接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

大阪、西成の町を歩きながら考えていたこと

スポンサードリンク

 

 

わたしは若いころ、どん底にいた。深い水のなかに沈められているような感覚。

浮上することを許されていなくて、その世界でしか生活することができなくて。

学校でもアルバイト先でも誰も口をきいてくれない世界だった。

 

 

わたしは、自分を切り売りするような仕事を始めた。

好きこのんで、それをしていた。

その仕事をすれば生活が豊かになるのを雑誌で見たからだ。

 

 

その仕事をすると「自分がすり減っていく」という表現をする人がいる。

でもわたしはその仕事をすればするほど、自分が増えていく気持ちがした。

一人の人にからだをひらくたび、またひとつ自分が増えていく。

誰かのこころの中に、わたしが住みついていく。

だからわたしはあの仕事が大好きだった。

 

 

そのうちに、ほかの仕事もするようになった。

世の中にはたくさんの偏見があった。

根回し、コネ、口裏、暗黙のルール、ぜんぶが暗い世界だった。

表向き、わたしは昼間の仕事に就いて「良い人になった」と思われた。

でも、世界は前よりにごってしまった。

 

 

人と人としてからだで向き合うあの仕事をしているとき、

わたしはいつだって仕事を通じて自分が増えていく感覚だった。

知らない誰かに抱かれるたびに、新しい自分が生まれた。

知らない誰かを一瞬で愛することができる技能は、天職だと言われた。

 

 

西成の商店街を歩いていると、カラオケ居酒屋がそこここにある。

お店の中から歌声が外へ漏れ聞こえる。

歌いなれているのか、上手な人が多い。

ある男の人は、声にアタックをかけてロックを歌っていた。

店内のお客さんもノリノリでこぶしを突き上げていた。

あるカウンターの中で、働いている女性がしっとりとバラードを歌っていた。

誰もが知っているメロディの中に、彼女の人生がにじんできこえた。

 

 

これほど歌を愛する町を、わたしはほかに知らない。

カラオケ居酒屋と呼ばれるこの形態のお店の存在は知っていたが、

それぞれのお店にカラーがあって本当に面白い。

 

そして、わたしはこの人たちの歌がとても好きだ。

 

歌って、こうやって歌うんだったな! と気づかせてくれた。

歌いたいから。

歌うと気持ちがいいから。

歌うと雰囲気がガラッと変わるから。

音楽があると世界が少し楽しくなるから。 

思い出の歌を歌うと、あの人のことを思い出せるから。

 

 

わたしも、こういうあたたかい気持ちで音楽とふれあっていきたい。

 

 

ギターの練習を毎日するとか、発声練習を毎日やるとか、

そういうのも確かにわたしはしてしまうけれど、

いざ音楽が流れ始めたら、ただそこに身を任せていたい。

幸せな気持ち、あの頃の気持ち、人間として生きている無常感。

 

歌ってきっと、そういうすべてを、きゅっと詰め込んだ宝物のようなもの。

 

 

わたしは世の中を、ずーっとどん底から眺めてきた。

どん底から眺めた世の中は、上のほうがキラキラ輝いているような気がした。

生きていれば上の方に行けるのかなってずっと思ってた。

でも実際は、どん底から眺めていたほどきれいではなかった。

がっかりしたけど、これが人の世かとあきらめた。

 

 

ここ、西成にいるとずっとこういう深いことを考える。

人は想像しているよりずっと明るく、お店は健全に、19時頃にみんな閉まる。

カラオケ居酒屋だけは少し遅くまで営業しているので、必然、歌の町になる。

 

 

わたしは音楽がきらいで仕方がなかったけれど、

今回の西成滞在でまた一つ、自分なりにつかめるものがあった。

 

 

うまくやることより、楽しくやること。

 

 

その延長線上に技術力の向上やレパートリー増強があればいいだけ。

楽しくやろう。

 

 

いろんな思念が降ってくるのは、きっとここが飛田新地のすぐ近くだから。

お姉さんたちの思念がわたしを過去へと誘う。

戻ることはないけれど、思い出して少しせつなくなる。

 

 

西成の夜は、今夜も更けていく。