接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

フィリピンの文化「Unlimited Rice(ごはん無制限」の理由

スポンサードリンク



こんにちは、フィリピン、セブ島在住のかんどーです。


フィリピンの文化として「ライスをたくさん食べる」があります。レストランでもファーストフードでも「Unlimited Rice(ごはん無制限)」という言葉をよく見かけます。本当に少しのおかずでたくさんのごはんを食べる文化なんですよね。


ちょっとこの写真を見てください。

わたしの注文したものは、鶏もも肉1つとライス1つの組み合わせ。目の前の友達は魚と野菜の炒め物とライス1つの組み合わせです。ぱっと見てこれは自然なもののように思えるかもしれませんが……実はこの注文は「フィリピンだとちょっと珍しい」のです。

多くのフィリピン人は、この量のおかずだとごはんが1つでは足りないのです。このお店はお皿の色で「1lice(おかわり無し)」か「Unlimited Rice(ごはん無制限)」かを見極める方式を取っており、白いお皿がおかわり無し。緑色のお皿の人はごはん無制限になります。お店に入ると、8割くらいの人が緑色のお皿です。(店内を、ごはんの入ったバケツを持った店員さんがウロウロしていて、おかわりを頼みやすいです)

わたしたちは日本人二人なので「ああ、日本人だからごはん1つか」という目で見られます。フィリピン人は知っています。「日本人はライスを少ししか食べない」ということを。  


f:id:keisolutions:20190115202042j:image


ではなぜ、フィリピン人はたくさんのごはんを食べるのでしょうか? 


答えは簡単です。フィリピンで穫れるお米は、日本のお米と栄養価がまるで違うのです。数日滞在すると「あれ? さっきごはんを食べたのにもうお腹がすいちゃった」という感覚が理解できると思います。

実際、わたしもよくガス欠を起こしていました。屋台の設営をしているころ、重いものを乗り合いバスで運んできては設置する、というのを繰り返していたのですが、体力がもたないんですよね。でもセブに来たばかりの頃はまさか「フィリピンのお米は栄養価が低い」なんて知らないので、「ガス欠(栄養不足)」感覚がわからず、暑いから熱中症かなあと思い、塩をなめたり熱中症対策ばかりとっていました。

フィリピン人スタッフを雇って、たくさん話すようになってからは「ライスをたくさん食べないと元気にならないよ」と言われるようになり、この事実に気づくことができました。日本のお米はもちもちしていますが、フィリピンのお米はパラパラとしています。食べた感じも、日本のお米はおなかにどっしりと残りますが、フィリピンのお米はお腹にたまらないです。つまり、お腹にたまるように食べないといけないということ。日本のお米の倍は食べないと栄養が補給できないんです。


そんなことも知り、今ではスープを食べるときにさえライスを入れるわたしです。これは焼肉屋さんに行ったとき、スープがおいしかったのでライスを入れた図です。


f:id:keisolutions:20190115202107j:image



わたしは近所の食堂でご飯を食べることが多いのですが。朝と夜で同じ食堂に行くと気付きますが、朝はチャーハンが人気なんですよね。夜はおかずと白いごはん。

詳しく説明すると、朝はガラスケースに「焼きそば、チャーハン、目玉焼き、ウインナー、魚フライ、鶏のから揚げ」が並びます。その横に料理の入った鍋がずらりと並びます。鍋はすべて蓋がしてあり衛生的。お客さんは自分で蓋をとって中の料理を確認して選びます。鍋に入った料理としては「シシグ(豚肉と野菜のピリ辛炒め)、鶏肉のカレー、豚の角煮、鶏肉と野菜の煮物、ゴーヤチャンプル、レバーの煮つけ」などがあります。朝は鍋の料理の数が少し減り、ガラスケースにあるチャーハンや目玉焼き、ウインナーがよく売れます。夜は前述のとおり、鍋に入った料理と白いごはんが定番です。


以前も載せましたが、わたしのお気に入りはチキンカレーです。これは飽きずに何回でも行ける。辛すぎないのでお腹が痛くならないのもいいですね。

f:id:keisolutions:20190113231851j:plain


そして、朝食堂に来たときはこれ。チャーハン。

このチャーハンにはおもしろいエピソードがあって、わたしは「チャーハンと目玉焼きをください」と注文したのですが。わたしのすぐ後ろの男性は「チャーハンとライス1つ」と注文したんですよね()

写真は私の注文した、チャーハンと目玉焼きです。テーブルにあるケチャップをかけて食べました。 


f:id:keisolutions:20190115202124j:image

 

わたしの後ろに並んでいた男性は、このチャーハンの上にポコッと白いごはんを載せてもらって、食べていました……


チャーハンをおかずに白いごはんを食べる、フィリピンさすがだぜ!! と思いましたね。後でフィリピン人の方に聞いたら「そんなの普通」だそうですw 「白いごはんを注文して、混ぜたら全部チャーハンでしょ」とのことでした! 確かにそうだなと思いました← 


フィリピンはほんとうに、たくさんの白いごはんを食べる文化です。その理由は、コメそのものの栄養価が日本のコメと比べて低いからです。たくさん食べているように見えますが、実は全然そんなことなくて、てんこ盛りのごはんを食べないと元気が出ないのです。うちのスタッフも痩せているのにすごくたくさんのごはんを食べますよ。

ガス欠にならないように、郷に入りては郷に従えで、フィリピンではたくさんのごはんを食べて元気になることをおすすめします!

 

それじゃあ、また明日!