読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

ExpediaやAgodaを上手に活用するコツ

旅・ホテル・外食など

 

 

こんにちは、かんどーです。


ExpediaAgodaを使ったことがありますか?
これ、航空券や海外ホテルが格安から高級まで予算に合わせて選べるサイトなんです。

日程だけ決めて、あとは何も考えずに海外へ行きたい時なんかは、航空券とホテルを全部Expediaで取ってしまうと楽です。あとはプリントアウトして、空港に行くだけです。



ですが。



それだと、いわゆる完全スケルトンツアーです。おすすめのホテルからホテルを選び、現地では完全フリー行動っていう。このやり方だと、結局「ツアーでする行動を単独でするだけ」になりがち。


現地で予定が埋まっている出張などでしたら、安心感もあるし、そういうスケルトンツアーで行くのも良いと思いますが、旅にドキドキとワクワクを求める方には、ちょっと違った使い方をおすすめします。


f:id:keisolutions:20161009201651j:plain




まず、行きたい場所を決めたら、自分にとって読みやすいガイドブックやその土地の地図などをながめます。読んでおいて損はないのが「地球の歩き方」。マニアックな情報を得たい場合や、2度目3度目の場所なら「Lonely Planet」がおすすめです。大型書店で旅の本をパラパラめくってみれば、自分に合う本が見つかります。

 

 

「地球の歩き方」ここに載っている情報だけで旅をしてもかなり楽しかったです。地図も読みやすい。

 

D17 地球の歩き方 タイ 2016~2017

D17 地球の歩き方 タイ 2016~2017

 

 

「Lonely Planet」は英語だけど、地図や写真を見る分にはとくに問題ないです。英語に抵抗なければオススメ。欧米人の旅人はこれよく持ってる。

 

Lonely Planet Thailand

Lonely Planet Thailand

  • 作者: David Eimer,Bruce Evans,Damian Harper,Isabella Noble
  • 出版社/メーカー: Lonely Planet
  • 発売日: 2016/07/19
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 


あとは、旅ブログ。

たとえばタイのバンコクへ行くのなら、

「バンコク 一人旅」

「バンコク 日帰り 観光」(バンコクを拠点に日帰りできるスポットが引っかかります)

「バンコク オカルト」

など自分の好きな言葉を組み合わせて検索し、その国の情報をなんとなくつかみます。それから、実際一人旅をした人のブログなどを読み、泊まったホテルやゲストハウスなどの情報を収集していきます。控えめに書いてるネガティヴ情報を読み取るのがカギ。日本人ばっかりだったとか、二度目は行かないとか。


その中で、興味がわいたスポットやホテルをどんどんメモしていきます。同時に、大きくコピーしたバンコクの地図に、興味がわいたスポットとホテルを書き込んでいく。

そうすると、全部で何泊だから初日はここへ泊まって、二日目はここへ移動してしばらくここに滞在、旅の後半はここへ移動してここに泊まろう…とアタリがついてきます。(経験値を積むために、宿泊する場所は3日に一度ペースで変えると面白いです)そしていざ、ホテルの予約。


ここでExpediaです。

興味のわいたホテルを名前で検索し、ブログに乗っていた宿泊価格と比較します。シーズンオフなら、かなり安い価格で出ています。そのホテルがいっぱいでも、近隣のホテルが出てくるから、そこであらためて比較してもいい。

 

また、わたしは旅をするとき、一泊だけ少し高い宿に泊まります。ジムとプールがついているホテルでのんびりしたいのです。その場合も、条件検索でプールつき、ジムつきと条件を入れて検索しています。タイだと一万円で超豪華リゾートホテルに泊まれます。


外国のホテルを直接予約するのは、最初怖いものです。一度電話して予約してみましたが、わたしの英語力だと、希望を全部伝えるより、確実に予約を取ること優先になりました。また、電話予約や公式サイトが最安値のホテルもありますが、ExpediaやAgodaを使ったほうが安いホテルが多いです。

 

これらのサイトでは、日本円に換算した料金でホテルを比較でき、クレジットカード決済までできるのも便利です。あとは行くだけっていうね。


特にExpediaの「直前までキャンセルOK」というのは使いやすいです。プランが急に変わったり、行きたい場所ができたとき、ホテルを取り直すことができる。(直前になると格安、割引率の高いホテルが少なくなっちゃうけど)



…といった感じで、下調べをして、アタリをつけてからこういうサイトを活用すると、旅がもっと楽しくなります。

行ってみたら全然よくなかったり、逆に安宿でも雰囲気が良かったり、最後は運なのですが、それでも「ここを選んでよかった!」という宿に出会うと幸せになります。



さらに一歩進んで、現地で「ガイドブックに載っていないホテル」をみつけたら、ちょっと中を見学してみて、次回の旅の時に泊まってみる。白人バックパッカーが常宿にしているようなホテルや、現地の人がビジネスホテル代わりに使っている街中のホテル。おもしろい宿がたくさんあります。


パッケージツアーでは味わえない発見やよろこびがたくさんあるので、ぜひ上記サイトをつかって、「完全フリープランの一人旅」を楽しんでほしいです!

10月、11月はアジアひとり旅にイイですよー!


それじゃあ、また明日!


★今日の過去記事★

 たまには下ネタいかがっすかー()

www.kandosaori.com

 

 この市場もう一回行きたいなぁ…

www.kandosaori.com

 

 わたしはまだ虫が好きですw

www.kandosaori.com

 






 

follow us in feedly