読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

映画「想いのこし」を観た

映画・コンサート・ライブ




こんにちは、埼玉の広末涼子、かんどーです。




移動時間に映画をみてました。


「想いのこし」

www.youtube.com


広末涼子、撮影当時34歳のハズなんですが…ポールダンス姿が美しすぎて驚きでした。(そもそも広末観たくて観始めた)

序盤でたくさん観られるので、これ観るためだけでも、観る価値があります。素晴らしい、美しいの一言です。

f:id:keisolutions:20161020002023j:plain





雑なあらすじ

年齢も事情もバラバラだが仲良しのポールダンサーの3人。(広末涼子・木南晴夏・松井愛莉)彼女たちが踊るお店で働く妙齢の男性(鹿賀丈史)。この4人が乗った車の前に、前方不注意な男性(岡田将生)が飛び出し、車は横転し全員死亡。はねられた男性は生き残った。

死んだ4人は幽霊になり、前方不注意で飛び出してきた男性のもとに現れた。幽霊なのでまわりからは見えないけど、なぜかこの男性にだけ見えるし触れられる不思議な状態に。

4人は思い残したことがあって成仏できていない。その「想いのこし」を遂げるため、「お前が飛び出してきたから死んだ、お前ちょっと手伝え」と男を脅し、残された家族や好きな人に、最後の「想いのこし」をつたえようとするが…





ネタバレなしの感想

ストーリーだけ書くと超ありがちで、特段面白くなさそうなんですが、ポールダンスがとにかく見ごたえありなのと、4人それぞれの「想いのこし」がせつないオムニバスのようになっていて、とても観やすかったです。

若い子が見て移入できるところもあるし、仕事に生きる人に救いが見いだされる場面もある。広末涼子演じる「ユウコ」はシングルマザーで、小学生の男の子を女手一つで育てているんですが(収入は夜のお店でポールダンスをして得ている)、その親子の描写がとても切なかった。




ストーリーに移入できるかは人によると思いますが、わたしは結構できました。エンタメ映画として観ても楽しいので、軽い気持ちで観てほしいです。広末超キレイですよ。



それじゃあ、また明日!



★今日の過去記事★

 映画「何者」を観てきた感想。

www.kandosaori.com

 

 最近感動したベッドの話。

www.kandosaori.com

 

 最近読んだ小説の中でいちばん疾走感のある小説。

www.kandosaori.com

 






 

 

 

follow us in feedly