読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

「ご一緒に○○いかがですか?」 と勧められると反射的に断る人は多い。でも本当はそれが欲しいことも多い。という話

接客・店舗運営

 

こんにちは! ケイ・ソリューションズ貫洞です。

先日、久しぶりにクレープを食べました。時刻は14時頃でしょうか。あの独特の、香ばしい生地の香りと甘いクリームの香りが、絶妙に調和して漂ってきたのです。まだお昼を食べていない私は、我慢が出来ませんでした。

「よし、食べよう!」

 

一人クレープ決定です。メニューボードを眺めます。「照り焼きチキンツナサラダ」などのお食事クレープもありましたが、やっぱりクレープと言えば生クリームとフルーツ、それにチョコ! よし、コレにしよう。

私「イチゴチョコクレープをください」
店員さん「はい! ご一緒にご注文頂きますとドリンクが100円です! いかがですか?」
私「あ、クレープだけで…」
店員さん「またご利用ください! 400円でございます!」


f:id:keisolutions:20150213160359j:plain

 

美味しい!

クレープってやっぱり本当に美味しい! 甘くてとろける~♪ ご飯代わりにクレープなんてちょっと体に悪いかな? たまにはいいよね! 

ごちそうさまでした。


f:id:keisolutions:20150213160627j:plain

 

すっかり完食。




…口の中が甘い。

コーヒーが飲みたい。すごく飲みたい。



クレープと一緒に買うと100円だというコーヒー、今から単品で買うといくらなんだろう? 280円ですとか言われるのかな。ああ、一緒にコーヒー買っておけばよかった。

そんなことを思いながら再度レジへ。手には「クレープ食べ終わりました」のサインのごとく、クレープを巻いていた紙をにぎりしめて。


私「すみません、今から買ってもコーヒーは100円ですか?」
店員さん「もちろんです!」



…良かった!


f:id:keisolutions:20150213160909j:plain

 

こうして無事、100円でコーヒーが飲めたわけですが、とても大事なことを学べました。


「ご一緒に○○いかがですか? と勧められると反射的に断る人も、本当はそれが欲しかった。ということは往々にしてある」

ということです。

最近は携帯業界でも「家族セット割」的な割引が、家族で一緒に来店して同時購入でなくとも、ある期間内に家族の方が機種変更や新規を購入すれば、自動的にキャッシュバックが振り込まれる、という方式を採用しています。

今は家族が揃ってゾロゾロと携帯ショップに来られる時代ではありません。土日に家族が揃う家庭も、全体の何パーセントでしょう? かなり少ないのでは? と思います。


翻って、今回のクレープですが、同時購入・時間差でもOKキャンペーンはとても有効だと思います。

残念なのは、このキャンペーンのお店からの声掛けが無いことです。わたしのように「今からでも100円でドリンクが買えますか?」と自分から聞ける消費者は少ないと思います。多くの消費者は

「ドリンクが飲みたいけど、今から買ったらきっと100円じゃなくなってしまうだろう。それなら違うお店に移動してそこでコーヒーを飲もう」

こんな風に思うのではないでしょうか。


クレープを販売する時に「ご一緒にドリンクいかがでしょうか? 100円です」と声をかけ、いらないですと返された後に一言「はい、本日中でしたらレシートをお持ちでドリンク100円となりますのでよろしければご利用ください」このように声掛けをするともっとドリンクが売れそう、そんなふうに思いました。


キャンペーンの時にだけ群がってくる「キャンペーン好き」だけでなく、本当に「ご愛顧」してくれている顧客に届く施策、キャンペーンも並行して走らせたいですね。

…うちの会社だとどんなキャンペーンになるだろうか?

SVを累計3年契約して下さったら、1週間、最強SVが無料で入店します!


…とかかしら。
ちょっと考えてみましょう。累計3年ご愛顧してくださっているお客様の顔を思い浮かべながら。

では、また☆

follow us in feedly