接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

フィリピンで1年暮らすと変わること

スポンサードリンク



こんにちは、そろそろフィリピン在住が通算1年を超えます、かんどーです。
ここまでやってみて自分が変わったことを挙げてみます。

生活面

・虫が出ても冷静に対処するようになった

わたしはもともと虫が怖いタイプではありませんでしたが、夜中に風呂場でゴキブリが出たらそりゃびっくりします。でも今は、天井からムカデが降ってきても「刺されないようにしよう」と冷静に対応します。アリが多く出たときも「どこから入ってきたかな?」と観察して入ってくる場所をふさいでしまいます。幸いわたしの部屋はそういう「よそから迷い込んできた系」の虫は出るのですが、ゴキブリは本当に出ないので安心です。(1回だけ窓の隙間からスッ……と入ってきて洗面所でオドオドしてるゴキブリがいましたw 即退治しました)

 

・仕事してなかったら運動不足になる

年中暑いのでランニングをしなくなりました。日本にいると基本、週2回以上は走りに出るのですが、それがないです。屋台の仕事で力仕事もしているから太ってないけれど、仕事してなかったら太ったと思います。今はフィリピン雨季で気温も低めなので、屋台が無い日は1時間くらい歩くようにしています。それでなんとかキープできてるかな。

・便秘が治った!!

もうこれは完全にラッキーですが、わたし野菜市場によく行くんです。その際マンゴーを「キロ単位」で買います。そして1日2個とか食べるわけです。丸かじりです。そうすると、便秘薬無しでもうばっちり! これまで日本で生活していて便秘薬を飲まないことはなかったくらい頑固な便秘持ちのわたしですが、マンゴーは最強です! 1日2個を毎日食べ続けていれば幸せになれます。

 

英語編

・英語で話しかけられて英語で答えるのが当然になった

当然かもしれませんが、日本人同士で話す機会を除けば会話はすべて英語です。全然できない状態であっても、単語だけでも発しないと何も進みません。なので必然的に「使える単語」は脳のすぐ使える場所に置くようになります。そしてその単語が少しずつ増えていく感じ。なにせ仕事なので、スタッフが言っていることがわからなければ「ごめん別の言葉で説明して」とお願いしたり、こちらが言うことが伝わらなければ別の言葉に言い換えて、何としても伝えます

 

・良い意味でなんでも雑になった、英語はジョークが大事だと思うようになった

日本と同じくらい清潔に、日本と同じくらい時間にきっちり……なんてやっていたら疲れちゃいます。待ち合わせは大体の時間に着けばOK、疲れたら休む気持ち大事、お互い声をかけあって「ハッピーじゃないのに無理をしない、させない」ようになりました。会話も、文法を気にするより反射的に面白いことが言える方が大事な気がしているので、なんでもジョークで返すようになりました。
※日本人同士の約束などでは時間を守るようにしていますw

 

性格編

・怒らなくなった

怒るのって疲れるんですよ。だから怒らなくなりました。スーパーのレジが超効率悪くても、待ってる人同士で「遅いねーw」とか話してみたり、前後で待ってる人のかごの中を見て「それ安いの? 私も買ってこようかな、ちょっと抜けていい?」とか話したりしてます。お得なものを買ってる人尊敬する。(ちなみにここで待つのが嫌になってしまう性格の人はすぐ帰国してしまう印象です)

スタッフに対しても、注意はするけど怒りません。もっと怒った方がいいと言われることも多いのですが、怒ると疲れてしまうんです……とはなかなか言えませんねw


・ヒマを楽しめるようになった

それまでは、バスを待つとか列に並ぶとか絶対無理! というせっかちな性格だったのですが、フィリピンに来てその性格が変わりました。ぼけーっと考え事をしてたりします。みんな何話してんだろーと聞いてることもあれば、なんも考えてないこともあります。手持ち無沙汰すぎるときは「やることリスト」を見返して、買い忘れがないかなーとかチェックしています。それでもやることがなくなったら意識を宇宙まで飛ばしてますね()

 

嬉しいこと

・部屋で笛を吹く人がいてもオッケー、ギター弾いてもまあオッケー

ちょっと笑っちゃうんですが、夜中の1時に急に隣人が笛を吹き始めましたw 曲は……なんだったかな? 名曲なんですよ。それを上手に吹くものだから、ついつい廊下に出て聴いちゃいましたw 廊下には猫が寝てて、甘えてきたから階段に座って、猫を膝の上に乗せて笛を聴いてました。

わたしも日中の時間には小さな音ですがギターを練習しています。苦情が来たらやめるつもりなのですが、苦情は全く来ません()一度だけ1階にいる男の子が合わせて歌ってくれたことがありました。細かいことを気にしないんですね。

 

・番外編

これは嬉しくも悲しくもないのですが、午前2時半に、アパートの管理人さん(22歳男性)が飼っているニワトリの「シーサー」が鳴き始めます()


2時半ってちょうどわたしが寝る時間なので、おいおいって感じなのですが、最近慣れたので気にせず眠れるようになりました。参考動画です。1分間の動画です。何回鳴いたか数えてみてください……

 

www.youtube.com

 

まあ、シーサーはかわいいのでこれもオッケー。

f:id:keisolutions:20181210123405j:plain

 

 

結論:さおりたんはセブが大好きです。

 

 

 それじゃあ、また明日!