接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

【アイコさん】まだ仲良く暮らしてます!【浜田さん】

スポンサードリンク

 

 

こんにちは、かんどーです。今日はアイコさんと浜田さんが心配で記事を書きます。お二人とは会って話したこともあるので、なんというか応援したい気持ちがあります。。しかし、どちらをどう応援したいとかではなくて。

「二人が幸せになってくれたらいいな」

なのです。たとえそれが二人別々の道だとしても、一緒に歩むとしても、二人とも応援している、という超冷静な応援なのです。


お二人が近況報告をしているので、わたしたちもしておきます。相変わらず喧嘩ばっかりで毎日落ち着かない日々ではありますが、現状別れたりすることはなく、仲良くお散歩に行ったりしています。今の時期はとにかくお花見命ですね。(去年はわたしがセブにいてお花見に行けなかったから、今年はたくさん行こうと彼が言ってくれました)


やっと二人でいることに少し慣れてきました。桜の下でツーショット。 


f:id:keisolutions:20190406012120j:image


ちょっと自撮りしていても映りこんできたり、かわいい一面も見せてくれるようになりました。いや、かなり年上ですけどね。でも恋愛って年齢関係ないじゃん。 

 


f:id:keisolutions:20190406012131j:image


帰国するとまず食べたくなるのが日本のぎょうざ。リクエストには基本応えてくれるので一緒にぎょうざを食べましたw  


f:id:keisolutions:20190406012204j:image


シャレオツなお店で二人でクラフトビールを飲んだりもしました。彼はお酒強いので大きなグラスで飲みます。わたしは弱いので小さいグラスで飲みます。

生活のペースも生き方も何もかも違うんだけど、一緒に楽しく暮らして行く方法はきっとある、というのがわたしの信条です。彼は彼でいろいろ考えているらしいけど、考えが一周回ってわたしにはわからない次元になっていたりするので、喧嘩も多いわけですw 


f:id:keisolutions:20190406012236j:image


お花見は一緒に行くととっても楽しいです。何が楽しいというわけでもないのですが、なんでしょう……「うわあ、いっぱい咲いてるね!」とか季節を感じて一緒に喜べるのがただただ嬉しい。

セブの代行店長には感謝しかありません。この季節にわたしを日本に帰れるようにしてくれてありがとう。(来週戻って新メニュー頑張りましょうねw) 


f:id:keisolutions:20190406012314j:image


穴場的な場所もたくさん探しておいてくれて、たくさん案内してくれる彼。

正直、彼はいいところばかりではありません。音楽家と言う職業柄、気難しいし、音楽の話をしようものなら一触即発だし、正直めんどくさいと思うことも多いんです。でも、そういう「嫌だなあ」とお互い思うのとは別で「もうこの人しかいないくらい好き」なんですよね。。。

彼もそう言ってました。「コイツまじで腹立つな!」とか思っても結局わたしのこと好きなんですって。。。 

 
f:id:keisolutions:20190406012335j:image


お花見に行く直前にも喧嘩して。 

「あなたなんかと行かない!」みたいにわたしが怒って、彼が部屋を出て行ってしまったんだけど。結局わたしはお弁当を作って、

「15時には〇〇駅に着く。お弁当作ってあるからこれからも付き合う気があるなら来てください」とかメールを送ってしまうわけですね。


ええ、一緒に仲良くお弁当食べました。

 

唐揚げ、卵焼き、ひじきの煮物、ゆかりごはんのおにぎりです。


f:id:keisolutions:20190406012404j:image


彼は「とっても美味しい」「今までで一番幸せなお花見だよ」と言ってくれました。


わたしの仕事は人を幸せにすることです。

それは彼に対しても同じで。彼を幸せにすることは、わたしの仕事のひとつなんです。だからちょっと頭に血がのぼったって、彼のためにできることはしていきます。


問題は山積みだけれど。


でも一瞬でも彼が「今幸せ」「今日は幸せだった」と言ってくれたら、それでわたしの仕事は満了しているわけです。 


f:id:keisolutions:20190406012422j:image

 

もう、長くあなたに会えないような状況は作らないようにするし、もしそうなってもどうにか会えるように工夫するし、わたしなりに人生設計を立てているから、どうか安心して一緒にいてください。


完全に私信みたいなラブレターになっちゃったけど、これが今のわたしの気持ちです。


北国の方々はお花見はこれからだと思います。素敵なお花見になることを願っています。

 

そして……沖縄の二人が、どんな形であれ幸せになることを願ってやまないのです。


それじゃあ、また明日!