接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

耳が幸せになる極上のハモり! 洋楽デュエット曲厳選6曲!!

スポンサードリンク

 

 

こんばんは、かんどーです。

 

やっと心が体にもどってきました。(インフルエンザでぶっ倒れてました)

 

体が言うことを聞かないって、いやなものです。熱も下がって、やっとゆっくりお風呂に入って、二回りくらい小さくなった自分の体に心が戻ってくると、「ああ、やっぱりこの体は落ち着くなあ」としみじみ思いました。わたしは、わたしの体が好きなんです。ランニングで適度に絞れているし、全体的に自分が好きな体にしてあります。

 

やっぱ、せっかく生きるなら心地よく生きたいじゃん。自分の体が好きって、すっごく大事なことだなと思う。顔は変えられないけど、体は自分の意志である程度作れるから。

 

さて、まだまだわたし病み上がり。お酒も禁物、おでかけも近場のみ。

 

 

そんなわけで、今日はゆったり夜更新。

 

 

洋楽で、聴いているだけで耳が幸せになる、ハモリが超絶気持ちいい洋楽デュエット曲を集めてみました。動画に広告入ってることはご容赦を。わたしが入れてるわけじゃないのでw  デュエットといっても男女ものだけじゃなく、男性グループのものもあります。耳が幸せになることを基準に選んでいます。

 

 

「自分用のプレイリスト作ってるだけだろ!」と思った方。ええ、その通りです。。たまにやりたくなるんですよ。これ。だって好きなんだもん。

 

お時間のある方だけおつきあいくださいませ~

名曲ばっかりです。

 

 

Extreme 「More Than Words」

www.youtube.com

 

この曲「More Than Words」は恋愛感情を深く掘り下げた歌です。言葉を超えるものをくれよ、みたいな感じかな。わりと本能的。アコースティックなサウンドに男性二人のハーモニーがきれいに重なっている名曲。アコギの音とボーカルを聴いていると、耳がしあわせになります。

 

 

 

お次は、地球上における問題を見事に歌にしてしまっているこの曲。

 

Stevie Wonder&Paul McCartney「Ebony & Ivory

www.youtube.com

 

「黒と白(黒人と白人のことに掛けています)。ピアノの上では仲良く黒鍵と白鍵が隣り合ってるじゃないか。どうしてみんなそうしない?(なぜ黒人と白人は仲良くしない?)」

 

という超絶シンプルなのにぐさっと人々の心を突き刺す歌い出し。差別はするのもされるのも嫌です。わたしにはまだ、黒人の友達がいません。いろんなことをきちんと話せる友達が世界中にほしいなあ。もっと新しい価値観で生きたい。そんなことを思わされます。

 

この曲大好きです。スティービーの声が特に好き。声の残し方がとっても好き。

 

 

 

お次は、男性3人のハーモニー。

 

Orleans「Dance With Me」

www.youtube.com

 

必聴は、右上のジャイアンっぽい人の間奏です!   マイクの上にある空気口から息を吹き込んでピアニカを吹くんです。すごい量の息を吹き込んでいるだろうに、ピアニカのソロが終わったらすぐまた歌!   どんだけ肺活量あんねん! 一糸乱れぬ演奏とハーモニーにうっとりです。ワンフレーズ歌いきるごとに音を階段のように下げて歌いきるのですが、歌い終わりまですっごくきれいに揃っているのがいいんです。声の切り方がとても好きです。

 

 

 

ここからは男女のハーモニーがきれいな曲を。

 

Atlantic Starr 「Always」

www.youtube.com

 

男女それぞれフェイクの見せ所もありつつ、ハーモニーが独特のラインをたどっているところもあって大好きです。もっと有名な曲もあるけど、洋楽で男女のデュエット曲だとこれが一番好き。

 

昔キャバクラでこの曲をデュエットで歌えって言われたことがありました。歌ったらすっごい喜ばれたな……。カラオケって歌詞出るから便利よね。。(どうでもいい思い出)

 

 

 

もう一曲。シンディ・ローパーの「True Colors」をデュエット版にしたやつ。しかも歌ってるのは、アナ・ケンドリック。(映画「ピッチ・パーフェクト」の主人公)

 

Justin Timberlake and Anna Kendrick 「True Colors」

www.youtube.com

 

シンディ・ローパーが歌っているのは知っていたのですが、こんなデュエットになっているのは最近知りました。友達が教えてくれたんですね。かんどー、アナ・ケンドリック好きよね? と。

 

アコースティックギターの音がとてもきれいで、そこに乗る二人のハーモニーも独特です。原曲もとても良いのだけれど、このアレンジもとても素敵。そもそもこの曲って歌詞が最高に良いんですよね…。「怖がらないで、あなたの本当の色を見せて。虹のようにきれいだよ」っていう、力強いメッセージが込められている。

 

アナ・ケンドリックの声って主張が強いのだけれど、聴かせるチカラがあります。 声を張っても、声量があっても大丈夫な声とそうでない声の違いってなんだろう? 透明感かな?

 

 

最後にこれ。いつだったか、古い映画にハマってるときがあって、そのときこの曲が脳に飛び込んできて、以来この曲のとりこです。

 

映画はよく覚えてないのですが、この場面、この歌だけ脳にずっと焼き付いてるんですよ。時代が古いとか思わずにぜひ聴いてみてほしい。

 

 

Olivia Newton John and John Travolta 「You're the One That I Want」

www.youtube.com

 

歌は50秒くらいから始まります!

 

オリビア・ニュートン・ジョンとジョン・トラボルタってすごくないですか。映画観てたときは、まさかこの女性がオリビア・ニュートン・ジョンだって思いませんでしたw そりゃ歌うまいわけだ。コミカルな演技もいいし、歌は最高!  なんだろ、ミュージカルってこうあってほしいっていうのがそのまま形になってる。

 

 

そして、20年以上経ってから再度夢のコラボ!

 

素晴らしい~~~こんな歳の取り方したいものだわ~~~!!

二人ともすっごいいい歳の取り方だと思う! 時代を超えて再現するってほんとうにすごい!! 

www.youtube.com

 

 

もう、ずっと聴いていたいですね。オリビア・ニュートン・ジョンの声、すごく通るなあ。。続けるってこんなにも素敵なこと! 歌い続けてきた人なんだなあって思う! 胸熱!

 

 

 

とりあえず、今日のプレイリスト作りはここまでにしておきます。わたしの耳は幸せになりました。

 

f:id:keisolutions:20180130181325j:plain

 

最後まで読んでいただいた方、ありがとうございます。

 

 

2~3か月に一度くらい、こういうの作りたくなるみたいです。前にも「車がかっこいいMVシリーズ」で同じようなプレイリスト作ってたw 記事で作っとくと自分が見返すときも楽でいいんだよね。 

www.kandosaori.com

 

 

 

さて、明日はわたしの黒歴史的な、いつもの記事を更新しますね! 

 

 

 

 

それじゃあ、また明日!