接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

さめさんと朝食ビュッフェを食べてきました!

スポンサードリンク

 

 

こんにちは。ネット世界からリアルワールドへのパラレル紀行を定期的に行っている、かんどーです。このパラレル紀行、やり方を間違えるととんでもないことになります。

 

わたしも過去には何度も、このパラレルワールドに呑み込まれそうになりました。文章と文章の交わりって、ある意味ふだんの人間関係より濃いんですよ。

 

また、ネットの世界とリアルワールドの両方である人と付き合うと、価値観の齟齬が生じることもあります。わたしは結構な人数のはてなブロガーさんとお会いしていますが、リアルワールドに入った瞬間、人間関係はそこからはじめるものと思って始めるようにしています。

 

ネットの世界の話ばかりで終始するような人間関係では、結局面白くありませんしね。

 

よくあるオフレポで「ここに書ける話が何もありません...」という文言を見かけますが、あれは「リアルワールドでの話を楽しんだ」という意味に取って良いと思います。きっと、リアルワールドで会って仕事やいきつけのお店の話などをして仲良くなり、リアルの話だけでも何時間でも話せる友達になったってことです。

 

そういうオフレポは、読む側としては物足りないですが、「ああ、楽しかったんだなあ!」と思います。

 

 

危険ブロガーさめ

さて、先日、はてなの危険ブロガー、さめさんと朝食を食べに行ってきました。お互い仕事もあるし、朝食なら!  とのことで行ってきたのがこちら。

 

東京ドームホテル内「リラッサ」で朝食バイキング!

 
f:id:keisolutions:20180108222234j:image

(手前がわたし、奥がさめさんの取ったごはん)

 

 

ここ、朝昼晩ずーっとビュッフェスタイルです!   値段はもちろん朝<昼<晩で朝が一番お安いですが、昼には昼のスペシャルメニューが用意されていたり。また、夜はさらに凝ったお料理が一人ひと皿供されるなど、ただのビュッフェを超えたビュッフェレストランです。

 

おかずを取るところがちょっと混んでるんですが、実はそこに並んでも、スクランブルエッグやソーセージがあるだけなので、気にせずほかのところで取りました。

 

個人的には、ここのカレーの味が好きなので、わたしはもうこれだけ食べられれば充分です。 品数多く食べられるのがビュッフェの魅力ですが、「好きなものを好きなだけ食べられる」というのも魅力。大食いな人だけじゃなく、小食な人にもビュッフェはうれしい。自由をくれるからね。


f:id:keisolutions:20180108222317j:image

 

わたしはここのスパイス、ルーの調合が好きです。具は「ひよこ豆」でした。

 

 

 

危険ブロガーさめ

 

さて、この日の話題はもちろんりこ......リコーダーの話。あとは、元たまメンバーのライブにいつ行こうか?   などの話もしました! ごはんを食べ終えても話は尽きることがなく←いつもそうだよな

 

 

ビュッフェのあとは、後楽園「ラクーア」内にあるムーミンカフェに来ました。ここでもおしゃべりざんまい。

f:id:keisolutions:20180108222356j:image

(手前がわたし、奥がさめさんです)

 

 

立地が良いので、そのままラクーア周辺で遊ぶのも楽しい。混み過ぎてない遊園地って感じ。夏場はお化け屋敷とか出るから、結構遊べるんだよね。

 

 

ラクーア内には、成城石井もあるし、最上階には温泉もあります。丸一日楽しめる場所としておすすめです! 混み過ぎてないしとってもいい。夜はイルミネーションも綺麗。やきうが好きな人は、やきうの話を始めたりするので、デートにもいいかも。さおりたんは、やきうでは特に応援している球団はないです。

 

 

 最後にさおりたんの写真を貼っておわかれです。顔が大きくてかわいいでしょw

 

f:id:keisolutions:20180106225124j:plain

 

この日はさめさんとお別れしたあと、皇居を走ってから帰りました。後で調べたら16キロ走ってましたw

 

今年も健康的に過ごせそうです!

 

 

さめさん視点のオフレポはこちら!

 

nemurenai-same.hatenadiary.jp

 

こちらには、あざといさおりたんの写真が載っているので、興味のある方はご覧ください。

 

それじゃあ、また明日!