読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

株式会社はてなさまへ ブロガーを大事にしてください

ブログ論



株式会社はてな御中


ご存知のことと思いますが、現在、アクセスが安定していて読者を持っているブロガーが、軒並みライブドアブログに引き抜かれています。

これは、当然の流れです。

はてなブログという場所は、どうしても意見交換が激しいので、ネット慣れしていない人、忙しくてブクマのチェックなどが難しい人、ネガティブなコメントに対し落ち込んでしまう人には不向きな側面があります。


同じくらいデザインが良くて、雑音少なく書ける場所があるのなら、そちらへ行くのは当然の流れかと思います。(わたしははてなさんを離れません。何なら働きます。京都でも良いですよ)


f:id:keisolutions:20170215000241p:plain




これからのはてなさんには、ブロガーを大切にしてほしいと思います。


規約違反をしたからアカウントを非公開にしたり、そういうルールももちろん必要だとは思うのですが、できるだけ事前通知ありでお願いしたいです。ブロガーには、感情のままに書いてしまうことがしばしばあります。


それから、なるべく多くのブロガーをトップページで紹介してほしい。今のトップページもブクマカ的にはツッコミどころ満載だし面白いんですが、どうしても偏りを感じます。ブロガーたるもの、ここ一番の記事をアップした時は、なんとかして注目されたい! と思うはずなんです。それがかなわないことによって、過激な記事を書いてしまうという悪循環もあります。

年に1度か2度で良いから、すべてのブロガーがトップページでスポットライトを浴びられる……そういう世界は無理なものでしょうか。



やり方として、例えば。


・渾身の記事が書けたらそれを運営側へ伝えて、運営OKだったらトップページに載せる(1アカウントにつき年に2回までと決める)
・「新着ブログ」はトップページで機能させる(あそこから読みに行けるのは面白い)
・そのとき波に乗っているブロガーさんに、波に乗ったときはこういう態度でもって更新を続けてください等アドバイスをする


こんな感じの取り組みだけでも、ずいぶん活性化すると思います。そして、渾身の記事がトップページに載ることで、多少なりとも読まれると思うのです。そうすることで、ブログを始めたばかりの人も互助会とかそういうの無しで読者を獲得出来たり、良い循環ができると思うのです。


わたしが危惧しているのは、「読まれたいと思って更新しているのに、なかなか読んでもらえない」ブログがまだ数多く存在していることです。


わたしは本当に運よく、はてなさんが上場する前に、エロネタをバンバン書いて一時的な注目を得、その後も読んでくれている人がいて、今は「届けたい人に届けよう」という自走の状態になることができました。(今は規約を読み込み、違反しないよう気を付けております)


2016年後半に始めたブログに対して、特定のブログを除き、あまりはてなの恩恵がないなあ…と感じております。



万人受けするネタを書ける、社会問題に独自の立ち位置で記事を書けるブロガーは確かに大事です。しかし、心の中にある溜まった澱のようなものをぽろぽろと書いているブロガーも、時に承認されたいと思うはずです。


少しがんばったら報われる、そんなブログサービスになってくれたらいいなと思っています。


余計なことかもしれませんが、はてなで書いている者として、このままどんどんライブドアへ人が流れてしまうのは寂しいです。


誰の目にも留まらないかもしれないですが、書いてみました。
よろしくお願いします。


m(_ _)mペコリ

follow us in feedly