接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。販売、経営、その他あけすけな話を更新します。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

少食は胃腸を助ける話

スポンサードリンク

 

 

こんにちは、かんどーです。

 

わたしは余分なものを食べない生活です。……と書くとストイックだとか、ダイエットだとか言われるのですが、ちょっと違います。

 

 

このブログを長く読んで頂いている方はご存知かと思いますが、わたし一時期仕事詰め込みすぎて慢性胃炎になっています。

 

横になると胃の中のものが上がってくるから横になれない。食べられない。水を飲むのもつらい。仕方なく仕事終わりに点滴打ちに行ってました。

 

その時期を経験してから、「横になるとオエッとなる感覚」がトラウマなんですね。。

 

たとえばチョコレートだって板チョコ一枚を一気に食べたら胃もたれするし、アイスも調子に乗って二個食べたら翌朝~昼くらいまで胃もたれする。

 

 

もうわたし外食無理じゃねえ?   って半ばやさぐれてた時期にわたしを助けてくれたのは「美味しい」という感覚でした。

 

・喜多方ラーメン坂内のラーメン

・専門店の蕎麦

・タイのグリーンカレーチャーハン

・タイのカオマンガイ

・フィンランドの魚のスープ

・フィンランドの「マッカラ」(ソーセージ)

 

 

これらのものが好きで、これを食べるときは胃弱のことを忘れて、うーん美味しい!   とシアワセを感じました。

 

美味しい>苦しい   になった瞬間ですね。

 

あと、旅に出たときは、意識して食べるようにしています。最近だと大阪行ったときはよく食べてますね。「神座(かむくら)」のラーメンもきれいに完食できました。ごちそうさまでした。(これ美味しいね!)


f:id:keisolutions:20180312062405j:image

 

前回までは、大阪と言えば「ニューライトのカレー!!」と大騒ぎしていたし(三日連続で行きましたね)、大阪の食べ物はなんというか、食が進む感じがあります。


f:id:keisolutions:20180312062532j:image

 

 

かつては「少量でも良質のタンパク質が取れる食材はないものか」と考えに考えた結果、昆虫を食べるという暴挙に出ていますが(これは今もひそかに継続中……誰も巻き込まないけどw)、今は虫ばっかりじゃなく、いろいろ食べられるようになってきました。

 

 

それでもまだまだ少食だよなあと我ながら思います。

 

 

感覚として、一日の中で12時間、胃をからっぽにして休めたいんですよね。わたしの生活だと、晩ごはんを食べ終えるのが22時くらいになるのですが、それなら翌日の正午くらいまでは何も食べなくていいよねって感じです。

 

簡単に言うと「朝食抜き」。

 

これは楽ちんです。そして「朝食抜き」した状態でたまたま仕事が忙しいと、そのまま「昼食抜き」になり、約24時間の断食となります。

 

もちろんその日は夕飯好きな物食べます。でも、その状態だと胃が小さくなってるので、結局そんなに食べられないんですよ。

 

 

実は風邪なども、半断食状態にすることで、消化に使うエネルギーを治癒に回せるため、断食によって早く治ります。(あくまでわたしの場合です!)

 

 

たくさん食べるのは元気な証拠だし、いいことだけど、ある程度歳を取ったら、少し控えめくらいの方が良いかもしれないです。

 

食べすぎた翌日、朝食抜きをするところから、試してみてください。つらくなければ向いているということです。

 

それじゃあ、また明日!

 

 

 追記

4月16日現在、朝昼飲まず食わずで夜いきなり、ハンバーガーとビールとフィッシュ&チップスを食べただけで超絶胃もたれしました。。

 

やっぱり、小食が快適みたいです。。もう無理せず頑張ります。