接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

目の前を横切っていく命

スポンサードリンク

 

 

 

横切られる人生を送ってきました。かんどーです。

 

 

2年くらい前に、出張に行ったとき、車を運転していたら、デカいミドリガメが現れました。ミドリガメはわたしの車の目の前を横切っていきましたので、わたしは車から降りてミドリガメを助手席に乗せ、そのまま勤務先に連れて帰りました←そして後で怒られました(爆)

 

 

その後も猫に犬に虫に……まあ横切られる横切られる! 

 
f:id:keisolutions:20180604224848j:image

 

 

ほんとにこんなふうに横切られるんですよw それもかなりの頻度で!
たまには正面から向き合いなさいよと小一時間説教したい。

 

 

 

さて先日、一人でおでかけをしました。(いつも一人のさおりたんwww)

 

 

出かける先は、東京の合羽橋商店街。まあとりあえず何事も起こらないだろうと思っていると……

 

横切ってきました。こいつが。


f:id:keisolutions:20180604224907j:image

 

お……お前!! 


f:id:keisolutions:20180604224925j:image

 

 

ざりがにじゃないか。 

 


f:id:keisolutions:20180604224942j:image

 

さおりたんは小動物や虫が大好きなので、当然しばらく観察して遊びました。ざりがにってさ、外敵が近づくと、シャー!! って両方のはさみを振り上げるのね。そのしぐさがもうかわいくてかわいくてw

 

シャー!! をされながらも、後ろからつかむと、はさまれずにざりがにを持つことができるのね。 そうやってつかんで、近くに咲いているあじさいの花にのせてあげた。「ここから先は一人で生きろよ」というキメ台詞を言っているところを通行人3人に見られました。

 

 

なんだかおもしろいぞと思いながら合羽橋に到着すると。

 

地下鉄を降りて地上へ出た瞬間、マリカーに横切られました()


f:id:keisolutions:20180604224658j:image

 

合羽橋で買い物を終え、ラーメン屋(馬賊www)へ向かうと、浴衣姿の女子二人に横切られました。

 

あー、いいなー。わたしもさめ(id:nemurenai-same)とクラフトビール飲みにいくとき着物で行こうーとか思いながら女性二人を見送りました。

 

f:id:keisolutions:20180604225010j:image

 

 

最近さめ(id:nemurenai-same)が珍しく自撮り写真をわたしに送ってきたのですが、写真写りが悪すぎて笑いました。

 

実物は美人なんですよ。かなりのね。しかもスタイルも良くて頭もいい。でも写真写りがここまで悪いときついなと思って、わたしの最高の自撮り写真を送ってやったところ、「さおたん写真うつりいいよなw」と返信が来ました。ああそうだよ、カワイイはつくれるんだよ。

 

 

……話をザリガニに戻すと(そこまでしか戻さないのかw)、面白いことがある日は、そのあとも連続で面白いことがあるということです。

 

 

そして、ちょっと悲しいことがあった日は、悲しい気持ちが残っているのならさっさと寝てしまうと良いとわたしは思います。寝ると新しくなるんですよ。

 

最近、気持ちの切り替えがとても早くなりました。つい最近も、今日はうまくいかないなーという日がありましたが、いろいろ考えても悲しくなるし、寝てしまおうと思ったんです。

 

「さー、切り替えてこ! 明日は明日だし!」と自分に言い聞かせて目を閉じると、楽しい明日がうっすらと見えました。そのイメージを頼りに眠りの森に入っていきました。森の中に入るとき、誰かが手を引いてくれたような気がしました。

 

 

きっと気のせいです。

 

 

だけど、その日の眠りはいつもより深かったです。

 

 

朝目が覚めると、どこかへ用事をすませに出かける日々です。そのたびに何かしらの命が目の前を横切っていきます。風がふいて、雲が流れて、世の中は理不尽なことばかりで、そうして一日がはじまって、それぞれの命がそれぞれの場所へと吸い込まれていく。

 

決められた場所を持たない自由な一日は、楽しくて、ちょっと不安になる。

 

 

不安の原因をつきとめることをしないままに、今日も一日が過ぎていった。

 

 

それじゃあ、また明日。