接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

わたしの通ってる美容院の話

スポンサードリンク

 

 

美容院へ行った。


担当の美容師さんが店長になった。女性の美容師さん。わたしは彼女のファンなのでとても嬉しい。




最近髪を伸ばしているので、行く頻度が前より減った。でも髪がパサパサになってきたし、もう少し頻繁に通おうと思ってる。


美容院のトリートメントって、超効果がある。


自宅のトリートメントも効果はあるんだけど、なんていうか、浸透具合がゼンゼン違う。生暖かいお湯の中でチャプ…チャプ…と液体に浸される髪の感覚もいい。今回、美容院のトリートメントで髪が生き返った。


わたしの担当美容師さんは、明るい女性だ。わたしより少し年下だけど、年齢が近いので話しやすい。


一時期、ワケあって彼女の施術を受けられない時期があった。彼女がお店をやめてしまったのだ。事情があるだろうから、深くは聞いてないし仕方ないと思う。しかし、わたしは美容院難民になってしまった。


難民期間中、わたしはある美容院で、男性美容師さんに担当してもらっていた。


その方は、腕がとても良かった。その方の施術を受けた後、周囲に髪型を褒められることが何度かあった。男性ウケがとにかく良かった。


しかし、わたし自身はその髪型になりたかったわけではなくて、綺麗に整ったヘアスタイルを見て、心のどこかが冷めていく気持ちがした。



その思いが頂点に達したとき、わたしは彼女を探した。ネットを駆使すれば、普通に見つかるものだ。少し時間が経ったし、もう連絡して良かろう。久しぶりに話す彼女の声は弾んでいた。

 

 

「かんどーさん!   見つけてくださったんですね!」

 

この電話が繋がった瞬間は、もう心から嬉しかった。泣きそうになってしまい、声が詰まってしまった。口数多く話す余裕は無かったので、早々に


「よ…予約します」


と伝えた。ちょっと遠い美容院に通う日々が始まった。



彼女にやってもらうと何より「楽しい気持ち」な髪型になる。最初のうちはわからなかったんだけど、実は「自分が楽しい気持ちでいること」は、まわりまわって周りの人を幸せにすることなんだよね。

自分が楽しいと、伝播していく。人に気に入られようとするんじゃなく、自分が自分らしく生きることで誰かを幸せにする。大げさだけどそういうことを感じています。



彼女は「会うと楽しくなる」人。そして「自分らしく、楽しく生きられる髪型」を提案してくれていると感じています。女性が自由になることを後押ししてくれているような気持になる。あ、これお店のコンセプトでもあるな(ホームページに書いてある)。ちゃんと伝わってくる。



わたしは接客業をしているのですが、彼女の接客から学ぶことは多いです。お客さんの前でアシスタントに指示を出す時の口調がとてもきれい。


今回も見習うことが多かった。



施術終わり間際、彼女に言われた。



「ウチのスタッフで一人、かんどーさんのブログ読んでるのがいるんですよ」



えっ…



まじですか。




おじいさんの話とかまさか読んでないですよね。感じてなんかいません。 

 


あんなこともこんなことも全部お見通しで、素敵な応対してくださっている、あなたは神ですか。



ブログを読んでいる方がどの方なのか聞きたかったが「今日お休みなんです」とにっこり言われてしまった。あんさん、ここ見てはりますか?←


とりあえず、ものすごく良い美容院です。


お店の雰囲気は明るくて、気持ちがパッと明るくなれます。話さなくてもくつろがせてくれます。お客さんの中には、あまりお話せず、くつろいでいる方もいます。そんなときの美容院は、静かで、優しい時間が流れています。


ヘアケア商品の押し売りも無いし(←でも聞くと良いもの扱ってる)、値段も中くらいだと思う。美容院難民の方にぜひおすすめしたいです。

 

炎上系ブロガーじゃなかったら、サロンのリンク載せたいんだけど…

 


興味があるかたは個人的に聞いてください(;^ω^)   普通にどこなのかお伝えします。満足度高いです。幸せになれるよ。




今回は奮発してヘアオイルを買ったんだけど、これもすごく良かった! 髪の毛がツヤツヤになって、良い香りがする。加齢臭も隠せます()



f:id:keisolutions:20170127235643j:plain

 


いつもありがとうございます。これからもお世話になります。



良い美容院に巡り合うと幸せになるよ…というお話でした。


それじゃあ、また明日!



★今日の過去記事★


以前、こんなブログを書いた。ここで書いてる女性の美容師さんというのも彼女です。 

www.kandosaori.com

 
この髪型にしてもらったのもこの美容院。 

www.kandosaori.com

 

この雑誌読んだのもこの美容院。

www.kandosaori.com