接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

風邪をひいたら「大根あめ」! 日本では常に常備しています

スポンサードリンク

 
こんにちは、日本で風邪ウイルスから逃げ回っている、かんどーです。

そんな私には強い味方がいるのです。それがこちら。


大根あめ
 


f:id:keisolutions:20181027092633j:image

 

作り方は簡単です。

密閉容器に大根の角切りをみっちり詰めて、その隙間を埋めるようにはちみつをドバっと入れます。(この容器で大根6センチ、はちみつ200gくらい使いました)最初はこんな感じでぎっしりしてるのですが。6時間くらい置くと。


f:id:keisolutions:20181027092645j:image

 

このように大根が小さくなるのですw

そしてドロドロだったはちみつが、上澄みの方だけ大根と混ざり、サラサラの液体になります。これを毎朝毎晩3口くらいずつ飲みます。大根とはちみつの殺菌作用が増強され、喉にいるばいきんが瞬時にいなくなります。

もちろんこれを飲んだら完治する、というものではありませんが、風邪薬の後押しくらいにはなってくれます。私の体感ですが、これを飲んでいると風邪の症状が「鼻だけ残り」ます。飲まないと鼻と喉両方少しずつ良くなっていくのですが、これを飲むと喉の方が先に治るんですね。


薬ではないし、飲んで毒になることはないので昔クラブシンガーをしていた時、秋になると欠かさずこれを作って飲んでいました。おかげでステージを欠席したことはありませんでした。(熱だけ出てるのに喉は万全……という日もありましたね……体はきつかった)


ヒマだったら作ってみてください。

ユンケルと風邪薬を一緒に飲むと一時的に治りますが、声はよくなりません。そこでこれを使ってあげるわけです。のどを使う仕事の方はぜひ。


それじゃあ、また明日!