接客業はつらいよ! あけすけビッチさおりたん日記!

さおりたんは現代に生きる、不器用なジャンヌ・ダルクです。貞操観念はありません。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

英語を学んで悲しかったこと、そしてセブ起業

スポンサードリンク

 

 

5月~6月にかけてフィリピンに留学して、英語を勉強してきました。ほんの少ししか新しい言葉は覚えられなかったけれど、これを生かして頑張ろう! と思って帰国しました。

 

 

だけど、立て続けに英語に関して悲しいことが起こりました。

 

 

詳しくは話せないのですが「あなたがわざわざ拙い英語を話さなくていいよ」と言われました。そのときわたしの中で何かが壊れてしまったような気がします。

 

わたしにとって、言語はあくまでツール。人と人が理解しあうための手段です。正式なビジネスの場ではだめだけど、そうでないならば、誤って伝わることがあっても、話さないよりは話した方が良いというのがわたしの考えです。

 

しかし、「話さなくていい」「きちんと話せる人を使えばいい」「旅行は日本語ガイドを雇えばいい」という意見に押しつぶされまくってしまって、もう全然元気がなくなってしまいました。

 

 

留学なんて、行かなきゃよかったな…

 

 

そんなふうに思ったとき、留学の思い出がひとつひとつ、胸によみがえってきました。友達ができなくて悩んだ2週間、喉がいたくなるほどの排気ガスの街、やけに明るい人々、友達ができて一緒に行った夏祭り……

 

 

夏祭り……

 

 

そうだ、あの夏祭りで、フィリピンの人たちが日本の料理を「おいしい!」って食べているのを見て、わたしはものすごく感動したんだった。留学して一番心が動いたのは、たぶんあの瞬間。

 

「セブでお店をやりたいな」

 

その気持ちがとても強かったのを思い出しました。

 

 

すぐにまたセブに行くチケットを取り、先日一週間セブに行ってきました。セブで起業した人の話を聞いたり、一緒にビジネスをやってくれる仲間と話をするためでした。

 

 

結果、わたしの気持ちは「セブでお店をやる」に決まりました。

 

 

これから乗り越えなければならない壁はたくさんあります。その中には英語の問題もあるけれど、正直英語の問題はものすごく小さなことで、そんなことよりセブ独特のルールであったり、飲食店をやる上での法的なことであったり、マネジメントであったり、そういう一つ一つが何より大変です。やる前から、ものすごく大変な仕事だと思っています。

 

だけど、絶対にやります。

 

 

セブに飛んでいろんな人と話をしていたら、英語を学んで悲しかった気持ちなどどこかへ行ってしまいました。それより、動かなきゃと思っています。

 

「お前暇なの?」

 

と言われるかもしれませんが、そんなにヒマでもないんです。日本ではフルタイムで仕事をしています。それでも、一週間なんとかセブに飛べた。

 

 

来年は、日本にいるよりセブにいることが多い一年になりそうです。

 

 

いろいろ未定なんだけど、ただ一つ決まっていることは、わたしはセブで働くっていうことです。

 

 

自分が納得できる生き方をしたい。そのためにできることを、地に足つけて一歩ずつやっていきたい。地に足をつけていても、大空を見上げる気持ちを絶対に忘れずに。

 

 

わたしの職業経験のはじまりは、立ち仕事である工場の仕事とコンビニバイト。その後女性しかできない仕事をしました。大抵のつらさは乗り越えてきました。当時は

 

「デスクに座ってする仕事に就きたい」

 

と、まるで座ってする仕事が偉いように勘違いしていましたが、そんなことはないと最近気づけました。立っていようが座っていようが、心がきちんと正常に感情を持っていて、相手の気持ちを理解する余裕があって、商売をする気概があって、頭の中にしっかり自分のやりたいビジネスが描けていれば、それでいいんです。

 

むしろ、立ってする仕事のほうが健康にもいいし、頭に血が回る気がしています。人によると思うけど、わたしは立ち仕事をしているときのほうが頭がよく回ります。ADHDの人はそういう人多いんじゃないかな。

 

立ち仕事だと自然に足が鍛えられるだけでなく、健康に気を配るようになるし、休みの日も足腰を鍛えようという意識が働いてジョギングしたりジムに通ったりする。結果として健康になって、仕事中もいつも元気! いいことずくめ!

 

 

話がとっ散らかってますが、要はわたしは「日本で英語を使ってする仕事」ではなく「セブで英語で飲食店をやります」ということです。

 

応援してくれなんて言えないですけど、詳細が決まったら食べに来てくれたらうれしいです。セブの中でも安全と言われている場所でやるつもりですので、良かったら来てください。

 

安全なホテルとか、利便性のいい場所とか、聞いてくれたら答えます。おすすめのお土産とか、おいしいお店とかも、ある程度答えられます。

 

 

セブ島は、セブシティにいればアジアの雑踏。ちょっとバスに乗ればマリンスポーツのメッカです。ダイビングにシュノーケリング。トロピカルな島です。

 

f:id:keisolutions:20170611083916j:plain

撮影:かんどー

 

 

最高すぎる場所なので、ぜひ遊びにきてください!

 

f:id:keisolutions:20170611082229j:plain

映っている人:かんどー

 

 

それじゃあ、また明日!