接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

バカがする生活、生理前のわたしは限りなくバカである

スポンサードリンク

 

 

生理前ってヒドイんやで。あえてな、今生理前やないうちに今この記事を仕上げとくで。参考なるとこだけ参考にしてや。

 

 

「生理前ってイライラしはるんやろ?」
「生理前って食欲旺盛なるんちゃうん?」
「生理前言われてもようわからんわ」

 

 

 

男も女にも、こないに気楽な人はおる。その人たちが悪いわけやあらへん。ただ、当事者からするとなんとなく「わかってくれへんのやなあ」って寂しなる。

 

むしろ「全っ然わからんわ、ごめん」言われた方がいっそ良いんかもしれん。ホンマにわがままやな。でもこういう閉塞感のなかで女は生きとるんや。

 

 

 

昔、根は優しいんやけど、えらい察しの悪い男がそばにおって、生理前でイライラしとるウチをいきなり抱きしめてきたことがあってな。

 

f:id:keisolutions:20171011135638j:plain

 

 

たぶん、こういうのをイメージしとったんやと思う。生理前不快症候群、PMSを「抱きしめたら治る心の病気」と、なめてかかっていたんやろな。その底の浅い考え方と、「女の病気なんて気持ちの持ちようやねん」みたいな舐めた思考にウチ、腹が立ってん。

 

ウチはその場でその男を突き飛ばして「出ていきや!  戻ってくんなし!」と叫んで、その後二度と会うこともなかったんや。

 

 

バカになるぅ

生理前のわたしは、限りなくバカやねん。先日も、通い慣れた職場へ行くのに反対方向の電車に乗ってしまい、始業ギリギリに到着した。(こんなこともあるので常に40分前行動をこころがけている、良かった)

 

その翌日は、自宅のカギを忘れてしまい、オートロックが開けられず「カギを忘れた子」そのものの気まずい顔でオートロックの前に立ちつくしていた。オートロックさえクリアすれば、自室に入る方法はあったので、結局管理人さんに開けてもらった。

 

サイゼリヤでミラノ風ドリアを食べてお金を支払おうとするも、財布の中にフィリピンの通貨「ペソ」ばかりで日本円が見つからず、ジャラジャラと全部手の上に出し、焦っていた。しかしよく見たら千円札があったのでそれで払っておつりをもらった。300円程度の会計だったので小銭で払わなければ! と思い込んでいたのだが、千円札で支払っておつりをもらえば良いだけだったのである。

 

 

その翌日、財布の中の一万円札が破れた。お金を取り出す動作とファスナーを閉める動作のタイミングが噛み合わず、一万円札は残念な感じに破れた。

 

 

 一万円札は、銀行で新しいものに替えてもらった。(破れても、ギリギリくっついているとか、欠損が少しなら新しいお金に替えてもらえる)

 

 

バカな生活やけど、まだ生きとるで。

 

もうすぐマジもんの生理前来るさかい、注意しとかなあかんねん。

 

 

あと今忙しいねん。

 

ブログ、あんまおもろいこと書けへんで、ごめんな。もうすぐ「セブの部屋探し編」「セブの休日編」「セブの起業物語」始まるさかい、応援したってや。

 

今日もたこ焼きを食べた、かんどーでした。

 

 

ほな、また。