接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

さようなら、シーサー(ニワトリの名前)

スポンサードリンク



こんにちは。。かんどーです。

今回のセブ渡航で悲しいニュースをひとつ聞いてしまいました。それは、わたしのアパートの管理人さんが飼っていたニワトリの「シーサー」がいなくなってしまったことです。


今はもういないので昔の写真です。のんびりしているシーサー。(やばい泣きそう)

f:id:keisolutions:20190318141557j:plain


管理人さんはずっと、シーサーを闘鶏に出したがっていました。11月の闘鶏出すという話だったのですが、その時は出すのを見送ったそうで、1月に来たときはシーサー元気にしていました。


しかし。。。


今回ばかりは「闘鶏に出したい気持ち」がおさえられなかったようです。。シーサーはになってしまいました。。

 

闘鶏に出そうと考える前は、シーサーと言う名前ではなく「チキン」と呼ばれていたのですが、シーサーはチキンに戻りました。ええ、リアルで。。


しっかし鶏ってかわいそうですよね……。牛は生きてるときはCowで肉になるとBeefです。豚は生きてるときはPigで肉になるとPorkです。でもニワトリだけは生きてても肉になってもChickenです。。

 

セブでは、男の遊びとしてですが「闘鶏」「闘犬」などがまだあります。興味があれば地元の人に混ざって観戦することも可能。

まあ、あまり良い趣味とは言えないかもしれませんが、ひとつの慣習であり、昔から続いてきた娯楽のひとつとして、わたしもいつか見てみたいと思っています。写真などはアップしないと思いますが。


シーサー、生まれ変わったらいつかわたしの前に現れてね。きっと「あっ」と気づくと思う。お互い人間だったら、仲良くやりましょう。どこかの居酒屋で、ビール飲みながら唐揚げ食べて……「ん?」って首をかしげるシーサーに「どうした?」って問いかけたい。「なんでもないよ」って返しつつ遠い目をするシーサーと友達になりたい。ねえシーサー、君にまた会えるかな。


それじゃあまたね。