【フィクション小説】そこは穴のあいた村だった

※フィクション小説です。5分くらいで読めます。ちょっと18禁。そこは穴のあいた村だった そこは、やけに穴の多い村だった。犬が歩いても穴。人が歩いても穴。そして人はめったに歩かない。車で移動することがほとんどの村だった。山に囲まれて、歴史名所にめぐまれた、日本の真ん中あたりにある小さな村。村の名前は仮…