接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

接客業コラムが更新されました!

スポンサードリンク



ちょっと久しぶりの。

接客業コラム!


たぶんこれが最後かな。(あと一回あったかも…)

g-career.jp

 

 

半年間書かせていただきました。いや~楽しかった!!
合計10本くらい書きました。


接客業のことはいくらでも書けるんだけど、仕事と直結していることだから、かなり気を遣って書いていた気がします。


なんというか、的をはずしたことを言えない、かつ分かりやすく書きたい。接客業の現実を伝えつつ、この仕事に未来を感じてほしい願いを込めて更新してきました。



結果論ですが、文章を書くことを仕事にしたいと思うなら「連載を持つ」のは非常に良いことだと思います。これによって、ただの日常が「ネタ探し」に変わります。普通に仕事していたら流してしまうことも、過去の経験と結び付けてネタにする癖がつきます。


そして、慣れてくると「ネタ探しモード」と「探さないモード」が自由意志で切り替えられるようになるんです。部屋の照明で言うと、オンオフではなくて「寝るとき用の照明と仕事用の照明を切り替える」くらいの自由さと「常に弱くオンではある」継続した性癖? が身につきます。


とりあえず、自分にお疲れさまー! という気持ちです。遅れたり、書けなかったりすることもなく、自分に書けるものがこのくらいだ、という客観的視点が持てたのが良かったです。


わたしは大したもの書けないです。ただ、経験している仕事の量は「現役」と言ってよいレベルなので、ぎりぎりそれを文章に落とし込める最低限の状態、というのがわたし自身の自己評価です。


著しい誤字脱字がなく、文章自体をリライトするほどひどくないというだけです。


「現役接客業ブロガーのかんどーです」というあいさつ文を打つことがもうなくなるのが、少し寂しいですが、次の「書きたいもの」をしっかり書き上げるためにしばらく頑張るです。


それじゃあ、また!

f:id:keisolutions:20161202163142j:plain






★今日の過去記事★


軽めに書いたコラム。

www.kandosaori.com

 

これが書けたのは良かった。

www.kandosaori.com

 

こんなこともあったなwww 意図的に炎上させたのではないか…と書かれたりしたけど、チルさんじゃないのでそんな器用なことできないっす!

www.kandosaori.com