読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

「今年こそは」をなんだかんだ毎年達成している件

お題



今週のお題「今年こそは」



こんにちは、貫洞です。

今日は、ザ・雑記って感じで書かせてください。そういえばクライアントさんで「ざざ虫」食べた人がいて、すっごいうらやましかった。あれ美味しいのかしら? 


さて、「今年こそは」ってお題があるみたい。ちょっと考えてみたら、去年はロードバイクに乗って大会に出ること、おととしはフルマラソンの完走を「今年の目標」に掲げていたんだけど、どっちも達成しちゃってた。正直、好きなことをそのまんま目標にしていたから達成しやすかったっていうのもある。

去年は「虫を食べる」も達成しちゃったしなw



タイ・チェンマイで食べたのが初。
 

www.kandosaori.com



日本の虫スポットも見つけたし。 もっと開拓したいけど。

 

www.kandosaori.com

 




じゃあ、今年は? 


先日も書いたけど、やっぱり「書くこと」に焦点を合わせたい。体を動かすことは今まで達成し続けてきたし、ランニングも無事再開した。(性欲ちゃんと落ちた? とはまだ聞かないでね、数日続けないと変わらないからw)


うーん。。


「遅くとも5月までに電子書籍を出すこと」これを今年の目標にしようと思う。欲張りだけど、できれば2回出したい。一回目はドキドキしながらやるけど、二回目は創意工夫を凝らしたいっていうのがあります。


ブログの毎日更新も、5月いっぱいまで続けたい。そのあとも、毎日に縛られなくするだけで、週5ペースでは更新していきたい。


その時点で新しい道が見えていたらいいなって思います。仕事の状況もその時までに良い状態を整えるから、うまくいっていたら5月以降はちょっと仕事増やすかもしれない。




これ全部達成できてたら、5月にタイに行ってきます。

こんな楽しい思い出、海外行かなきゃ絶対できないし!

f:id:keisolutions:20151109132401j:plain



楽しみ。

次回は、象がいるところに泊まり込んでみようかな。海外ハーフマラソンの大会に参加するのも楽しそう。やっぱり大会エントリーしないと走るモチベーションが上がりにくいから、ちょっとこちらも考えてみよう。


f:id:keisolutions:20151108160407j:plain



どうでもいいけどタイ料理がっつり食べたいわ。

グリーンカレーと、この写真のカオソーイ(カレーラーメンみたいなの)食べたい。タイのご飯美味しいんだよね。





よし、前半戦でがんばって、後半は旅と仕事って感じにしよう。


6月過ぎたらもう一年って半分なんだよね。つまり、夏にはもう今年は半分以上終わってるってこと。早いわ。。




ここまで雑記として書いたけど、実はブログでちょっとだけ悲しいことがありました。わたしは携帯ショップの販売員として働いているのですが、どうやらその界隈で、あまりこのブログの評判がよくないみたいなんです。。

具体的には、わたしのようにショップで働いているスタッフさんに対して、「携帯ショップの人がエッチなブログ書いてるんだよ」と言ったお客様がいるらしいのです。



もしもわたしがそんなことをお客さんに言われたら「すみません、それ多分わたしなんですよ…個人で書いてるブログなんで、仕事とは切り離して考えてほしいんですけど、お願いできますか?」と答えたいところですが、何の関係もないスタッフさんに迷惑をかけていると思うと、すごく悲しくなりました。


夫にも「今すぐブログ消して匿名でやりなさい」と叱られました。(本来これが正しい意見だと思います)


だけど、ここまで書いてきたことを全部、ただのマイナスの出来事ととらえて消してしまうには、ここまでの道のりが大切すぎて消せないんです。。



なんとかわかってもらいたいなぁと思う反面、どこかで何かしらの踏ん切りをつけなきゃいけないとも思っています。その答えがほとんど明らかにできるのが、5月かなと思っています。

いきなりいなくなったりはしないですが、何らかの方向転換をするかもしれません。



ちょっと変な話になっちゃってごめんなさい!



5月、元気にタイに行って「タイ最高ーーー!」と旅ブログを更新できていたらいいなとただ思います。スズメバチ食べたいです。あと、トランジットで台湾寄りたい。シンガポールにも行ってみたいな。


すべてのことがいい方向へ向かうよう、小さく祈りながら今日も生きていきます。


それじゃあ、また明日!


☆今日の過去記事☆

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 




















 

follow us in feedly