接客業はつらいよ! あけすけビッチさおりたん日記!

さおりたんは現代に生きる、不器用なジャンヌ・ダルクです。貞操観念はありません。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

大阪のたこ焼きバー「モッペン(MOPPEN)」で修業してきました!

スポンサードリンク

 

 

こんにちは、かんどーです。

 

わたしは来月からセブ島でたこ焼き屋さんになります。これはガチです。実際にはアレンジレシピで出すから、たこ焼きと言い切って良いのかアレなんだけど、あの鉄板を使って、丸っこい粉物を作るというところまではたこ焼きと同じです。

 

それで、わたしはたこ焼きを焼いたことがなかったので、1月、大阪に滞在してたこ焼きを焼く修行をさせてもらいました!

 

修行させていただいたのは、MOPPEN(モッペン)さん。大阪の西大橋にある、たこ焼きバーです。場所はちょっとわかりにくいかなー。

 

ここです。

 

f:id:keisolutions:20180115212816j:image

 

 

さて、モッペンのたこ焼き!   画像はお店のツイッターからお借りしました!(許可済み!)

 

モッペンのたこ焼きは、中玉(小さめのたこ焼き)でフワトロ。中がトロッとやわらかくておいしいのです。そして、トッピングも豊富で、たこ焼きを使ったグラタンなどのメニューも豊富! 盛り付けもきれいで「たこ焼きバー」を満喫できるお店です。

 

f:id:keisolutions:20180115210812j:plain

 

店内には落ち着くテーブル席が二つと。

 
f:id:keisolutions:20180115210320j:image

 

おしゃれなカウンター。小さなお店です。アメリカンな内装で、たこ焼きの持つアットホームさと、バーらしさが同居する不思議な空間。


f:id:keisolutions:20180115210337j:image

 

 

さて、今回はわたし、ここで修業をしてきました。その様子を少しだけお見せします。まずはたこ焼きを丸くふんわり焼く、基本中の基本を教えてもらいました。 

 
f:id:keisolutions:20180115213448j:image

 

少し慣れてきたので、鉄板を二面使って、倍の量のたこ焼きを一度に仕上げる練習をしました。タコは入れず、ちくわを入れて練習しています。ちくわでも充分美味しいんですよ! 魚介のうまみがダイレクトに伝わるから、まずいタコを入れるよりちくわの方がおいしい。

 

もうちょっと言うと、チーズ入れると超美味しい。



f:id:keisolutions:20180116124823j:image

 

このお店は、オーナーさんも店員さんも女性です。話すと面白すぎる方なので、腹筋崩壊注意。

 

修業は常時承っているわけではないと思います! 今回わたしはこのお店を紹介していただいて、無事修行させていただくことができました。

 

もう、紹介してくれた方にも、モッペンさんにも、感謝感謝感謝です。

 

フワットロのたこ焼きが食べられるので、お近くの方はぜひ行ってみてください! 営業時間は18時からですっ!

 

 

追記

明日は、西成についての記事を書きます。

 

 

それじゃあ、また明日!