読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

【旅ブログ5日目!】アンコール・トムを回る! 見渡す限り遺跡!

スポンサードリンク



こんにちは、かんどーです。


旅ブログ5日目! 


カンボジアでアンコール・ワット遺跡へ行きました! 午前中はアンコール・トム。午後にアンコール・ワットを回るツアーです!

 

広大な遺跡を写真でお届けします。
※うんちくナシです


今回は写真大きめでお届けします。


わたし、遺跡を見るの初めてです。なので今回は「カンボジア人が日本語でガイドしてくれる」のが売りの、「とらバス」というツアーに申し込みました。このツアー、結構お得なんです。午前中にアンコール・トム、午後にアンコール・ワットという豪華なコースながら、35ドルで往復の送迎、昼食までついてきます! 

ほかのツアーも探しましたが、ここが一番お得だったので、迷わずここに! どうやら、シェムリアップの現地ツアーでは最大手らしいですね。


朝8時、ホテルに送迎のバンが来てくれて、ガイドさんと合流! 他の参加者もたくさんいるのかと思いきや、わたしのほかにご夫婦ふたりだけで、全部で3人でした! ほぼ貸し切りやーん! 

 

行きのバスの中ですぐにご夫婦と打ち解けて、とても楽しい雰囲気に! 遺跡へ向かう前に、まずアンコール・パスというチケットを買いに行きます。

 

一日を通して、ガイドさん、ドライバーさん、ご夫婦にわたし。メンバー固定だそう♪




■アンコール・ワットを見るにはチケットが必要

これがアンコールパス。チケットカウンターに並んでサッと買えるんだけど、窓口にあるデジカメでささっと写真撮ってくれて、顔写真入りで作ってくれます! ねえ、かわいく撮れてる?←

f:id:keisolutions:20161204155911j:plain




アンコール・ワットをはじめとするアンコール遺跡群を見るには、チケットが必要です。1日入場券は20ドル、3日間入場券は40ドル、7日間入場券は60ドルです。

3日間入場券は、1週間有効で、好きな3日間使えるチケット。7日間入場券は、1か月有効で、好きな7日間使えるチケットです。一番売れてるのは3日間チケットなんだって。


特にパスポートとかは必要なくて、お金だけでチケット作れました。

チケットを作ったところで、バスで遺跡へ向かいます! 10分くらい走ると、こんな場所に着きました。


アンコール・トムの南大門。

f:id:keisolutions:20161202110957j:plain



遺跡なんて見ておもしろいのかな…と思っていた自分がどこかへふっとぶくらいの荘厳さがありました。

天気もベリーグッド。


f:id:keisolutions:20161202111219j:plain


ガイドさんの説明で、遺跡がどういう意味を持つのか、いつのものかを聞きながら進んでいきます。どこまで理解できるかは別として、ガイドさんと回るのはただただ楽しかった。初めての遺跡めぐりはガイドツアーがいいと素直に思えた。


きてよかった。


f:id:keisolutions:20161202112617j:plain


歩いているとそこらじゅうに彫刻があるので、目がついていけない。


f:id:keisolutions:20161202112623j:plain


美しい像にただみとれるばかり。


f:id:keisolutions:20161202112635j:plain


アプサラダンスで見た動きそのままの彫刻。


f:id:keisolutions:20161202112655j:plain


ところどころ立ち止まって、ガイドさんが遺跡にのこされた物語を語ってくれます。この神様は…とか、これは何の神様で…とか。

一度で全部理解しなくていいやと、ゆったり話を聞いていました。


f:id:keisolutions:20161202112847j:plain


中心部にある、バイヨン寺院へ!

ここは顔がたくさんある遺跡です。


f:id:keisolutions:20161202113736j:plain


このスケールです。

人が多くても、それでもゆったり見て回れるくらい広いの。とにかく広い。わたしはナーガ(複数の首を持つ蛇)がすきなので、ヘビ柄Tシャツ着てきました。


f:id:keisolutions:20161202114239j:plain


バイヨン寺院は人気なので、たくさんの人がいます。
でも、それすら気にならないくらい素晴らしい。


f:id:keisolutions:20161202114543j:plain


ガイドさんは、おもしろ写真を撮ろうとしてくれますw

わたしはこういうのそんな好きじゃないんだけど、撮りたそうなガイドさんの笑顔に負けて撮られた。。「神様とキスですよー♪」と言いながら楽しそうなガイドさん。(すっげえ可愛い青年だったのは内緒ですw)


f:id:keisolutions:20161202115105j:plain


自由行動の時間があったので、階段降りてみて回ったんだけど、広すぎて迷ったのは内緒。


f:id:keisolutions:20161202115531j:plain


遺跡のあいだから、蛇が顔を出してた! ん? よく見ると足があるな。。トカゲか?

かわいいお(*´ω`)


f:id:keisolutions:20161202115718j:plain


その後も広い遺跡をぐるぐる見て回ります。

遺跡withさおりたん(安室奈美恵withスーパーモンキーズ的な位置づけ)

f:id:keisolutions:20161202122730j:plain


またトカゲ!
爬虫類にとって過ごしやすい場所なんだろうか…さっきのアイツがついてきたと考えるのは、考えすぎだろうか…


f:id:keisolutions:20161202130742j:plain



ここまで見たところで、お昼ごはんの時間です。

一旦街中へ戻り、ツアー会社が用意した食堂でカンボジア料理を食べます。正直、こういうときに出てくるツアー用の食事には期待しません。楽しく食べられたらそれでいいじゃんって感じ。代金に含まれているし。


一緒に回っていたご夫婦の好意で、一緒のテーブルで食べようと言ってもらいました。料理が運ばれてきました。



アレ…。

これ、わしが昨日食べたカレーや…あかん。。メニュー被った。。カボチャのカレー、美味しいけど2日連続やーーー!!

 

f:id:keisolutions:20161202134722j:plain


しかし、アモックという料理が出てきたので、かなりご機嫌になりました! アモックは、たまごでとじたココナツカレーみたいなもの! 具はお魚!

アモック。 

f:id:keisolutions:20161202134727j:plain




このほかにも焼きそばや野菜炒めが出てきて、食べきれないくらいの量でした! 一人でレストラン入ったらこんなに注文しないから、これはこれでありがたい! そして味もいい!

ツアーも楽しいじゃん! と思いましたね。ほんとに、ツアー楽しいよ。個人で参加する現地ツアーはかなり楽しい!!



午前中はアンコール・トムを観光しました! 午後はいよいよ、アンコール・ワットを観光します!


明日の予告。


f:id:keisolutions:20161202163142j:plain




それじゃあ、また明日!
※ガイドの青年とは何もありません



★今日の過去記事★

今回の旅ブログで一番グロイ記事w 

www.kandosaori.com

 

シェムリアップ初夜。アンコールビール飲んだら心がほどけた話。 

www.kandosaori.com

 

わたし、この旅に来るのを心待ちにしてたんです。ものすごく旅がしたかった。

www.kandosaori.com