接客業はつらいよ! あけすけビッチさおりたん日記!

さおりたんは現代に生きる、不器用なジャンヌ・ダルクです。貞操観念はありません。お問い合わせはsaori0118ai2あっとまーくやふーめーるまで。

8月中に「積ん読」をばっさり減らしたい

スポンサードリンク

 

 

「あとで読もう」

 

そう思って積んである本ってありませんか? わたしはここ最近、すいている電車で座って通勤しているため、往復の時間に結構本が読めます。なので常に2~3冊は文庫本をストックしてあります。

 

行きの電車で読み切ってしまったときのために、常に2冊持ち歩いています。

 

ただ、ここ最近周囲にいろいろ変化があって、通勤の間にメールでのやり取りをすることが劇的に増えました。本を買うペースは変わらないので、気づけば「積ん読」が10冊以上に…

 

これはまずい。

 

何がまずいって、読書ペースが落ちること。わたしは読書を始めたのがわりと最近なので、好きな作家さんの新作を読む以外にも、読んだことのない作家さんの本も読みたい。名著と言われている本には全部目を通したい。そして、ミステリーの根幹となる古き良き作品も、死ぬまでに全部読みたいと思っている。(めちゃくちゃ数があるからこれはできるか自信ない、けど読みたいっ!)

 

 

なので。

 

読書ペースをちょっと巻き上げたいと思います。

 

ブログ書く時間ちょっと減ります。更新のない日があっても心配しないでください。本を読んでるだけですw

 

ちなみに今読んでるのはこれ。夏はホラーっしょ。
期待したとおりに怖くて、いい感じ。短編だから通勤で読みやすいし。
 

黒い回廊 (集英社文庫―阿刀田高傑作短編集 あ13-9)

黒い回廊 (集英社文庫―阿刀田高傑作短編集 あ13-9)

 

 

 

毎日更新をずーっと頑張ってきたけれど、ここで自分の気持ちや周囲に起こったことを書きすぎてしまっている気がする。今わたしが本当に書きたいのは、まだ世の中に無い物語。そっちに注力する日々を、少し送ってみようかな。

 

ブログにしか書けないネタ(漏らしてしまったとか)は必ずあるので、ブログをやめるとか、適当に書くとかはないです。そんなんできるほど器用じゃない。

 

 

とりあえず、ご報告まで!

 

暑い夏こそ、読書でしょ!

 

 

それじゃあ、また明日!