接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

危険ブロガーは16歳のころからすでに超! 危険な世界にいた

スポンサードリンク



こんにちは。


昨日、またしてもすごいブログ記事がアップされました。はてな界隈の人なら知っている人も多いでしょう。きよねこさん。

 

f:id:keisolutions:20170117233641j:plain

 



正直、絡みに行くことはあまりおすすめしません。彼の機嫌が悪いときに変なことを言ってしまうと、言葉尻を捉えられ、叩かれる可能性があります。

 

うまく話ができると、猫のように「にゃー」と返してくることもあるのですが、確率は半々です。



彼の書く世界は壮絶。

 

本人は文章に自信が無いと言っていたけれど、いや、それがいいんだよと強く思う。

 

彼の記事には、飾りのない生々しい言葉で「現代の闇」が描かれている。

 



タイトルからしてもう、ありえないでしょ? 

「復讐掲示板で知り合った人たち…私が復讐者の代わりに復讐する」

ですよ?

www.catkiyo.com



少々長いですが、東洋経済オンラインの、鈴木大介さんや中村淳彦さんの書く記事が好きな方にはたまらないと思います。(お二人とも、現代社会の闇、貧困や風俗嬢が搾取されることなどを体当たりでルポしています)


闇金ウシジマくん、ギャングースなどが好きな人にも読んでほしい。


きよねこさんが過去の話を書くと「リアルウシジマくんだな…」「こんな世界があったのか…」というブクマが付きます。まさにその通り。16歳のころの体験談というのにも驚きです。。

 

記事中で、まだ10代のきよねこさんが復讐掲示板で知り合った相手と実際に会う描写がありますが、物腰柔らかく、しかし暴力がすぐ近くにあるきよねこさんの言葉が、一つ一つ怖いのです。

 


自分の人生では体験できないことを疑似体験するのもブログの醍醐味。


ある意味今一番恐ろしい記事を書けるブロガーかもしれない。きよねこさんの過去の話は、尽きるまで聞きたいと思う。

 

よく揉め事を起こすけれど、彼の本心は一体どこにあって、どこへ向かおうとしているのだろうか。

 

わたしには、彼のことがわからない。記事を読むほどに、わからなくなる。ただ、どこか生きる切なさみたいなものを感じる。刹那的すぎて悲しくなる。

 

文章の技術云々を抜きにして、ガッツリ引き込まれる記事でした。ブログの魅力って、こうだよなと思わされた。



それじゃあ、また明日!



★今日の過去記事★

実はわたし、きよねこさんに会ったことがあります。

www.kandosaori.com

 


前回の神記事もブログで紹介しました。

www.kandosaori.com



わたしは闇金ウシジマくんが大好きです!

www.kandosaori.com