読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

私信:はしごたんへ

ブログ論

 

 

はしごたん。


元気にしているかな。IDコールとかはしないので、はしごたんがまだわたしのブログを読んでくれていたら届くことになる。


はしごたん、お仕事は順調ですか? 一時期あったトラブルは解決しましたか? 先輩とは今も仲良くしていますか? 仕事が楽しければ、だいたいのことは乗り越えられると思う。このあたりの意見は一致していたよね。わたしもそう思う。



はしごたんは、恋がしたいの?


恋をしている自分をネットで広めたいの?


恋をしている自分に酔いたいの?


……子どもがほしいの?



はしごたんの気持ちはわからないから、わたしの気持ちを書くね。わたしは恋がしたい。善悪や法も及ばない自分自身の感情の中だけで、あと一度でいいから、燃え上がるような恋がしたいって思っているよ。

そしてその恋は一生、秘めたものにしたい。秘密だよ。ネットになんて書かないし、個人の日記帳にも書かない。ただ、夢のような一夜があったことだけを胸に抱いて死んでいければいい。

その恋の相手には夫も含まれていて、再燃してもう一度恋に落ちられたら良いなとも思っている。だから新しい相手を探しているというわけでもないんだよ。目の前の人と向き合いながら自分の欲望と相談している感じ。


……まあ、本当に恋に落ちてしまったら、他のことなんてどうでもよくなるくらい夢中になってしまうのだろうけどね。世の中って苦しいことばかりだから、あの快楽の時間は本当に甘美で、だからこそあの凝縮された時間の中で泳ぎたい気持ちがやまないのだと思う。

 

わたしは子どもは産まないよ。


まだまだ自分自身でやりたいことがあるんだ。海外で仕事がしたいし、着物で生活をしつつ、日本の文化の美しいものをたくさん見て回りたいんだー。その中には瀬戸内海も含まれるし、おいしいおうどんも含まれるよ。四国にはいったことがないから。

自分の人生を充実させていけば、子どものいる人と同じくらい幸せになれるんじゃないか……って最近思えるようになったし、そもそもわたしは育児に向いている性格ではないからねー。自分の時間が自由に使える人生も悪くないじゃんって、ちょっと軽いけどそんなふうに思ってる。



はしごたんが何をしたいのか、どうしたいのか、わたし最近よくわからないよ。。


ツイッターをやめてしまったわたしが悪いんだけど、はしごたんとの会話もなくなって、はしごたんはどんどん暴走して……


はしごたんにとって、わたしは目障りな存在でしかないのかな。わたしははしごたんと友達だと思っていた。記事を書いて、お互いに響く文章があるとブックマークしてさ……。近所のスーパーでばあさんに話しかけられたというはしごたんの乾いた文章にわたしは鳥肌が立ったし、書籍の中で語られる苦悩とはしごたんが見上げた空(これは読者が想像するしかない)に思いを馳せた。


はしごたんも、たまにわたしの記事で全然読まれてないものにブクマつけてくれてたよね、「文章」ってタグつけて。そんなときわたしは「ああ、はしごたんに届いたんだ」って思ったよ。わたしはへたくそだけど文章書くの好きだから、はしごたんの「文章」というタグがどれほど嬉しかったか。


互いに炎上しあって疲れ切るようなブログ生活は、もうやめにしない?


わたしはもう、炎上させることもないだろうし、静かにブログを書き続けるだけだよ。最近の記事、読んでないかもしれないけどこんな感じでゆるく続けていくつもり。


はしごたんは、いい恋ができているのかな。


何かの本で「恋は終わらせ方が肝心」みたいなことが書いてあって、相手のうらみを買わないようにするとか、周囲から気を遣われるような終わらせ方をしないとか、要は「友達に戻る」を推奨するようなことが書いてあったよ。


でもさー、そううまくいかないことだってあるよね。。


はしごたん、気まぐれなところ、ない?


わたしは気まぐれなのが全部裏目に出て、ほんとにいろいろダメなんだ。人間界において、統一感のない気まぐれな生き方っていうのは否定されるばかりだね。苦しいね。


最近、はしごたんのことを思うと苦しくなります。はしごたんが、今この瞬間も苦しんでいるのだとしたら……って。でもわたしは意地悪だから、はしごたんが苦しめば名文が産まれる……だからはしごたんは苦しんだ方がいいんだ……って思うこともあるんだ。

はしごたんは、窮地に立たされたときの突き放すような文章がものすごく魅力的だから。


幸せ、キャー! みたいなはしごたんも良いんだけど、やっぱりはしごたん文学の最高峰は、人間の苦悩を綴ったものに宿っているのだと思う。


わたしははしごたんの読者として、友達として、はしごたんに苦しんでほしくて幸せになってほしくて、名文が読みたくて、ああもうはしごたん、めちゃくちゃになっちゃえ……! というわけのわからない感情に支配されている。



力になれることは、あるかな。
たまに前みたいにお話、する?


いつか友達に戻れたらいいな。友達としては、幸せなはしごたんの姿を望むよ。(読者としては……ゴメンw)


じゃあ、はしごたん。身体に気を付けて、運転も気を付けて、毎日を過ごしてね。これから春になるから、ドライブして桜のきれいなところで車を停めて一服したら幸せになれそうだね。桜の花を見るとき、はしごたんのことを思い出すようにするから。

エルベの姐さんもきっと、はしごたんを心配しているよ。

なーたんは……どこいった?w


久しぶりにはしごたんのことだけを考えて書いちゃった。はずかちー(/ω\)



それじゃあ、またね!



親愛なるはしごたんへ。
かんどーより。

 

 

追記

虹が出ていたよ。


f:id:keisolutions:20170314161848j:image

follow us in feedly