接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

川崎ロック座2回目! ストリップにハマりました

スポンサードリンク

 

こんにちは、かんどーです。


先日、青二才さんと川崎ロック座に行ってきました。ええ、ストリップ劇場です。正直踊り子さんがあそこまで近いと思ってなかったし、何度も見ることはないかなと思っていました。しかし……一人の踊り子さんが私の心をつかんで離しませんでした。

その方についてはこちら。(あんまり名前出して記事書くと検索にいっぱい出ちゃうから今回タイトルに入れてない)
  

www.kandosaori.com

 

なぜかわからないけど、須王愛さんがものすごく気になって、交流タイムにも参加してきました。

それで、どうしてももう一度見たい! と思いこの3日後にまた行ってきました! 川崎ロック座! この日は一人で行ってきました。

前回と同じ6人の踊り子さんが踊るのですが、新たな発見が多すぎました! 表現しているものを汲み取るのが難しい演目もあったのですが、二回目、三回目と見ていくうちに「あ……」とその世界がきっちりわかって移入できるようになったり。

前回見られなかった演目を踊っている踊り子さんに関しては、完全にエンタテイメントをありがとう状態。


そして、6人それぞれの個性ある踊り子さんがいる中で、私がなぜ愛さんにひかれたのかがわかりました。

 

魅力の理由

愛さんはデビューして3年の中堅の踊り子さん。背が高くてダイナマイトボディで、顔は小動物系の愛らしい感じ。この日は1回目公演と2回目公演を見たのですが、それぞれ違う演目でした。

愛さんって、ステージに自分を全部出しきってる感じがするんです。そこがすごく好きで。そしてステージ中の目線が、完全に演者のそれというか……独特な表情でステージをするので、目が合うとドキッとしてしまいます。

 

特筆すべきは、ステージ終盤で彼女、お客さん全員と目を合わせてゆっくり場内を視線で支配する瞬間(振り付けの一環としてそれを組み込んでる)があって、あの瞬間の彼女に底知れぬ「強さ」を感じたんです。覚悟というか、力というか、神がかってるというか。お腹に力入れてないと涙が出てきて仕方なかったです。。本気のステージってあんなに感動するんですね。。


愛さんのダンスはステージをめいっぱい使ってダイナミックに踊る。ステージが狭く感じる。セクシーな場面ではお客さんの顔をじーっと見つめたり、とにかくすごい。そしてステージ後の交流タイムになったときのアニメ声がかわいい♡交流タイムのときのキャラは、めちゃくちゃ明るい!!   こんな子が友達だったらいいなー!   ってまた思ってしまいましたw

私はもちろん交流タイムに行きましたが、愛さんは私と目が合うなり、

「あー! ホントに髪切ったんだぁ! かわいいー♡」

と私の髪をくしゃくしゃ……となでてくれたんです……。というのも前回の交流タイムで私、「愛さん好きになりました、愛さんみたいな髪型にしてきます!」と言ったんです。それを覚えていてくれて……。その後も神対応でもう最高でした。もうさ、愛さんに会えるなら大抵のことは頑張れるなと思ったよねw

愛さんのダンスがすっごい好きですって言ったら、

「ありがとー♡  ……ごにょごにょ…………ごにょごにょ♡♡」

愛さんの高い声で、ありがとーの後に、ちょっとしたエピソードをお話してくれました。そのエピソードは正直な愛さんの人柄がよく出ていて、ダンスに対する思いも表れていて、私はその会話だけで泣きそうになりました。素敵な人だなーと思ったんです。この人は「心を裸にして」ステージに上がっている人だ、と。

ちょっと泣いたまま記念撮影w 今回はサインもしてもらいました! 写真の裏にメッセージも書いてくれて……っていうか愛さん、近いです! うれしいから! 花魁風の衣装の愛さん、とっても似合ってて素敵だった。


f:id:keisolutions:20180902001300j:image

 

※追記しておくと、めっちゃくちゃ美人です。街を歩いていたらほとんどの人が振り返るレベル! 


本当は全部の踊り子さんのこと書きたいけど、そういうのは一緒に見に行った方と話したり、同じ趣味の方とリアルで話すのが良いかなと思うので、このくらいにしておきます。

これからも日本にいる間は愛さんを応援しに行きたいし、他の劇場もどんどん行ってみたい。行ったらまたレポしますね。

この日は4時間くらい見てたんですが、全部、全部キラキラしてて最高に楽しかったです!!


ストリップ2回目行ってきたよーというお話でした!
それじゃあ、また明日!