読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!

昭和のメスの生き残りとして、ぎりぎりまで足掻く35過ぎ、おんな盛り。特技は人を愛することです。継続性はございません。

【旅ブログ5日目!】アンコール・ワットの静謐な美しさに心癒される

スポンサードリンク



こんにちは、かんどーです。


旅ブログ、まだまだ続いてますw


これからアンコールワットマラソン走るし、陸路国境越えが残っています。クライマックスはまだ先だけど、この日も全力ですw


旅ブログ5日目! アンコール・ワット観光です!

 

盛れてない写真を載せる勇気ェ…

f:id:keisolutions:20161202163030j:plain


ザ・観光地。


f:id:keisolutions:20161202161950j:plain


ナーガかっこいいお(*´ω`)


f:id:keisolutions:20161202162040j:plain


アンコールワットを見たらテンション上がるに決まってる!


ガイドさんと❤マークを作ろうとしたけど失敗するの図。わたしは身体がやわらかいので、横に倒れると角度がつきすぎるのです。人と合わせてポーズをとるのが地味に苦手ですw
※ガイドさんとは何もありません


f:id:keisolutions:20161202163153j:plain


とても仲良し!

f:id:keisolutions:20161202163142j:plain






遺跡内へ入ります。

ここへ来るまでの間も、壁画に描かれている物語をたくさん説明してもらった。午前中にアンコール・トムで見た壁画とつながっているストーリーがあって、なんだか楽しかった。


f:id:keisolutions:20161202164622j:plain


ここで何やら不思議な声が聞こえてきました。かなり響く声。
 
「ハァ~~ホンジャマカ~~★※△■◎!! ※★△◎!!」

目を送ると、観光客に対し、若いお坊さんが祈りをささげていました。腕に赤い糸を巻き付けて、そのあと水をかけている…? オレンジ色の服を着ているのが、若いお坊さんです。ふだん、女性はお坊さんに触れてはいけない決まりです。でも、この祈りのときは観光客にちょっと触れてる。


f:id:keisolutions:20161202165417j:plain



ガイドさんに聞くと、これはおまじないだそうです。良い結婚ができるように、また、良いことがあるようにと願うのだそう。※ガイドさんは未婚とのことでした


興味があったので、やってもらいましたw


呪文をとなえながら、腕に赤い糸を結んでくれるお坊さん。15歳くらいかな? とっても美形な方でした。かっこいいお(*´ω`)

f:id:keisolutions:20161202165319j:plain



ずっと呪文を唱え続けながら、手元に集中して、赤い糸を何度も結んで編み上げてくれます。手早いけれど丁寧な所作に見とれてしまいました。きれいな声だお(*´ω`)

f:id:keisolutions:20161202165326j:plain


結びおえると、お坊さんが姿勢を正します。


ここでガイドさんに「いま、祈って!」と言われたので手を合わせて祈ります。浮気してごめんね、ガイド氏。なんとなく目を閉じて祈りました。すると、前から水が飛んできました!! ピッピッと、少量ですが、とても清廉な水のような気持ちがしました。水、顔射。


(カンボジアにまたすぐ来られますように…!)


f:id:keisolutions:20161202165338j:plain



わたしの祈りは、かなうかな?

 

気持ちの「寄付」を箱へ入れて、おしまい!



ツアーはまだ続きます。高いところへのぼる遺跡、「第三回廊」へと向かい、少し劣に並んで急すぎる階段を上ります。かなり疲れますが、ここはのぼるべき。(疲れ切って、上らずに下で休んでいるツアー客も多かったけど)

f:id:keisolutions:20161202165626j:plain


のぼり切ると、そこには絶景、アンコールワットを四方に見渡せるすばらしい景色が。


f:id:keisolutions:20161202171820j:plain



遺跡の多くは、一部が欠けていたり頭部がなかったりします。むしろ、完成形のものは修復されたものであることが多いらしい。色の黒い、古い遺跡に価値があるのだそう。

素人目には、見てもわからないですが…


f:id:keisolutions:20161202171628j:plain


ぐるり一周回るだけで至福。


f:id:keisolutions:20161202171652j:plain


ここ、ガイドさんはのぼりません。下で待っています。
見つけて手を振ったら、笑顔を向けてくれた。うれしい。あたしのガイドさん。

 

f:id:keisolutions:20161202172316j:plain


降りるときは命がけです。。

前を向いて降りるのはとてもこわいため、後ろを向いて、のぼるときと同じ体勢で降りる人多数。


小話
階段が急なのには理由があるそうです。階段の上には神様がいます。のぼるときは神様に対して前を向いていますが、降りるときは神様にお尻を向けることになってしまいます。そうならないよう、あえて急な階段にしたのだそう。そうすればみんな、神様のほうを向いたまま階段をおりるから…。

f:id:keisolutions:20161202172407j:plain


これで、今日の観光は終わりです。

このあと、オプショナルツアーで「夕日を見る」らしいのですが、別料金がかかるとのことで、わたしはここで解散。ツアー会社からお迎えが来て、それに乗ってホテルに帰ることになります。一緒に参加していたご夫婦は、夕日まで見て帰るそう。わたしだけ離脱って感じです。


一日だけど、一緒に過ごした人たちと離れるのはちょっと寂しい。。


アンコールワット付近の芝生。猿がいました。

f:id:keisolutions:20161202174437j:plain


猿は一頭ではなく、普通にたくさんいました。。
観光客の食べているものやカメラを奪ってしまうそうなので、注意してねとのこと。

f:id:keisolutions:20161202174519j:plain


馬もいました。


f:id:keisolutions:20161202174742j:plain



ぼちぼちと歩いて、いきなりお迎えの人が合流して、アッという間にお別れ。あいさつはしたけど、ちょっとアッサリお別れでした。少し寂しかったな。


でも、すごく良いツアーに参加できたなーと思いました。一日通して退屈することがまったくなかったし、疲れもほどよい感じ。夕日まで見に行ったらちょっと疲れていたかも。(ハードなツアーだと、朝日も見て夕日も見るそうです。。)

8時にお迎えに来てくれて、解散は17時でした。お昼休憩は、ごはんとお土産屋さんで2時間。すごくちょうど良かったです。(お土産屋さんのソファで昼寝もしましたw)



この日は、一日ツアー参加でがんばった自分にごほうび。

夜はビール飲みに行きましたw 続きはまた明日!



次回予告

f:id:keisolutions:20161202193211j:plain





それじゃあ、また明日!



★今日の過去記事★

 旅に出た当日! まだ顔が仕事モードだね。

www.kandosaori.com

 

旅に出て二日目! 少しほどけてきたかな? いや、まだだ。 

www.kandosaori.com

 

旅に出て5日目! やっとほどけてきた感じ! 

www.kandosaori.com




このブログは、さおりたんの笑顔をみなさまにお届けするブログとなっております。旅に出たり接客業をしたり、虫を食べたり人生に悩んだりします。

さおりたんを応援してくれたらうれしいな。

これからもよろしくね。