接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

【募集!】屋台の代行店長をやってくださる方を募集します!【渡航・滞在費ゼロ!】

スポンサードリンク



こんにちは、かんどーです。
今日は募集記事です!

ご自身でなくても、あ、この人行きたいかもという友達などがいたらぜひこの記事を紹介してください!

 

セブ島のはしまき、たこ焼き屋台の代行店長を募集します!

フィリピン、セブ島の屋台はもうすぐ一年になります。ある程度業務フローも決まってきて、引継ぎは3~4日あればだいたいできることがわかりました。

基本、オーナーはわたしのままなので、あくまで「代行」として店長業務を行っていただきます。3~4日の間仕事を引き継いだらわたしは日本に帰ります。※わたしが日本の仕事をするための代行店長です。重なる期間は引継ぎしている3~4日と、わたしが戻ってきて諸々の報告を受ける1~2日だけです!

 

 

渡航費無料、滞在費無料の好条件!

セブ島までは当然ですが飛行機です! これはこちらが負担しますが、LCCです。また、出発日と帰国日は飛行機の安い日に合わせていただくため、高確率で平日発の平日帰国となります。(土日は高いんです。。)

そして、滞在中はわたしの部屋を無料で貸し出しますので(ただし水シャワー、エアコンなし、扇風機ありです)、滞在費はかかりません。貸し出す際にタオル、リネン類は洗濯済みのものに変えておきます。

トイレットペーパー、ティッシュ、石鹸類も部屋にあります。そのまま使っていただいて構いません。生活できる状態でそのままお貸しします。棚も空けた状態で貸しますので自分のものを置いて、自分の部屋のように生活できます。

引継ぎ期間はわたしが近所の安宿に泊まりますので、着いた初日から帰国までの間、無料で一人部屋に滞在できます。次に仕事の説明です。

 

屋台の仕事はキツイ?

正直最初のうちは、慣れていなくて全部自分でやっていたので、重いものを運ぶことも多かったし、毎日が戦いでした。4キロ痩せました。しかし今は重いものはデリバリーを使っていますし、代行をお願いする間あまり買い物に行かなくて済むように、大型の冷蔵庫を購入してありますので、買い出しに行くのは数回と思います。

野菜市場で重い野菜を買うこともなくなりました。スタッフが配達してくれます。このあたりはフロー化されているので、材料のストック切れについてはそこまで心配しなくても大丈夫です。

屋台の営業は木曜~日曜の週4日です。時間はPM5時~AM1時です。

とはいえ、仕込みがあるので営業日はPM3時にはいったんお店に行っていただきます。仕込みスタッフがいるので基本、仕込みは任せて大丈夫ですが、せっかくなので一緒に話しながら作業しても楽しいと思います。(このあたりは任せます)

営業時間中は基本、スタッフをに交代制で頼んであるので、実際に代行店長が焼かなければならないことは少ないです。スタッフが以前から休むと申告してある日や、病欠があった日は手伝いでお店に入ることもあると思いますが、丸々一日立ちっぱなしで焼き続けることはほぼないです。

月曜~水曜については「お休み」です。

屋台営業日の間に「足りないものがないか?」確認して、大丈夫ならこの三日間は完全にオフです。元気な方なら、この三日間で近場の観光なども行けると思います。

 

仕事は覚えられる?

覚えられると思います。ただし、英語がまったくできず、これから覚える気も無いという方だと手続き関係ができないと思います。スタッフとの意思疎通も、最低限の会話が必要になってくるので、そのあたり「今は話せないけど覚えていく!」という方であれば大丈夫ですが、英語は無理! と断言するタイプの方は今回はご遠慮ください。

最低限の英語が話せたとして。

仕事はそこまで難しくありません。たとえば「売り上げを〇〇ペソ以上にするように!」などのミッションがあれば難しいです。そのための準備や仕掛けが必要ですし、スタッフとの連携ももっと必要です。しかし「1~2か月の店長代行」をやりきることだけなら、間違いなく仕事は覚えられます。

 

危険はない?

全くないとは言い切れません。しかしわたしは現地で生活し始めてそろそろ10か月たちますが、病院のお世話になったことはありません。危険な目にもあっていないし、何も盗まれていません。

ただしわたしは屋台のない日に夜遊び等せず、カフェで本を読んだり、せいぜい昼間にショッピングモールに行くくらいです。危ない場所へは基本行きません。

仕事では、危険と言われているダウンタウンを歩き回りますし(なんでも安く手に入るから)、野菜市場のカルボンマーケットという場所も毎週行っています。カルボンマーケットはスリも多いし超危険と言われていますが、わたしは仕事で行っているので写真とか撮りません。野菜を見て回って「いくら?」と現地語で聞いて比較するだけ。そういう感じだと特に危険はありません。ぶっちゃけ、真夜中にも行きます。でも真夜中の方がにぎわっていて買いに来る女性もたくさんいますし、売っている方も女性たくさんいます。

なんでもそうですが、その場にそぐう行動をしていれば危険に巻き込まれることは少ないのかなと思っています。小銭を用意しておくとか相場を知っておくとかですね。

乗り合いバスももう200回くらい乗っていると思いますが、危険な目に合ったことはありません。ただしいきなり強盗が乗ってくる事件が起こらないとは言い切れません。真夜中とかに乗らなければ大丈夫かなと個人的には思っています。安全管理についてはいろいろ決まってからお伝えしたいと思います。ちょっとしたコツとかもあるので……


お金はもらえるの?

セブ島での屋台手伝いで、かつこれはわたしの会社一切関係ありません。つまり「現地の屋台」ということになります。謝礼の金額については応募してくださった方に直接お伝えします。

応募したい! という方はわたしのツイッターをフォローしてDMをくださるか、もしくはsaori0118ai2あっとまーくyahoo.co.jpまで問い合わせをお願いします。

 

今回の募集期間

2019年3月~8月の間で、希望する期間お願いしたいと思います。これまでの代行店長は、セブ在住の方ですと2週間程度を希望する方もOKなのですが、日本からくる方の場合、渡航費の問題があるので最低で1か月半以上やれる方に限定します。(最長で3か月とします)

一応書いておきますが、その間の日本での家賃や携帯代などの負担は今回ありませんので、ご自身の状況と照らし合わせて応募するか考えてください! 

これからバックパッカーとして世界を回りたいという方、ご自身の英語力を試したいという方、現地の生活にどっぷり浸かってみたいという方には超おすすめです!

もしも屋台の仕事が楽しくなって、自分でお店を持ちたい! ということになったらもちろん応援しますし、わたしにわかることならお伝えします! 

 

 

……ということで。

 

f:id:keisolutions:20181205182500p:plain

 

きっと、なかなか経験できないことだと思います。

 

フィリピン人スタッフとの日々の会話。近隣の屋台の方々との会話。わたしの代行とはいえ、市役所や屋台村のオフィスへ出向いたり、月に一度1時間だけミーティング参加などもあります。すべて英語です。

※わたしは英語が万能というわけではありません、来たばかりの頃は何を言われているかわからなかったし、今でも何度も聞き返すことがあります。でもなんとかやっています。「なんとかするぞ」精神があれば大丈夫です。

 

応募にあたっての注意点

1.問い合わせは来た順番に返信していきますが、屋台営業のある日は返信できないことがあります。2日くらいお返事を待っていただけると助かります

2.長文になりそうなお返事ややり取りは、屋台営業のない月曜~水曜にさせていただくことがあります。ご了承ください。

3.「やります!」と言ってから「やっぱりできません」というのは基本無しでお願いします。航空券を取ってしまった後の辞退は航空券代を申し受けます。すみませんがこれだけはお願いします。航空券を取る前に不明点があれば何でも聞いてください! 長文で構いません、すべてお答えします。過去、このやり取りの最中にダメになってしまったこともありましたが、航空券を取る前なら全然大丈夫なのです! 迷ったら質問お願いします! 迷っているという意思もお伝えください。それが一番助かります。

4.パスポート、海外保険、予防接種はご自身でお願いします
※すみませんがこれは本人でないと取れない、付けられないのでお願いします。「海外保険ってなんですか?」については検索で調べてください。予防接種はしないと入国できないわけではないのですが、東南アジアへ旅行する際は推奨されているので、しておいた方が無難かと思います。わたしは10年前にしたっきりなのでそろそろ効果が切れています。次回帰国でもう一回打ってきます← 

 

 

現状、2名の店長代行の方に依頼した経験があり、どちらの方も期間中トラブルなく最後までやってくださいました。男性、女性両方やってもらいましたが、問題はなかったです。また、そのお二人から聞いて改善できるところを改善して今があるので、仕事はかなり整理されてやりやすくなっています!

それでは、年中あたたかいセブ島で。おいしいごはんもあるセブ島で。きれいな海のあるセブ島で。


f:id:keisolutions:20181205184326j:image

お待ちしてます!

 

それじゃあ、また明日!