読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

時給900円の君へ(バイト時給1500円デモについての個人的所感)

ニュース

 

 

こんにちは。時給の高い仕事を紹介できる会社を経営しています。ケイ・ソリューションズ貫洞です。

今朝、こんなニュース記事を読みました。


海外からデモという武器を輸入したアルバイト労働者たちが決起し、各地で賃上げ要求デモ行進を行ったとのことです。これは素晴らしい一歩です。問題解決の第一歩はいつでも「そこに問題があること」を認識することだからです。

彼らは気付きました。時給900円では幸せになれないということを。そして行動に移しました。誰かが決めたシフトではない行動。動いても時給としてカウントされないこの行動を選択したことは大きいです。

私が若いころもやっぱり時給が安いアルバイトをしていて、収入が少ないのが悩みでした。しかし当時の私は問題解決に向けて動くのではなく

 

「時給が安ければ寝ないで職場に居ればイイ」「24時間のうちなるべく多くを時給に変える」

 

という安易な考え方で働き続けました。結果、仕事は常に手抜き。眠いからミスも頻発。いつも挨拶がわりに『寝てない』『眠い』ばかり。

ちなみに1日18時間くらい働いて、休みは週1日。3~4時間睡眠で月収17万くらいもらっていました。これが高いかどうかは言うまでもありませんよね。


さて、記事の中では「時給1500円を要求するならそれに見合ったリターンも企業側に提案すべきだ」とありますが、これは些か乱暴です。デモに参加した彼らの多くは、今どうしようもないからアルバイトをしていて(あるいは空いた時間をアルバイトに充てているライトアルバイターもいるかもしれません)経済がどのように回っているかを考える機会を与えられていないからです。

 

そもそも、日本という国は

1、国の借金をなんとかするために

2、国民の心を操作し

3、絞れるだけ税金を絞り取る

ことを考えて動いています。アルバイトの時給も、生かさず殺さずの金額にしておこうという考えでしょう。

 

企業側も、余程優秀な人材以外には高い報酬を払いたくありません。優秀な人材は他社へ行かれると困るから、繋ぎとめるために高い報酬を払って逃げないようにしている…というのもありますね。

 

企業からここまで切望される人材であれば、そもそも時給が…とか悩む事もないと思いますが、企業の望む『優秀さ』にも種類があります。これはまた別記事で書こうと思います。

 

 


翻って、わたしは経済云々を語るほど頭が良くはありませんが、今すぐ時給900円から脱出する方法をお伝えします。全部10年以内にわたしも実証済みの方法です。

デモを罵るだけでは何も変わりません。デモをやめさせるのではなく、昇華させて優秀な人材を引き上げて行かなければ、何も変わりません。わたしは誰からもお金をもらわずに自由にブログを書いているので、言論の自由を武器に、思いっきり書きます。


【時給を上げる方法 その1】
時給の良い職場に転職する

今の職場にこだわらず、インターネットで「時給1500円以上」と指定をして仕事を探しましょう。今ぱっと検索しただけでも

・イベント会場設営、イベントスタッフ(握手会スタッフなど)
・コールセンター(受信、発信)
・塾講師
・受付
・中国語、英語を生かした受付や接客
・広告営業
・クレジットカードの加入促進
・インターネット加入促進
・携帯電話、タブレット販売

これらの仕事は常に募集があり、時給1500円を軽く超えるものもあります。資格も不要。(資格があるともう少し仕事に幅が出ますが、とりあえず何もなくてもできるものを書きます)
わたしは上記の仕事はほぼ全て経験していますが、つらいものも確かにあります。ただ、自分に合った仕事なら「それほどきつくない」「むしろ楽しい(やりがいがある)」と感じたものです。ぜひみなさん、時給の高い仕事に転職しましょう。

時給900円で幸せになれないのなら、さっさと時給1500円の仕事に転職し、さらに次を目指せばいいのです。世の中はお金ではありませんが、生きて行くためにお金は絶対に必要です。稼ぎましょう。


【時給を上げる方法 その2】
ルールの概念を捨てる
例)水商売はいけない、人を騙す仕事はいけない、健康に悪い仕事はいけない

ちょっと極端ですが、水商売はすごく勉強になります。今、時給900円で生活していて、どんな情報が得られていますか? 社長や部長や主任と直接、今後の販売戦略などの話をすることはできますか? そういう話が出来ていないなら、今のバイトは時間の切り売りでしかありません。もっとアグレッシブにならなくては稼げません。

水商売は悪いことですか? わたしは人生で初めて「社長」や「部長」と話したのは軽い気持ちで始めた水商売の時でしたよ。それまで誰も何にも教えてくれなかった社会の仕組みを、お客様として来てくれた社長さんや部長さん、専門職の方々が世間話として話して、教えてくれました。興味を持って質問すれば教えてくれました。(もちろん営業中は楽しませる努力が必要ですが、関係値が築けた後ならいろいろ聞いても教えてくれます)

人を騙す仕事はいけない、というのが枷になっている人もいると思います。営業職など、契約を取る仕事は多かれ少なかれ、人の心をこちらに向ける、操作することが必要になります。これらを「騙す」という言葉一つで切り捨てるのはもったいないです。詐欺などは論外ですが、営業の仕事は、お客様に気持ちよく買って頂く仕事ですから「騙す」とは全く違います。商品を買って頂いたり、相手の求める情報を世間話として話したり、お互い「良い・嬉しい」状態に持って行く難しくて面白い仕事なのです。

健康に悪い仕事はよくない…確かに身体的に悪影響の出る可能性がある仕事はよくありません。ただし、わたし自身も新薬の治験などで1週間、1か月と病院通い(女性なので泊まり込みの治験は案件が少ない)をしていましたが、かなりいいお金になり、そのお金で家賃をまとめて払ったり、肉体労働で疲れた体を休める期間に充てたりしていました。これは積極的におすすめはできませんが、裏ワザの一つとして持っておくと良いと思います。


【時給を上げる方法 その3】

自分の時給を自分で決める=会社を興す

わたしは最終的にここに落ち着きました。自分の時給…というか報酬は自分で決めたいですよね。時給の高いバイトを転々としているうちに、自分の能力の強い部分と弱い部分がわかりました。その「強い部分」だけを使った仕事を自分で考えて、事業として興すのです。

会社を作るために必要なお金は、資本金+20万円(+当面の生活費)と考えておけば良いでしょう。

パソコンやタブレットスマホに詳しいなら、個人で「PCトラブルお助けマン」をやればいいと思います。2時間5千円くらいでも依頼は結構来ると思います。

おしゃれが好きで、センスがいいとほめられる事が多いなら「ファッションアドバイザー」として3時間1万円でお買い物同行の仕事も成立します。

ファーストフードのアルバイトで、レジ打ちがとても速いとほめられたことがあるならば、自分のノウハウを活かして「レジ打ち専門の人材派遣会社」を興しても面白いですね。


最後になりますが、わたしは、携帯ショップで販売に特化した仕事をしています。とにかく販売に特化しているので、休日も様々な業種の接客を受けたり、クレームの場面を見つけたら「どうやって対処しているか」を観察することもあります。(素晴らしいサービスマンに出会ったら、何回もそのお店に通ってその方のサービスを盗もうとがんばっていることも…)

今の世の中、「何でもやります」「言われたことをやります」では、時給900円から抜け出せません。自分の未来は自分で決めればいいのです。自分の限界を決めるのは自分です。


きっと、時給900円の人が時給を上げて欲しいのは、お金が欲しいのとは少し違うと思うのです。自分の価値をもっと高めたくて、みんなと同じ時給で働いている「今」を好きになれない、そんな気がします。

稼ぎたい人、今を変えたい人、自分の可能性を探したい人、求人広告を見てピンと来る会社が見つからなかったら、うちの会社も試してみてください。

ケイ・ソリューションズ株式会社といいます。2010年に、右も左もわからないわたしが立ち上げた会社です。仲間はみんな個人でも動ける人ばかりです。自分の手で未来を切り開く人が残る会社です。うちを辞める人は、会社を立ち上げるために辞める人が多いです。とても嬉しいことなので笑顔で見送ります。新社長とは、その後もビジネスでお付き合いすることも多く、結局助け合っています。

社長になりたい方、求。

一緒に仕事をして、さっさと世の中の仕組みを知って自分を知って、人生楽しむ方向に進みましょう。都合の悪いことは知らせてくれない国や大企業より、何でも一緒に考えられる小さい会社、面白いですよ。
※聞かれてもわからないことはあります、ご了承ください


では、またお会いしましょう! 

follow us in feedly