接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

セブ島で一人暮らし! 2か月経過してお部屋はこんな感じです

スポンサードリンク

今週のお題「お部屋自慢」

 

 

 

こんにちは、かんどーです。

 

セブ島で一人暮らしを始めて2か月が経ちました。当初は「独房かよ……」「刑務所ですね」という斬新なコメントがついたお部屋。

 

 

www.kandosaori.com

 

 

もうこの時から2か月が経過したんですね。信じられないです。あっという間だった……というより、すごく長かったです。なんでしょう、時間の流れがゆっくりだからかな。

 

日本は平均寿命が80年くらいで、フィリピンは60年くらいなんですけど、体感寿命としては同じくらいなんじゃないかなという斬新なアイデアを今、思いつきました。そう、寿命って長さだけでははかれないんですよ。(なぜか偉そうw)

 

 

さて本題。

 

2か月生活して、わたしのお部屋がどのように変わったかをお伝えします。百聞は一見にしかず。まずはお部屋の写真をどうぞ。

 

黒いモノは大きな飲み水のタンクを立てて、飲みたいときにチャーっと出せる器具なのですが、最近部屋にあまりいないので、飲み水のタンクをまだ買っていません。すごく便利な器具なので、取り付けたら紹介しますね~! これぞ南国! って感じの道具ですよ。


f:id:keisolutions:20180523221719j:image

 

続いて作業スペース。

 

ここもほとんど変わってません。テーブルクロスはまめに洗濯しているので、飲み食いしてもいつもきれいです。本を2冊と電気ケトル、それ以外は置かないというのがわたしのルールです。冷蔵庫も小さいけど元気に活躍してくれています。 

そろそろ椅子の上にやわらかいクッションを置こうかなと思っています。


f:id:keisolutions:20180523221734j:image

 

洗面所。ここはもう少し片づけたいですね。どんぶり、マグカップ、歯ブラシ、スポンジ2種、化粧品、ハンドソープなどが置いてありますが、ごちゃっとしていてちょっと見苦しい。もう少し減らすか、一回ごと棚に収納するかしようと思います。

400円くらいで買った鏡はお気に入りです。


f:id:keisolutions:20180523221759j:image

 

 最後にお手洗い&シャワー。

 

ちょっと放っておくとすぐ汚くなりますが、毎日使って毎日ブラシでこまごまそうじをすればちゃんとキレイ。排水が詰まりやすかったり、トイレが流れなかったり(毎日シャワーの水で流してますw)しますが、慣れると気になりません。むしろ無駄なお水を使わないので水道代が安い!

トイレのタンクの上に、シャンプー、トリートメント、ボディソープを置いていますが、ごちゃっとしています。今は「どれが自分に合うか」を試している期間なので仕方ないですが、「これを使う」と決めたら半分になります。大体決まってきたので、今使いかけているシャンプーを使い切ったら、モノがかなり減ります。


f:id:keisolutions:20180523221828j:image

 

 

 ……という感じで、セブ島で一番のミニマリストを目指して生活しています。

 

とは言え、わたしのお部屋は屋台のストックを置いたりしているので、棚の中はキッチンペーパーや紙コップで一杯だし、小麦粉をストックしておくコンテナなんかも置いているので、実はそこそこモノが多いんですよ。

 

それだけに、私物は極限まで少なくしたいところ。

 

定期的に部屋の写真を撮ってアップすることでモチベーションが上がるので、これからも定期報告したいと思います!

 

お部屋、なかなかきれいでしょ? 実は前回の報告以来、一度も虫が出ていないんですよ。きれいに住もうと意識すれば、それなりにやれるものだなあと実感しています。(お菓子食べてそのまま片づけないで寝たりしたらすぐ虫出ますよ! ほんとにきちんとしないとダメ!)

 

 

唯一の問題は、部屋を一歩出た廊下が、なかなかのカオスだということです。。

 

 

Gの死骸にアリがむらがっているのなんて普通にあるし、ネズミの死骸もあるし、ムカデも。。週に2~3回それらを見かけるって感じです。忙しいのでいちいち構わず、わたしの部屋の前だったら瞬殺で溝にスコーン! と落として捨ててるけどね。。いちいちそこに心を割かないのが、ここで生きるノウハウのひとつではないでしょうか。。

 

恐怖心をいちいち引っ張り出していたら、生きていけません。

 

強く生きなくては!

 

わたしのお部屋自慢でしたっ!

 

 

それじゃあ、また明日!