接客業はつらいよ! 人生はチキンレース! あけすけビッチかんどー日記!

接客業歴15年のかんどーが綴る、あけすけな日記。人生はチキンレースです。一歩引いた方が負け。たまに小説を書きます。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

コンパクトな成功の量産で、未来に希望を持とう

スポンサードリンク

 

 

全国のスティーブ・ジョブズにあこがれるみなさん、こんにちは。

 

凡人の、かんどーです。

 

今日の記事は「成功するために必要なこと」をまとめたものです。しかも「凡人が、ちょっと一生懸命がんばるだけで成功するために必要なこと」です。スティーブ・ジョブズやホリエモンやひろゆきを見ていても凡人にはどうしようもないことがあります。

 

 

夢を見るな、現実的に考えよ

彼らはね、神様からギフトをもらって生まれてきたと思ったほうがいい。もう、そう割り切ってしまった方がいい。

彼らが書いた本や彼らの言葉を反芻することはとても良いことですよ! わたしもそれはやります。でも、ビジネスのやり方としては、彼らの方法をそのまま真似はできない。基本的な能力値が違っているので「無理」。

 

ああいう「世の中を変えてしまうようなビジネス」でもって大成功を手中に収めることは確かにすごいのですが、もっと「自分にもできそうな成功」を着々と積み上げていった方が、たぶん幸せに近づけます。

 

 

コンパクトな成功の量産

わたしは、コンパクトな成功の量産を提唱します。

 

コンパクトな成功というのは、「軌道に乗せたビジネス」の数で勝負しようということです。たとえばわたしなら、

・飛び込み営業で誰にも負けない成績を残せたこと
・人材派遣会社を起動に乗せたこと
・会社経営の中で、営業の部分はだいぶ自分が担ってきたこと
・販売の現場において、一定以上の成果を残せたこと
・苦手だったマネジメントが、仕事として成立するレベルまでできるようになったこと

こうまとまります。

 

どれも、一つ一つでは「一生食べていけるスキル」だとはとても言えません。しかし、何か別のスキルと組み合わせれば、かなりの強みになるのです。

 

f:id:keisolutions:20180329192619j:plain

 

 

わたしが、「コンパクトな成功を量産しよう」というのには理由があります。

 

たとえば、「販売」の仕事だけで食べている人(「販売」の仕事が成功している人)は、もしも「対人」という販路がなくなった際、仕事を丸ごと失うことになります。そうなったら、新たな技術を一から積み上げ直し……それはキツいですよね。

 

しかし、例えば「販売」+「英語」のスキルがあればどうでしょう? 「英語」のスキルを活かして別の仕事、たとえば訪日外国人の需要に応えるビジネスで食べていけるのではないでしょうか。

 

わたしの場合は、「販売」+「営業」のスキルだけを持って起業しましたが、この二つってよく似たスキルなんですよ。だからもう一つ違う側面のスキルが欲しかったんです。

 

なのでわたしは「マネジメント」と「英語」を身に付けました。(英語はまだまだかも知れませんが、全然話せないわけではないので自分的には「使える」と思っています)

 

そして、今は趣味としてやっていますが、着物の着付けや音楽、イベント運営、海外旅行、スポーツなどもスキルの一つに育て上げようかと考えています。ビジネスと相性が良い趣味から順番に昇華させているので、すべてビジネスに結びつけられるかは微妙ですが。

 

ただ、これは一つ言えることなのですが。

 

自分が好きなことをしていると、会う人の質が高いんですよ。好きなことをしているときって、プラスのエネルギーが出ているんですね。だから、自分に合う人と出会える率が高いんです。

 

そうやって楽しみながら、仕事へ昇華させていくものを決めていけば良いのではないかなあと思います。

 

 

成功って何?

ここまで書いて来ましたが、「成功」の定義は何? ということについて明確にします。

 

成功とは、そのスキルによって誰かが幸せになることです。

 

あなたでなければできないこと。
あなたがそれをすることで世の中が少し明るくなること。
あなたがそれをすることで、人に影響を与えることができること。
あなたがいて、誰かが幸せになること。

 

それこそが「成功」であるとわたしは考えています。成功の定義は、いくら稼いだとか、有名になったとかそんなものじゃない。もっとずっと深く、人の心を温かく包んでくれるものだとわたしは思っている。

 

経営者が「立ち上げはドタバタして、いざ成功してみたら空虚な世界が広がるだけだった」という話を聞いたことがありませんか。わたしはあれが一番怖いです。せっかく勝ち取りに行って得た世界が空虚なんて嫌だよ。

 

そこで、コンパクトな成功を量産して結び付けるが生きてくるんです。


わたしにとっては、日本の会社もセブでの飲食店も、そしてこのブログも「成功させたいもの」。全部繋がっていく。というか、一生懸命やっている者同士って、必ずどこかで交差するんですよ。 

 

 

さあ、コンパクトな成功を量産しよう! 

思い出してください。あなたの人生で、人を幸せにできたことがどのくらいありますか。

 

たまたま学園祭でやった屋台だとか、たまたまバイトしたバーでの仕事だとか、たまたまやってみた結婚式のムービーづくり。いろんな経験や体験がありませんか。部活で得たものだとか、地域活動、社内行事。あるいはネットで誰かにした助言。

 

 

全部、コンパクトな成功の種。大切な種。

 

 

わたしにとっては、すでに成功していると言えるのが日本の会社。販売、営業。そしてこれから成功させていきたいのが英語、飲食業、海外での飲食業、国民性に合ったマネジメント。あとは文章を書くことも生かしていきたい。

 

 

ほんとうにたまにですが、わたしのブログを読んで影響を受けたという人に会うんですよ。メールでお礼を言われることも。こちらとしては好きなことを書いているだけなので、えええ、嬉しいです! と思うのですが、読んでくださる方がいて、その方の人生にちょっとだけ影響を与えることができたのなら、これは一つの「成功」なのではないかと思っています。 

 

 

今日書いたことは、そのまま「副業で新しい人生を切り拓け」とも言えるんです。

 

 

わたしは一つの仕事だけに自分を閉じ込めるつもりはありません。成功したなと思ったら次へいかないと気が済まない。

 

だってわたしは、会社でもなんでも、どうやらコンパクトな成功までしか行かないらしいから。これはその人の持ってうまれた器と関係してくると思っていて、今回の人生ではわたしは「大成功」は難しいかなあと思っています。

 

でも、勝ちたい。

 

だから「コンパクトな成功」をいくつもいくつも量産して、それらを線で結びたいんだ。空を埋め尽くす星をむすぶと星座ができるようにね。

 

 

どうだ、今日の締め、かっこいいだろ。

 

 

それじゃあ、また明日!

 

 

 

本日のBGM

Vladimir trio Shafranov “Moon And Sand”

 

 

追記

昨日は指が動くままに3記事更新しています。読み飛ばしてしまった方のために昨日更新した記事を貼っておきます。お時間のあるときにどうぞ☆

 

朝更新したまじめな記事。

www.kandosaori.com

 

 夕方更新した、ちょっと怖い話。

www.kandosaori.com

 

 その直後に更新した、わたしの本音。

www.kandosaori.com