読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。女は35歳を過ぎてから開くので、女ざかりということになります。

プロットなしで小説を書くのはなぜダメなのか?

自己正当論



※今日の記事は小説を書く人にしか響かない内容です



こんにちは、かんどーです。


つい最近、とても面白い体験をしました。私は趣味というかライフワークで毎日、小説を書いているのですが、これがとっても楽しいんですね。趣味だから楽しいんだろ、と言われればそれまでなのですが、楽しいのには理由がありまして…


当初私は、どんな短編であっても、いや、短編であればあるほど、プロット(下書き)を入念に書き上げてから本編を書き始めていました。そうするのが当たり前でしたし、場当たり的に書くなんてありえないと思っていました。


もちろん、場当たり的に書く場合もありますが、それは本当にシンプルなつくりの小説で、伏線なども入れず、ただ流れるような私小説スタイルの場合に限定されていました。そういう私小説的なものを書くことと、お話を書き上げることは、私の中でまったく別の作業でした。



わたしはその日も仕事後にパソコンを開き、それまで書いていた小説の続きを書き始めました。手帳サイズのノートにプロットが書いてあるのでそれを開いてパソコンの横にセットし、貼った伏線にチェックを入れて回収予定の場所にチェックを入れる、そんな、設計図通りの小説書きをいつものように始めました。


「今日はこのあたりまで書き進めよう」


そんなふうに思い、物語を、レンガを積み上げるように書いていきました。脇道にそれることなど、思いもしていませんでした。


それなのに、頭の中に全然別の風がすぅっと通り、気づいたら登場人物が勝手なことをしゃべって、勝手に場所を変え、ちゃっちゃと伏線回収して別の物語を始めちゃったんですね。。


ええーーーって思いました。この位置からあとで書き直さなきゃって、頭の片隅で思ってました。でも、面白いんです。私が。


私が読みたい小説を、私の手が書いてくれている……そんな錯覚さえ起こりました。だって、想像もしていなかった物語が紡がれていくんです。物語の中で登場人物が会話をして、友人を励ましたり、友人の孤独を癒したり、静かな空気の中でわかりあったりするんです。なんですかこの世界……


完成度が高いとはとても言えないものの、その時間がものすごく楽しかったのは事実で、あの感覚が欲しくて夜になるとパソコンを開き、自分のための時間として、小説を書きたいと思ってしまうのです。


私は小説の書き方を習ったことがありません。


本で読んだり、書いている人の話をちらっと聞いただけです。そういう人は必ずこう言います。

「プロットを綿密に書き、そこから物語を書き進めるんだ」

ずっとそのつもりだったし、そのやり方を変えるつもりなんてなかったのに。なぜ登場人物は勝手に動き出すのでしょうか? これはどういう現象なのでしょうか?

同じような経験をした方がいたら、その状態で書き上げたものがどうだったか、そのやり方はさっさとやめた方が良いのかなど、一言でも教えていただけたらと思います。


「好きに書けばいいじゃん」


って思う気持ちもあるのですが、ハムスターが同じ場所でカラカラ回るようなことをしたいわけでもなくて……


ちょっと弱気な、夜なのでした。


じゃあ、またね!















かんどーが「歌ってみた」! 中島みゆきにドラゴンボール!

娯楽論



こんにちは、かんどーです。


先日アップしたこの記事に高評価をいただいて、ありがとうございました。「僕ちゃんお歌が好きだからお歌を歌ってみたよ!」というだけの記事なのですが。 

www.kandosaori.com

 




さて、このあいだ出先で1時間半ほど時間が空いたので、カラオケボックスに行ってきました。楽しかったのでその雰囲気をおすそわけします。


カラオケに行くと、一曲目はいつもSINGER SONGERの「初花凛々」を歌います。歌いやすい音域なのと、発声練習になるのでオススメです。すぐに覚えられるメロディなので、練習用にいかがでしょう。

こんな曲です。

www.youtube.com



2曲目は、orange pekoeの「やわらかな夜」を歌うことが多いです。ファルセット(裏声)を出す練習にもなりますし、メロディとリズムに酔いしれるには良い曲です。

こちら。

www.youtube.com



歌い方が近いので、このあとすぐUAの「甘い運命」を歌います。声の芯を通す感じ。そろそろ腹に力が入ってきます。

部屋の照明は暗くしておくのが良いです。そういう曲なのでw

www.youtube.com



そろそろアニソン行っときましょう。わたしはドラゴンボールのエンディングテーマ「ロマンティックあげるよ」が大好きなので、フルコーラスでガチ歌いします。

サビの高音をしっかり伸ばすラストが好きです。実はそんなにキーが高くないので歌いやすいですよ。

www.youtube.com



このあたりで中島みゆきを歌います。「歌をあなたに」「アザミ嬢のララバイ」「バス通り」なんかが好きなんですが、この日はド定番のこの歌を歌いました。

中島みゆきさんに声が似ていると言われたことがあります。
似てますかね。。

www.youtube.com

 

最後に、Little Glee Monsterの「全力リアルライフ」を歌って終わりました。彼女たちの歌はめっちゃキーが高いので、この曲だけ1つキーを下げています。それでもギリギリ…

ちなみに、リトグリの「歌ってみた」をやると、マイナス評価がとても多く付きますw ファンの耳が肥えているから、良く思われないのですね。。

ネガコメがつかないことを願いながらアップしてみました。なんとなく動いてるのは、ライブに行った時の振り付けですねw

www.youtube.com

 

 

ではみなさま、良い週末を!

 

今週も楽しかったー!


★今日の過去記事★

若いころ歌を本気でやっていたことがあります

www.kandosaori.com

 

この記事でも歌を公開しているよ

www.kandosaori.com

 

なんだかんだで毎日更新しています。かれこれ……2年くらいかしら?

www.kandosaori.com

 

 

文章に学歴関係ないし、頭の良さそうな文章なんて無いよ

自己正当論 人生論




文章のうまさは学歴にも読書量にもとくに比例しないと思っている。


じゃあ何に比例するのか。それは「訓練の量」単純にそれだけだと思う。ここでいう「訓練」とは文章を書き綴る時間の多い少ないではなくて、「どれだけ真剣に生きてきたか」とか「どんな経験をしてきたか」も含まれる。


そもそも「うまい文章」が必ずしも難解な言葉を使ったものに限定されないことが起因すると思う。


どっかのあほが「広告って偏差値40くらいの人に合わせて作るんですよ」って言って炎上してたけど、あれを完全に否定はしない。ふだん文章について意識していない人にもすっと入っていく文章を書くことは意識している。



もっと突っ込んだことを言うと、わたしは自分のブログを二階層づくりにしてある。

表面的に読んだら「ここ面白い!」という引っかかりを作る。ふだん読んでいない人が読んでも内容が伝わるように、理解しやすい言葉ですらすらと書く。

そうして表面をなめらかにしておいて、小ネタやスパイスを、それを知らない人が嫌にならない程度に加えていく。最近だと同じ年代の人にちょっと響くように書いてる。逆に、若すぎる方には二階層目の部分は響かない。でも響かなくても記事として大丈夫なレベルに仕上げるようにしている。


表のテーマは「メジャーなもの」にしつつ裏テーマで「マイナーなもの」を使って個人的に盛り上がる遊びみたいな感じ。小説の中で別の小説が引用されていたり、明らかなエア言及してて、気づくとより楽しめる、みたいな二階層構造ね。(最近なんか小説の楽しさの二階層目がわかってきた)




想定読者は、つくった方がいいね。わたしはいつもピンポイントで作っている。書評のときはこの人、ネタ記事のときはこの人、みたいに何人もいる。


これはブログ世界だけじゃなくて、リアル世界にもいる。


この人がクスってしてくれたらいいなと、リアルな知人の顔を思い浮かべながらニヤニヤとテキストを打つ。まあ頭ラリパッパなんだけどwww わりと幸せな時間なんです。


わたしはずっとテレビを所有していないのですが、理由は「テレビのインプット情報量」と相性が良くないからです。本を読むのは自分で時間を区切ったり、区切らなかったりが自由にできるでしょ。9時間ぶっ通しで小説を読みふける自由もあれば、5分ずつしか集中しない自由もある。

映画は「ここぞ」というときだから、集中して観られるときしか観に行かない。多くて月1本くらい。テレビと共通して、インプットの量が自分で調整できないから、あまりたくさん観られない。観るときは毎週映画館行っちゃったりするんだけどね。



もう、ラリパッパ期は終わっちゃってます。次いつまたあの時期が来るのかわかんない。精神的にはつらいけど、楽しかったなwww ラリパッパー!



しばらくまた、まともなことを書きます。



最後になりますが、頭の良さそうな文章なんてないです。他の人が書いてる文章読んで、販売されている書籍を読んでいれば訓練次第でそこそこの文章を書くことはできます。ふだん書きなれていない人が書く文章はカタイとか、そういう違いしかないのです。


「面白い」かどうかは本当に人間性が出るし、時代にそぐわないと輝かないっていうのもあるから、毎日書いてうまくなったって面白くない場合もある。


マラソンを毎日走っても全員がオリンピック選手にならないのと一緒だよ。


下手に期待しないで、ただ淡々と毎日好きな量書いていれば幸せだと思います。ものすごく冷めてますが、わたしのブログ論って「やりたきゃやれば」というとても突き放したものです。これだけ続けているっていうことは、わたしはそこそこ「やりたい」んだなと判断しています。


なんて冷めた子なのだ…


接客業もブログも、ある程度それとの距離を取ってしまったほうが続きます。なんていうか、それが自分のすべてです、みたいに「命かけてます」にするときついのではないかな。


命なんて賭ける必要も削る必要もない。心地よいリズムで日常が刻まれて、生きていたらお腹が空いて、まあまあ楽しく仕事して、眠る前にちょこっと文章を書いて、十分に眠ったらいいんじゃないでしょうか。


そういう状態ってかなり贅沢な状態だと思います。仕事で人間関係に悩んでいたり、行き詰っていたら絶対にそう思えないから。ニュートラルな状態にまずなれないから。


なつかしの写真でお別れ。
一時期ムーミンカフェに通い詰めてた。
あそこへ行くとなんか癒されたんだ。

3年前のわたし(向かって左です)
若いなぁ。

f:id:keisolutions:20170221174241j:plain


明日は歌をたくさんアップするね!
イヤホン(可能ならヘッドホン)用意して待っていてねー!



★今日の過去記事★

ラリパッパの極みwww 二重の極みwww ゲスの極…なんでもない。

www.kandosaori.com

 

ラリパッパ期に書いた記事は、自分で読み返してとても面白いwww

www.kandosaori.com

 

さおりたんのプライベートが垣間見られる貴重な記事。

www.kandosaori.com

 

follow us in feedly