読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

【苦渋の決断】電子書籍の表紙を決めました!

電子書籍出版への道



こんにちは、かんどーです。

先日、当ブログにて、4月下旬発売予定の、電子書籍の表紙を募集させていただきました。

 

www.kandosaori.com



ご応募いただいたみなさま、本当に、本当にありがとうございました。


こんなにうれしかったことは今まで無いくらい、熱のこもった応募をいただいて、うれしくて、そして昨夜はぎりぎりまで苦渋の心境でした。だって、ひとつに決めなくちゃならないんですもの。



おかげさまで、素敵な作品をいくつも応募していただきました。



送られてきた作品は、その日のうちにパソコンのデスクトップ画面にしてみたり、本の表紙画面に仮で当ててみたりして(kindleでは下書き状態をプレビューすることができ、表紙も一度当ててみることができるのです)、イメージに合うものを自分なりに感じて、決めていきました。

 


正直、全部表紙にしたいくらい良かったんです。これは本当で、最終的に、今回応募させていただいた短編集の雰囲気に合うものに決めました。


キーワードは「イノセント」「2016年の日本」「いま」でした。

きっと、いいものができると思います。


応募していただいた作品は、どれも雰囲気と味がありました。その中で、今回選ばせていただいたのは、2016年だということが感じられる絵です。わたしの本は素人の電子出版です。出す本は自分のためでもあるもの。そして、記念に何部かだけ、紙で印刷してみようと思っています。本のかたちになった自分の文章を読んでみたいから。もう個人的な自己満足の世界です。でも、そうなってしまうくらい、書くことが楽しい。


 

 


今回の応募作について少し感想を。

まず、応募のために作品を描き下ろしてくださった方がいたこと。これは素直に嬉しかったです。あわいピンクの色使いがとても素敵でした。

あとは、既にわたしのイメージで絵を描いたことがある…と書き添えて、作品を送っていただいた方もいました。これは驚きました。緻密な描写に息をのみました。

 
本当に、本当にご応募ありがとうございました。



本日、すべての応募者の方へお返事のメールを送らせていただきました。表紙に決めさせていただいた方とは、これから密に連絡を取り合って、一緒に創り上げていこうと思います。


発売まであと1ヶ月の予定です。表紙の方にも、少しタイトなスケジュールをお願いしてしまいました。ゴメンナサイ。

 

ここまできたら、何をどう失敗しようと、4月下旬の出版をめざします。もう、出版する日を決めないとズルズルしちゃうので。

 


ちなみに、どなたかに校正、推敲を依頼することについては、次作以降で行うことにしました。

今回は、やればやるほど、1人ですべての過程をくぐり抜けたい気持ちが強まったのです。一人で作った本を何年後かの自分が読み返して赤くなりたい。気持ちの上で、今が一番モチベーションが高い状態を作りたくないんです。こんな状態で自信なんて持つ必要ないし、貪欲さだけがわたしの武器。時間の許す限り書いて書いて書きまくって、気が付いたら去年の自分より少しだけ伝えたいことが伝わるようになっていたら、それでいい。


自分の中にある過去のエピソードなんて、早く全部吐き出してしまいたい。そうして、あとは取材するか創作するしかない状態まで自分を追い込みたい。そこがスタート地点なのだと思ってる。スタート地点がまだまだ遠い。毎日ブログを書いていてもスタート地点が一向に見えてこなかった。


わたしにはそれが絶望のように思えて、それで本を書いてみようと思った。書いている間は少しだけ絶望の淵から抜け出せたような気がして、そうして別の形の苦しみが襲ってくると、苦しいんだけど嬉しくなった。いつも眠くて電車の中で寝てばかりいて、でも仕事には絶対影響出したくなくて、運動量は明らかに減ったのに疲れは増して、体に悪いってわかっているのに書くのをやめたくなくて。

病気みたい。


電子書籍を作るにあたっての技術的な問題も、取り組んでみると面白いです。ブログのカスタマイズに近いかも。やるまでがすごく大変なんだけど、やってみて、道具を(たとえばwordの入ったパソコンとか)そろえていくとどんどん戦えるようになっていって。


ファイルがうまくアップロードできないとか、縦書きで入稿したのに横書きになってしまうとか、たくさんのつまずきがありました。でもわたしはこれ、すごく楽しいんです。本来苦手なことなんだけど、自分の本を自分でつくる…こんな幸せはないわ(by大塚愛)

 


20年以上前に同人誌作ってた頃のことを思い出しながらやってました。書く以外のことで悩んだりつまづいたりする過程は同じだなあって。コピー本を作るときに、コピーの向き間違えたり、試行錯誤したりするのと一緒。


とにかく、楽しんでやっています!

 

初版は日本語おかしいとか、誤字脱字の嵐かも知れませんが、wordがある程度直してくれるので、きっと大丈夫。





さてさて。

 


実は、応募が一通も来ないことを危惧して、いろんな場所で自撮りをして準備していました。せっかくなのでたまには自撮り写真を公開しましょう。わたしは元気です。



美容院に行った帰りに撮った一枚。パーマかけたて。ペンキ塗りたて。


 「自撮りをするときはね、なんていうか、盛れてなきゃあダメなんだ…」

f:id:keisolutions:20160317185312j:plain



「独りで静かで豊かで…なっ?」
※フォトショは使ってません

f:id:keisolutions:20160317185309j:plain




…本の情報は、もうちょっとだけ公開をお待ちくださいませ。書き上がり次第、まずここで告知(宣伝)させていただきます! びっくり企画あり!? 


っていうかマジで4月下旬に間に合うのか、自分! 自撮りしてる場合じゃないぞ!



それじゃあ、また明日!(それでもブログは毎日更新するらしい)


うう〜っ、いつもマイナーチェンジ!←これを言うと強くなれるらしい


 

☆今日の過去記事☆

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

follow us in feedly