読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

Q.はあちゅう氏とちきりん氏について思うところを教えてください

小話・小ネタ



こんにちは。貫洞です。


またしても質問に答えるシリーズです! 書いてて思ったんですけど、普段の更新とはまた違った感じで面白いです! この質問シリーズも今回と次回で終わりです。

年明け10日間オマエは質問だけで更新してたのかー! と怒られそうですが、実際そうです。。質問を募集したのはこちらの記事。

 

www.kandosaori.com



今日は、id:ene0lcalさまよりいただいた質問にこたえます。



Q.はあちゅう氏について思う所。ちきりん氏についても。炎上狙わなくて正直ベースでおねしゃす。                          


→A.はあちゅうさんのことはあまり知らないです。ちきりんさんについては語れます。


えっと、まずはあちゅうさんについてなんですが、正直「上位クラスタの人」という印象しかありません。彼女がターゲット層にしているのは、彼女にあこがれる人、彼女のようになりたい人だと思っています。なので、目にすることはあっても、彼女の書いたものにわたしが引き込まれることはほとんどありません。

これは、明確なターゲティングをして書いている証拠だと思います。お客にならない人にはメッセージは届かない。誰でも彼でも集めればいいというものじゃないので、そのあたりはきちんとしているのだと思います。

一つだけ。

恋愛の名言はよいものが多いですねw 結構刺さりますw




続いて、ちきりんさん!

わたしはちきりんさんの本全部読んでます。ブログもほとんど全部読んでます。そして、本が発売されたときの講演会などもなるべく行ってます。去年はそのためだけにわざわざ大阪も行ったり; いわゆる信者のうちに入ってしまうと思います。

ちきりんさんのイベントに参加した時のレポート記事です。
この記事はちきりんさんのブログにもリンク貼ってもらえました。めっちゃうれしかったです…!

www.kandosaori.com

 

「なんだ信者かよ…」って思ったかもしれませんが、わたしがちきりんさんを好きなのには、理由があるんです。


彼女は、自分を「頭を使うことが好き」と称し(けして頭がいいと言わないのがミソ)、多くの人に「自分のアタマで考えよう」という概念を植え付けました。よく考えると、これって自分のアタマで考えたのではなくて、「ちきりんさんのやり方を模倣した」だけなんです。つまり、信者量産の枠に見事にハマっただけなんですよ。

ただし、誰かにあこがれるということは、何かのとっかかりとしてとても良いことなんです。人生で、師と仰げる人がいるのといないのでは雲泥の差があると思ってます。

わたしは、ちきりんさんの頭の良さではなく、「奔放な雰囲気」と「自由な生活」にあこがれました。講演会でも「ラクしたいじゃん?」「外出るのめんどくさいじゃん?」とか普通に言います。そういうところが好きなんです。自分の一日の生活をグラフにして、いかに睡眠を取っているか! を熱く語っていたこともありました…。いいのか、ちきりんさん…!



どの講演会かは言えませんが、わたしはちきりんさんの講演会で彼女に「マイクで質問」をしました。声は上ずるし震えていたんだけど、彼女の話の聞き方はものすごくうまかった。「うんうん、それでー?」みたいな明るい相槌で、人の緊張をほぐす人でした。

その質問はその講演会の内容に触れてはいたものの、わたし自身の迷いも組み込んだ、答えづらい質問だったと思います。でも、ちきりんさんはスラスラスラーと答えてくださり、それを聞いてわたしは「こんなふうに答えが出せる人になってみたい」と思ったんです。

そのとき、ちきりんさんが答えてくださったことは、今もわたしの血肉になってくれています。


ふだんはダラダラしてて、いざとなったら聡明。かっこいいですよね。


一番面白かったのはこの本です! やっぱり旅の本になっちゃう(汗)

 

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!

 

 



id:ene0lcalさま、求めている答えと全然違ったらごめんなさい;


わたしが、はあちゅうさんとちきりんさんについて思うところを書いてみました!

それじゃあ、また明日!


☆今日の過去記事☆

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 



 

follow us in feedly