接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

わたしがブログ以外に文章を書いている場所

スポンサードリンク



こんにちは、かんどーです。


最近ブログに気合い入ってないぞー! と思っている人がいるかもしれないので、弁解まじりに紹介しておきます。最近こちらに参加して、記事を書いています。

記事というか書評というか、とにかく「熱量の高い文章」を書く場所です。アツい文章が求められます。熱量が足りないとホームページには掲載されません。ボツみたいな感じです。


わたしもこれまでにいくつか書きました。ホームページに掲載されたのは4つ。リンク貼っておきますので、興味がある方は読んでみてください。(性体験の記事が一番わたしらしいかも)



大学を出ておらずアルバイトをすぐクビになるので、生きるために起業した話《リーディング・ハイ》 - 天狼院書店

 

ねじ曲がった性体験を持つアラフォー女が純粋にときめいた、キレイな官能小説《リーディング・ハイ》 - 天狼院書店

 

わたしの趣味は「虫を食べること」です《リーディング・ハイ》 - 天狼院書店

 

死にたがっていた二十代のわたしが坂口安吾の「いずこへ」によって今も生かされている話《リーディング・ハイ》 - 天狼院書店

 

 

どれもかなり熱量込めて書きました。人に自分がおすすめしたい本を読んでもらうって、ものすごく大変なんだなと思いました。


もともとわたしは書評を書くのがとても苦手で「面白かった!」とかしか書けないんですね。。でも、ここで書いているときは、その本のことで頭がいっぱいになって、熱量高い記事が書けた気がします。


ブログだけ書いていたときと比べて、今はここで書いているのと、ライフワークで小説を書いているので、少しブログの熱が下がってしまったことが、わたしにも、読んでくださっている方にも伝わっていると思います。


でも、それでも毎日書こうと思います。「何も書かなかった1日」が絶対にないようにしたいんです。わたしは弱いので、1日書かないと翌日も書かないです。そして書かないまま死んでしまうと思うので、どうしても毎日書かなければならないんです。

たとえこの命尽きようとも……(大げさ)


f:id:keisolutions:20170309232311j:plain



とにかく、書く量(ボリューム)だけは減らさずにがんばっていきます。それしかないから。


それじゃあ、また明日!



★今日の過去記事★

なんだかんだ、ブログ書くのが好きなんです 

www.kandosaori.com

 

プライベートも充実してますよー

www.kandosaori.com

 

なんだこの記事www

www.kandosaori.com