接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

私の友達と別の友達が仲良くなることが多い

スポンサードリンク

 

 

私にはちょっとした特技がある。特技というか性質というか。それは「ガチで人と人の縁をつくること」だ。

 

私は過去にたくさんの恋愛遍歴があり、その中には「元彼とはもう生涯会わないであろう」というレベルでこじれてしまったこともある。女友達とも残念な終わり方をしてしまったことがある。

 

しかし、私が引き合わせた「元彼と女友達」はガチでめちゃくちゃ仲良くなっており、今も家族ぐるみで(それぞれ結婚している)付き合いがある。そういう事態がわりと、いやかなり多いのである。

 

その輪の中に私が居ないことは正直本当にどうでもいい。そんなことより、貴重な人生の時間を一緒に過ごす大切な友達ができたきっかけになれたのだと思うと大満足なのである。

 

私は誰かの影響で変わることが少ない。頑固とも言えるし自分の意見を曲げないところがある。かなり突っ込んで叩きつけてくれないと私は変わらないし気づけないのである。

 

私はたぶんガチの「一人で過ごしても楽しめるヤツ」だ。セブに行ってみて再確認した。私は一人でも苦痛を感じにくいヤツなのである。そんな私が友達になるのは往々にして「めちゃくちゃ良い人」「気配りのできる人」「友達を大切にできる人」なのである。そんな友達を別の友達に引き合わせたら、そりゃあ見事に親交が深まるだろうという解答に行き着く。

 

私はこれからも私の生き方を変えるつもりはないし、私の手元にお金や人が残らなくても別に構わない。ただ私は「関わった人には幸せになってほしい」という性質があり(ツッコミ厳禁)、上記のように私がきっかけで仲良くなって笑顔がシェアされていることが素直に嬉しいのである。

 

そこに私がいなくても。

 

これガチで言ってるんですが変ですかね。だって私そういう「定期的に集まらなきゃならない」的なの嫌だし、ホームパーティ何それ?   だし、人間関係を修復することに時間や労力を費やすより仕事で未来を切り拓きたいからそんなに人間関係を一番に扱えない。離れていくなら仕方ないわねというのが根底にある。

 

たまに会って深く話してくれる数人の親友には本当に感謝してる。あとライトな付き合いをし続けてくれるたくさんの知り合い以上友達未満的な方々。私そのくらいの人づきあいで充分なんですよ。コミュ障ですって言ってますけど本当なんですよ!

 

これからも私は一生懸命生きて、その人にとって大切な人と誰かを結びつけて、私はその世界からスッといなくなると思う。でもそれでいいんだ。

 

それが私。

 

自撮りのうまさには定評があります。


f:id:keisolutions:20180804221017j:image

 

それじゃあ、また明日!