読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

☆タイ旅行記番外編☆ほほえみの国からこんにちは! タイにずっといタイ! 

旅・ホテル・外食など



サワディーカー。

タイ在住6日目の貫洞です。

食堂で「グリーンカレー食べたい」って言ったら、「まぜる?」って聞かれてとりあえずおまかせしたら、フライパン一つでグリーンカレーっぽいものを作りあげて(ココナツミルクとグリーンパウダー入れてた)、そこにご飯を投入して炒め、えもいわれぬおいしいグリーンカレーを作ってもらったりしています! 


あとで知ったんだけど、これはグリーンカレーチャーハンという立派なタイ料理のひとつらしい。こういう提案してくれる街の食堂、楽しいし嬉しいなあ。


これで40バーツ(120円)とか。屋台やフードコートは30~50バーツで結構食べられる。

液状のグリーンカレーも、結局食べる時お皿で混ぜるんだよね。わたしは混ざってるこっちの方が面倒くさくなくて良かったわw 味もいい感じに辛美味しい。


f:id:keisolutions:20150604150826j:plain



そろそろタイにいることにも少し慣れてきました。どこを気をつけて、どこは気を抜いていいのか、タイ人の気質などが感じられるようになってきました。

ほんとは今日は予約投稿しておいたワットポーの記事を更新する予定だったんですけど、今の今、書いておきたいことがあるので、予定変更してリアルタイム更新にします! 心が動きっぱなしなんだぜ!



いやー、帰りたくないっすね!



なんか日本人って、約束をきっちり守ってナンボのところがあると思うんです。体育会系の会社さんとか、1分の遅刻を重んじる。わたしも日本で仕事してるときは絶対に時間を守るし、それによって得られる信頼がハンパじゃないということは身にしみて知っています。

過去にこんな記事も書いています。体調が悪くても出勤するための三種の神器を紹介した記事ですね。 

 


撤回。


そんな無理しなくていい。



いや、自分的にどうしてもこの仕事だけは成功させたい! みたいなときは頑張ればいいと思うし、そういうときはスケジュールに余裕をもたせて、体調管理も意識すべきだけど…一年のうち仕事してる日数何日よ? わたしは多分300日くらいは臨戦態勢になってるんですけど(雇用されてないから労基法の範囲外)、その日は出勤時間や昼のアポ、夜の会合の時間もきっちり管理してビシっと時間守ってる。

その反動で、プライベートはもうダラダラ。約束した時間に起きられないなんてあたり前で、ひどいときは当日になって「なんか行きたくない…」ということも; 


タイはこの「なんか行きたくない」に寛容なんです。


体調が悪いとか用事ができたとか、どうやら結構あたり前らしいんですね。「行けたら行く」が通用するというと伝わるでしょうか?

今回の旅でなんと、わたし早くも「行けたら行く」をやっちまいました。。。


いや、行くつもりだったんですよ! 約束した段階では。


でも、いざ約束の時間が近づくと、あんまりサバーイじゃない(体調がよくない)状態に気づいて…ホテルの電話から「ごめん行けない」って電話しました。


体調がよくないから行かないって…これ日本ではご法度でしょ。わたし早くも自分の本質とタイがリンクしてる感じがして、もうこの感じがサバーイ(快適)そのものなんですけど。



翻って、日本が窮屈だと思う人、それは普通の感覚だと思います。閉塞感があって、やらなきゃいけないことばっかりで埋め尽くされてるよね。そういう人を「消耗してる」って簡単に言われるけど、簡単にやめられないことで人生が埋め尽くされちゃってるよね。


みんながみんな、自由になれないんだよ。受けた教育や価値観、守るものがあって今を生きてる。みんながみんなサバーイ(快適)を優先できないの。


サバーイな人は、自分がサバーイであることを最優先に考えてる。閉塞感の中で生きてる人は、周りのことを考えてる。


わたしも、日本では(多少)周りのことを考えてる。


そんな自分を変えたいけど、わたしはがんばってもせいぜい1週間の休みを取って旅行するくらいしかできなかったよ。でも、この旅行はまったく無駄じゃないって思ってる。旅行中ほとんどの時間がサバーイだったよ。


全然関係ないけど、タイに来て一番おいしかったのはカオマンガイです。蒸した鶏を、鶏の出汁でたきあげたご飯の上にのせて、甘辛いタレをつけて食べるんだけど、これがもう絶品すぎてね!
タレがおいしいの! ご飯とタレでいくらでもいけちゃうの!

f:id:keisolutions:20150605193616j:plain


…という感じで、いろいろ考えつつも、鶏の声で目を覚まして朝ちょっと運動して、おいしいご飯を食べて元気にやってます。


大好物と呼べる食べ物もできたし、タイが絶対また来たいって思える場所になったし、人生の時間を自分の好きじゃないことに使うのはやめようって、なんかふっきれてきました。



…余談ですが、わたしは起業する直前に、青年海外協力隊のボランティアでインドネシアに行きました。短期ボランティアですが、それでも1ヶ月単位で渡航するので、普通の旅行より長い。そこでの活動を終えて帰国して、なんだかいろいろもやもやと考えて(インドネシアに戻りたい、ばっかり考えてましたw)、結果、たまたま日本で起業という道が開けた。

その波に乗れたのは、間違いなくあの渡航があったからです。

自分を過大評価も過小評価もせず、ただ波が来たから、乗った。


結果として会社は5年つぶれてないので、今のところ「やってよかったこと」のうちに入ります。会社があると海外進出とかも自分で決められる。毎日オフィスに行かない自由もある。わたしには個人事業主か起業が合っていたということですね。


でも、こうしてタイに来て、感じます。


もっともっと自分に正直になっていいし、そのほうが人生もっともっと楽しい!




仕事が充実してないなら楽しいこと探そうよ。部屋が汚くて物が捨てられなくても、別にいいじゃん。それで死ぬこたぁない。どうしても嫌なことだけ切り捨ててって、自分にとって快適な生き方を、時代がどうこう気にせずに考えたらいいと思う。


亭主関白な男の人と結婚することを時代錯誤だ、不幸だという人がいるけれど、私はそうは思わない。ずっと言えなかったけど、亭主関白な夫だって愛してみれば大事な人です。その人が笑ってくれたら自分も幸せって、結構理想。


もう、日本のメディアが流す「幸せの形」なんて追うのはやめよう。

f:id:keisolutions:20150607180927j:plain


自分が幸せだと思える瞬間を、大事につかまえて集めていけばいいだけ。




考え方まで変わってきました。旅の魔力かな、そうだね、きっとそうだ。

タイ旅行記1日目はこちらです☆
興味のあるはどうぞ☆

 

 国外逃亡編

keisolutions.hatenablog.com

 

タイの携帯ショップへ行って、それから屋台飯を食べた話

 

keisolutions.hatenablog.com

 


普段の仕事は携帯ショップ販売員です

keisolutions.hatenablog.com



では、また♪
明日のブログの内容がどうなるかは、明日までわからないよー(更新はするw)
何も思い浮かばなかったら、ワットポーの取材w 記事をアップします。
 

follow us in feedly