読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

【寄稿】Instagramは直感的な繋がり/machiさん(電子書籍の表紙を描いてくださった方)




かんどーさんのブログ読者の皆さま、初めまして。

今回、かんどーさんの初の電子書籍のイラストを担当させて頂いた、イラストレーターのmachiです。この度は、一人の女性作家の誕生に立ち会う事ができ、本当に感無量です。

かんどーさんからも「イラスト評判良いよ‼︎」とお声を頂き、なんとお礼を言って良いのやら…。本当に素敵な体験
をさせて頂き、かんどーさんにも、コメントを下さった方にも、心から感謝申し上げます。


私は普段、コスメのイラストをメインにInstagramでほぼ毎日アップしており、現在ありがたいことにフォロワー様が13.2k(1万3200人)になりました。 こちらで、いくつか私のイラストを紹介させていただきます。


f:id:keisolutions:20160517002650j:plain





f:id:keisolutions:20160517002815j:plain



f:id:keisolutions:20160517002842j:plain



f:id:keisolutions:20160517002905j:plain





 Instagramはもともとは写真加工アプリのSNS機能が特化したものなので、必ず写真をアップする事が必要です。 ブログやtwitter、Facebookと一番違う所といえば、そこになります。

Instagramが面白いのは、自分に合ったセンスの人を見つけるのが簡単な所です。視覚的に、直感的に「好き」だけで成り立っているので、写真のセンスが好きだな〜この人、という人はだいたいコメントでやり取りをしても話が合います。

はてなブログは、かんどーさんも含め読み書きに特化した方が多いと思うので、もしかしたら勝手が違ったり、物足りないかもしれません。ただ、直感的な「好き」でつながれるのも、素敵な世界です。


イラストを気に入って下さった方、もし宜しければInstagramでいつでもお会い出来ますので、また見に来てやってくださいませ。 今後も、かんどーさんが書籍を作られる時にお声がかかれば、いつでもお手伝いさせていただく所存です。またお目にかかる日を心待ちにしております。


おじゃまいたしました。


イラストレーターmachi


―――――――――――――――――――――――――――


寄稿してくださった方:machiさん


machiさんのInstagram

www.instagram.com



 

ふだんは絵で伝えている方ですが、やり取りをしているときの感性で話す感じがとても好きで、よければ寄稿を…とお願いしてみたところ、快くOKをいただきました。


machiさん、わたしはこれから、もっともっと伝わるものを書いていきたいと思います。今後もお力をお借りすると思います! どうぞよろしくお願いいたします。


それじゃあ、また明日!


 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

follow us in feedly