいた場所の近くで「アイドルを始めたい!」と立ち上がった方がおりまして、たまたまその方とコンタクトを取り、初動におけるチラシ配りなどをお手伝いし、常に動向を気にして、応援している人になりました。(※中の人ではないです)

そのアイドルグループは地域では有名になっていき、やがて有名アイドルイベントにも出演するようになっていきました。しかし最後にはいろいろあって解散してしまいます。。その時活動していた子を追っていくことが、わたしのアイドル追っかけ人生のはじまりだったわけです。


意外とその子たちすごくてですね。

解散後、超有名オーディションを通過して、国民的アイドルグループに入るとか、わりとメジャーな劇団に入るとか、とにかくみんなそれぞれの道を歩み始めたわけです。(その関係もあって、実はわたし今BiSH、BiS、ギャンパレを知っています。劇団関係もそのときちょっと詳しくなりました)


でもそんな中でわたしは、相変わらず「地下」で活動する子を追いかけました。その子の真摯な姿が好きだったから。その子は実は今でも活動しています。とても大変だったと思うけど、曲がっていくことなくまっすぐにのびやかなその子のことがわたしは今でも大好きなのです。(2019年現在、受験のため活動休止中ですが必ず復帰します)



前置きが長くなりました。


わたしが今応援しているのは、長崎のアイドル「ミルクセーキ」です!! 彼女たちは精力的な活動と飾らないキャラクター、正統派アイドルに見えて喋ると楽しいところが魅力です。戦闘力はかなり高いです。(アイドルにおける戦闘力とは、歌唱力、ダンス力、パフォーマンス力、煽り力、メンタル力などを指します)

ミルクセーキのライブはいつ行っても大満足です! ここ最近はライブに行くだけで幸せになれるというはまりようです。。


そして、さる3月17日。ミルクセーキで一番新しいメンバー「りお」ちゃんのお誕生日、生誕ライブがありました!!! 

アイドルの生誕ライブというと、対バン形式のライブに出て、その中で「おめでとう~!」と短めに終わらせるものもありますが、ミルクセーキは地元長崎でライブハウスを貸し切り、思いっきりワンマンライブをやります! 約2時間、ミルクセーキ漬けになれます! メンバーそれぞれのソロのコーナーもあります!


そして、生誕ライブの場合はそのライブの終盤に「生誕コーナー」があります。近しい方からもらったお手紙を読み上げたり、ファンからお花を手渡したり、ケーキを渡してろうそくを消してもらう、恒例のアレをするわけです。

その際、

・ケーキの準備をする
・花束の準備をする
・ファンからのメッセージカードの準備(100枚を超える!)
・他アイドルグループからの色紙を用意する
・生誕のソロコーナーで着るドレスを用意する
・ソロコーナーで来場者全員が振れる使い捨てサイリウムを用意する
・お誕生日おめでとうのクラッカーを用意する


こういうことを裏でしている人がいます。それが生誕委員です。

わたしはその生誕委員という存在を半年くらい前に知りました。ああ、こういうことを執り行っているファンがいるのか……と。その時は何も思わなかったのですが、その2か月後くらいにツイッターで「3月のりおちゃんの生誕委員を募集しています」という書き込みを見つけました。正直わたしはその方と絡んだこともなかったし、希望してもやらせてもらえるのかな……? と不安でした。

しかしとても親切にいろいろ教えてくださり、12月にめでたく生誕委員の仲間入りをしました。(生誕は3か月前くらいから準備するようです! 早い!)


そこからの3か月間は、ほぼ毎日グループラインで連絡を取り合いながら、約7名の生誕委員同士で仕事を割り振り、それぞれの仕事をこなしていきました。メッセージカード集めなどは手分けして。アルバムづくりは得意な方が。ケーキのデザインもやはり得意な方が。そして他アイドルグループのライブ現場を回って、仲の良いアイドルグループの方々に色紙を書いてもらうのは委員長が自ら行っていました!


わたしはドレス選び担当でした。

と言ってもみんなで決めるので、アイドル本人が着たいイメージのドレスに近いイメージのドレスをいくつか候補として出し、その中から絞り込んでいきました。ヘアアクセサリーをどんなものにするかも、運営さんを通じて本人の意向を聴き、そこから選んでいく形でした。

あとは当日、サイリウムを来場者全員に配って、ライブ後はそれをすべてきちんと回収する、という動きをしていました。そんな生誕ライブでしたが。

当日、余裕のある時間帯は撮影(ミルクセーキライブは基本撮影可です!)もしていたので、わたしの写真でミルクセーキを、そして生誕パーティーの様子をお伝えします!


まずはパワフルなライブ! メンバーは6人いるのですが、1人が受験でお休み中(もうすぐ復帰します)、もう1人はケガでダンスができないので歌のステージだけ参加します。なのでこの4人でステージに立ってる時間が多いです。

左から、きらちゃん、あゆちゃん、※りおちゃん、あやのさんです。(※この日はりおちゃんの生誕)


f:id:keisolutions:20190318140605j:image


動きもキレッキレで、動いてるときは写真撮れません! あえてスローなダンスのところで写真を撮っています。  


f:id:keisolutions:20190318140617j:image


歌もパフォーマンスもすっごく良いです!!  


f:id:keisolutions:20190318140629j:image


お気に入りの曲が流れると嬉しくなります。ふだんの対バンライブだと4曲くらいしかやらないのですが、こういうワンマンライブだと全曲やってくれるので、満足度が高すぎて死にそうです。


そしてりおちゃんの生誕パーティーのコーナー! りおちゃんだけドレスに着替えて、ステージに登場してソロ曲を歌いました! 歌唱力がすごい子なので、これは会場が沸きました……!! みんな鳥肌だったんじゃないかな……

この日はメンバーの「きらちゃん」からお手紙の朗読がありました。初めて会った時から今までのことを読み上げるきらちゃん。わたし生誕委員で仕事してなかったらこの時号泣だったと思います。(この時ケーキの準備してました)

 

f:id:keisolutions:20190318140736j:image


その後、生誕委員が「花束」、「メッセージカード、アルバム」、「ケーキ」をそれぞれりおちゃんに手渡していきます。わたしはステージには上がらず「いってらっしゃい!」と見送って後ろのほうから見ていました。

ケーキを渡す瞬間w ちょっとこれ何があってこうなったw という一枚。
 


f:id:keisolutions:20190318140808j:image



そしてお待ちかね! ロウソクをふーっと消す瞬間! 

 


f:id:keisolutions:20190318140828j:image

 
ケーキですが、写真だと見えないですがこんなケーキですwww プリントでタルト生地にこういう絵とかをプリントしてくれるお店があるんです。このまんまでプリントされてきたのでびっくりしました。。

※「ぎーりお」というのは「如月りお」→「きさらぎりお」→「ぎーりお」となったあだ名です。

f:id:keisolutions:20190320092548j:plain


こうして、無事生誕パーティーが終わりました。


しかし、アイドルライブはここからがまた別のお楽しみです! そう、交流! 物販会の中で、CDなどを買うだけでなく「交流券」というのを買って、ポストカードにサインをしてもらいつつ話ができるのです! わたしは毎回全メンバーとお話して、まだ時間があればチェキも撮ったりします。

 

交流中は、メンバーを自分のスマホやカメラで撮影することもできます! あやのさん。 


f:id:keisolutions:20190318140852j:image


この日の主役、りおちゃん! 

全身撮りたいって言ったらこたえてくれた、ありがとう~。  


f:id:keisolutions:20190318140927j:image


りおちゃんを撮ります。

f:id:keisolutions:20190318140946j:image


だんだんポーズがよくわからなくなってきましたが、まあいいのですw 


f:id:keisolutions:20190318140958j:image


あゆちゃんを撮影した際は、あまりのセクシーポーズに手ブレを起こしました……嗚呼 


f:id:keisolutions:20190318135923j:image

 

最後に。

生誕委員は来場者全員が帰ったあと、会場に入ってメンバーと写真撮影をする時間などがもらえます。りおちゃんを撮影できるタイム!


f:id:keisolutions:20190318141051j:image

 

わたしの撮った写真ばかりでもアレなので!

メンバーが自撮りした写真! ツイッターからお借りしました。 


f:id:keisolutions:20190318141108j:image


りおちゃん、かわいい!  


f:id:keisolutions:20190318141121j:image


もう本当に可愛くて死にそうなのですが、この子がりおちゃんです。 

 


f:id:keisolutions:20190318141132j:image

 

 りおちゃんです。


f:id:keisolutions:20190318141147j:image

 

 

……いかがでしたでしょうか。


アイドルの生誕ライブの表側と、すこしだけ裏側をお見せしてみました。


ここまで読んでいただき、ありがとうございます。今回の生誕委員は、委員長がいて、委員が6名いた状態です。その委員長がなんと! はてなブログを始めました!
 

rinon-chocolat.hatenadiary.jp

 

九州住みなので地元グルメ記事なども書いてくれるようです。メインコンテンツはアイドルになるのかな? たぶん生誕当日のこともこれから書いてくれると思います。とっても楽しみ!



______________________________

 

ここまで書いて、ふと思いました。

わたしにとって「アイドル」って何なのか? ということ。これを説明しないとこの記事は終わらないと思いました。

わたしにとってアイドルは、アイドルを応援するという行為は、世の中とゆるくつながる一つの方法なのだと思っています。私が女性であり、女性アイドルグループを応援しているということもそれを可能にしてくれています。

わたしは仕事をしていると、周りが敵ばっかりです。結局人は自分の身や財産を守ることを考えていて、ビジネスで「困ってる」と言っても誰も助けてなんかくれません。ずっとそうでした。一人で考えて一人で解決して、営業して契約取って。わたしは営業の実務をたった一人で覚えてきたと自分で思っています。誰も教えてくれなかったから。

そして得たノウハウをもとに起業しました。周りはますます敵だらけになりました。味方だってもちろんいるけど、全員信用していいとは限らない。常に自分の脳で考えて答えを出して、今日を明日に変えていく。自分が動かなければ誰も何もしてくれない。それが当たり前の世界で生きています。

そんな生活の中、時計がビジネスのアポイントだけを刻んでいることにためいきをつくのは、わたしだけではないはずです。だから世の中には「娯楽」と言われるものがたくさんあるのです。


わたしはその中で「アイドルを応援する」ことを選びました。アイドルって、人にもよるけど基本裏切らない。ライブ現場に会いに行けば基本喜んでくれるし、ちゃんと人と人のコミュニケーションを取らせてくれる。そして絶対にわたしの敵ではないんです。


アイドルの生誕委員に参加したのは、アイドルを応援する人達の中にも、絶対にわたしの敵ではない人がいると信じたかったからだと思います。


あなたの目に、世界はどんなふうにうつっていますか。わたしの目には今日も戦場が広がって見えます。選んでもらえるか、選ばれないか、やるか、やられるか。獲るか、獲られるか。騎馬戦や陣取りゲームのような世界が眼前に広がっています。「世論」と書いた大きな手が今日も誰かをひねりつぶしています。わたしはまだひねりつぶされたくない。自分の思うように自分の人生を描いて生きていきたい。

自分の時間軸を、短い間だけでいいから「自分の好きなこと」に置かせてもらう。そういうためにわたしはアイドルを応援しているのかもしれない。なんて自分勝手な理由だ! と思うかもしれないけど、こういう人間がライブ現場で一番開放されているとも思うんだ。


そして、ライブに来る理由はみんな違っていいと思っている。

なのでわたしはアイドルの応援に関してだけは、誰かと誰かの意見が違ってもあまり気にならないのである。わたしはアイドルを応援するだけで、そのライブ現場で見知った方と少し話すだけで、自分の人生を生きることができているので、もうそれだけで大満足なのである。

 

_______________________________



それじゃあ、また明日。