接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

セブに行く人必見! 猫のエサを持って行けば現地で人気者に!!

スポンサードリンク

 

 

こんにちは!   かんどーです。今日の記事は、これからセブ島に行くよー! っていう人に読んでほしいです。


海外へ行ったら「現地の人と関わりたい欲」が少なからずあると思います。しかし一人で行動していたり、現地語ができなかったりするとあまり関わることがありません。結局限られた範囲内の人とだけ関わって終わり……。それってちょっと寂しいと思います。

今日は、そういう方のために、日本からセブ島に持って行くと人気者になれるアイテムをご紹介します!!


今日の記事無駄に長いので先に見せちゃいますね。コレです! ドラッグストアとかで手軽に手に入ります。ペットショップのエサ売り場なら確実にあると思います。

「CIAO ちゅ~る」 


f:id:keisolutions:20181129120714j:image



フィリピン、セブ島では街のいたるところに猫がいます。猫に絶対に遭遇せずに滞在しろというのが無理なレベル。猫嫌いはつらいかもしれない。

セブの現地の方々は、犬や猫に過剰な愛着を持たないというか「いるのが当たり前」として生活しています。野良犬や野良猫って大抵同じ場所にいるので、必然的にそうなります。飼ってないけど毎日顔を合わせる動物……という感じ。


そこに日本人が来て、エサをあげると。
とってもあたたかい空間になるんですよ。現地の方も話しかけてくれたり。


ちなみに野良猫なら、上記の「ちゅ~る」より、現地で買ったカリカリのえさを定期的にあげたほうがいいと思います。野良猫は生きるのに必死なので。一本の美味しすぎるおやつより、定期的なFeedng(餌やり)のほうがありがたいわけです。

上記の「ちゅ~る」は、現地の飼い猫ちゃんにあげると喜びます。飼い猫ちゃんは、エサを毎日もらえるのが当たり前なので、ちょっと美味しすぎるものじゃないと飛びついてくれないのです。


この日は現地で猫を飼っている方のお宅に遊びに行って、たくさんいる猫ちゃんたちに「ちゅ~る」をあげてきました! 猫が寄ってくる寄ってくる……

そうそう以前、フィリピンの猫と日本の猫は顔が違うと書きましたが、フィリピンの猫の顔を紹介してみます。まずはこちら。一番奥の猫ちゃんの美しさにハッとしませんか?


f:id:keisolutions:20181129103354j:image


猫に寄ってこられているわたしの図。みんな目が爛々としていて怖いw

f:id:keisolutions:20181129103921j:plain
 

毛づくろいをする、セブ猫。しなやかな筋肉がすらりと伸びた肢体はセクシーそのもの!   わたし痩せた猫、好きみたいです。ぽにゃっとした猫ちゃんももちろん可愛いけど、痩せた猫はいろんなイマジネーションをかきたててくれる。


f:id:keisolutions:20181129103544j:image



 話は野良猫に戻ります。


代行店長は、近所の目が見えない猫にfeedingしています。代行店長が居なくなったあとはわたしが代わりにしろとの命令が来たので、慣れない餌やりを日々の日課にしようと思います()←できる自信がない

 

代行店長の餌付けの図。代行店長は近所の人とわたし以上に仲良くなっていたし、周囲の方々ともものすごく良い関係を築いていました。(わたしが関係値つくるのに時間かかりすぎなだけかもw)

ただ、この「エサやり」のときに現地の方々とたくさん話していたのは事実ですから、エサやりをすれば現地の人と仲良くなれる、ということはほぼ保証できます。


f:id:keisolutions:20181129103721j:image

 


現地の方とどれだけ仲良くなるかは人それぞれですので、適度で良いと思います。きっかけがほしい場合には、猫のエサを持って行って、あげると面白いですよという話です。

※代行店長は自己責任で犬にもエサをやっていましたが、犬は病気を持っていることもあるので個人的にはおすすめしません。ただしめちゃくちゃカワイイ子犬とかいるので、現地の方がなでていたり、大丈夫そうなら自己責任で……としか。

 

 

ちなみにこの日のわたしのエサ

わたしセブに来ると痩せます。たぶんそれは毎日飲んでいる野菜ジュースとフルーツのせいだと思います。野菜ジュースは甘くない「V8(ブイエイト)」というもの。青いのはスポーツドリンクです。朝起きてすぐの塩分だいじ。


f:id:keisolutions:20181129120752j:image


そして……

マンゴー!! 

 

わたしこれ食べるためにセブにいるんじゃないかって思うくらい、毎日マンゴー食べてます。野菜市場で2キロずつ買ってきて冷蔵庫に入れてます。2キロだとこのサイズ(ちょっと小さめ)が10~12個くらいなので、1週間で食べきります。週に一度は野菜市場に行くのでちょうどいい。


f:id:keisolutions:20181129120810j:image


おしゃれに盛り付けたり、ヨーグルトに混ぜたりしないのかって?

しません。 


ナイフで切れ目を入れて、そこから手で皮をむいてそのまま丸かじりです。1日2個。1個あたり20円くらいなので毎日2個マンゴー食べても破産しません。ほぼ朝食代わりに食べています。暑いときはおやつに食べることもあるかな。


f:id:keisolutions:20181129120823j:image


大きめのやつを買えたときは、軽くナイフでカットして食べることもあります。言うまでもないですが、まったりとコクがあって、最高に美味しいです! 人工的な甘味がいらなくなりますね。わたしセブでお菓子をほぼ食べません。甘いものはマンゴーが一番美味しいし、しょっぱいものならジョリビー(マクドナルドみたいなチェーン店です)のチキンが好きです。

こういうお気に入りがあると、現地生活が楽しくなります!!


わたしの現在の生活は、朝マンゴーを食べて。それからギターの練習をちょっとして。それから屋台の仕事を始めて、夜中まで仕事。帰宅したらお店の残り物で作った野菜炒めを食べて寝る、という生活です。

すごく汗をかくので、梅干しなどを常に持ち歩いて口に入れています。なくなったら塩を持ち歩きます。汗をかきすぎてしまうと、水を飲んだだけじゃ回復しないのです。水と塩が必要です。おかげで倒れたことが無いです。(というか、セブに来てから大きな病気やけがをしていないです。食あたりもないんですよ。ラッキーなんだと思います)
 

 

これからも毎日のセブ生活を更新していきますので、よろしくお願いします!

 

それじゃあ、また明日!