接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

「ネットであんなに叩かれて嫌じゃないんですか」と言われた話(途中から音楽論)

スポンサードリンク



こんにちは、実は結構叩かれている、かんどーです。(テヘ)


インターネットのあるところに、はてなブログだけを追いかけているスレッドがあるのです。ほんの3年くらい前まではそのスレッドには様々なブロガーの話が載っていました。半月くらいで次のターゲットに話題が移るような感じでした。早いと数日で話の流れが変わったり、同時進行で数人のブロガーのことを話していたりしました。


しかし今そのスレッドは廃れに廃れて、なんとわたしのことばかり書かれているのです(笑)いや、すごいですよね。。こんな普通の人間のことをわざわざ逐一観察して、「おい、かんどーがセブで雇っているのは若い女ばかりだぞ!」とか「かんどーのセブの家の近所の猫がすぐいなくなるらしいぞ!」とか、、、もう本当に毎日ブログ読んでくれてありがとうございます。

最近わたしはブログに歌をアップしているのですが、そういうときは感想が薄めです()あまり音楽には興味のない方々のようです。。残念です。。辛口な感想とか楽しみにしていたんですが。。「Aメロは力入れたけどBメロ浮かばなくて無理やりつけただろ、とってつけたようなBメロ乙」とか書いてほしかったわけです。。


わたしね、褒められすぎるとダメなんですよ。


小説でも曲作りでも、ある程度ダメなことをちゃんと指摘してもらえることって好きなんです。こちらも真剣にやっている結果なので、指摘が適当に書いただけのことか、まじめに読んだり聴いたりして書いてくれたのかはわかります。適当に「へたくそ!」とか書いてあったら「この人あんまり小説(音楽)に興味ないんだな」と思うだけですが、まじめに書いてくれた指摘は「ああ、なるほど」と次回気を付ける機会になります。この年齢になるとあまり人に指摘されなくなってくるので、本当にありがたいわけです。


話を戻しまして、ネットで叩かれて嫌じゃないのか、という問いに関しては「真剣に叩いてくれている人は本気だからわりと好き」です。野次馬的に「暇だしこいつ叩いとくか」みたいな適当なのは嫌いです。わたしがセブでどういう生活しているか、誰とどういう人間関係なのかをちゃんと読んでいなくて、適当に書いている人。ああ、わたしのブログ読んでないのに書き散らかしてんなって思います。


結局、ちゃんと読んで叩いてくれているのって一人か二人なような気がしています。


ツイッターを定期的に鍵垢にしてみたり、いろいろ試してみた結果、だいたいこの人かなと思ったりもしています。でも全然違う可能性もまだ捨てきれないので、限定できないんですけどw 


何が言いたいかと言いますと、わたしは自分の今の生活に自信を持てているし、小説よりは曲作りの方が自分に向いているような気がしています。ただし、楽しいのは小説を書く方なんです。上手にできなくて歯がゆいだけで。

曲作りは、実はあまり気持ちを込めたりしてはいないんです。わたしの好きなコード進行と、自分が今の技術で弾けるコード進行を照らし合わせて弾くコードを決めて、そこにおもしろい動きをするメロディを乗せていく作業です。コードが鳴って初めてメロディが思いつく。そのメロディを作詞家さんに送って歌詞を乗せてもらい(あるいは自分で歌詞をつけて)、歌になるという流れです。

わたしは曲作りに関しては、調子の良い悪いがあまりありません。この週はギターを練習する、とか決めて、やらない時はやらないだけで「この週は曲作り」と決めたらたいてい1~2日で1曲はできます。

やりすぎると同じコードが頻発したりするので、睡眠をとるような感じで「やらない週」を作っているだけです。


良いなと思える曲ができたら「おお」と思う。
そこそこだと思っていた曲に素敵な歌詞がついて歌が「化けた」瞬間が好き。


そのくらいの感じでやっています。


そして、わたしは人前で歌うことがそこまで好きではありません。現状、活動を始めたばかりで持ち曲も少ないわたしには、自分の歌を歌ってくれるボーカリストもいないし、バンドもないです。それにそういう方々と関わるのも疲れるよなあと思い、一人でやっています。自分の曲を人前でやることについては「一番ちゃんとできた時の演奏を何度でも再現できるようにしたい」ということを常に考えています。

常に頭の中で六角形を作っています。

「作曲力」「作詞力」「歌唱力」「演奏力」「パフォーマンス力」「集客力」

これらを六角形にして自分の能力にそれぞれ点数をつけ、点数が低い項目を努力するというやり方です。現状は「演奏力」と「作詞力」を高めることに重きを置いています。ライブ前までは「歌唱力」と「パフォーマンス力」を磨いていました。ライブなどが無ければ、磨くのは「演奏」と「作詞」ですね。


そういう感じですので、もしもこれを読んでいる方の中で例のスレッドの常連さんがいるとすれば、現在のヒットチャートなどをたくさん聴いて、わたしの曲のどういうところがダメだと思うかなどを書いていただけたら助かります。

自分では気づけないことって意外と多いのです。

そして、自分に良い感情を持ってくれている人は、なかなかそういうことを言ってくれなかったりします。ですのでお願いしています。



最後になりますが、わたしはネットで叩かれるほど知名度があるわけではありません。一体全体、あのスレッドの方々はどうしてわたしを選んでくれたのでしょう? とても不思議です。

 

セブでは屋上でギターと歌を練習するさおりたん。

 

f:id:keisolutions:20190305003332j:image


まとまりませんが、今日はこのへんで。

いつもありがとう。それじゃあ、また明日!