読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

【ブログ2年目の壁】「あれ、最近書けないンゴ」の解決法



こんにちは、かんどーです。


わたしはブログの毎日更新を1年やって、その後少し休んで、今また毎日更新しています。なんていうか、毎日の自分を残しておきたい気持ちみたいなのがある。

毎日更新と言っても、ブログ記事自体は週に1度まとめて書いておいて、毎晩翌日の朝公開する記事を見直して、推敲したりリアルタイムの気持ちを加筆したりしてアップする。だから「ストック記事」をただ放出している日はほとんどないのです。毎日、リアルタイムな気持ちを書いているよ。


今日は、毎日更新を1年以上続けた人なら、一度はぶつかるのではないかなーと思う壁について書きます。




「あれ? 最近自分のブログ面白くないかも…」

ブログって、始めて最初の3か月はシステムに慣れたり、書くこと自体に慣れることで結構しんどい。その後すべるように書ける日々が続いていく。すべっている間は、自分自身の振り返りや自伝的な記事もするする書けて、それがなんとなくその人の印象を作ったりする。

 

ビジネス寄りのブログにしても、体験談的なものも織り交ぜて、一番おいしい所を書きまとめたりする。今の時世と体験談をあわせた渾身の記事は多くの人の目に触れ、心を打つ。



そういう「入魂の記事」が、2年目以降は書きにくくなるんですね。なぜなら、もう書いちゃってるから。

 

一度書いたネタを焼き直してまた書くのは、わたしはなんか嫌。一度書いたネタはもう書かない。(たまに書いたこと忘れて二度書いちゃうネタもあるけどな)

そうなると、新しく自分の身の回りで起こったことをネタにするわけだけど、そうそう新しいネタなんてないし、あっても月に1つ2つしか、心を打つようなネタは無い。



ネタがないなら作ればいいじゃない

その点、お出かけブロガーさんは強い。涅槃まで歩いたり地元の名所を紹介したり、週に何本も「お出かけ記事」「食レポ」をあげている。独特の書き味がその人の魅力を毎日小さく輝かせている。その永遠に続きそうな小さな輝きは、もう自分には備わらないような気がしてくる。こうやれば良かったの?   なんて思っても、残滓になった自分にとっては後の祭り。

わたしは食生活も貧相だし、お出かけ自体あんまりしないし、もうブログなんて書けないよ…

 

そんなループに陥った時期がありましたが、わたしはブログを書く目的を大きく変えることで勝手に元気になりました。



「誰かのために書く」のではなく「書きたいから書く」

どうも、ブログを書く上で邪魔をする自意識というやつが、「誰かの役に立ちたいから」書くという気持ちにさせるようなんですね。一時期わたしもそうでした。

今は違います。誰のためも自分のためもスキルアップも無し! 書きたいから書く! 陸上経験者が社会人になってもスポーツをするように、一時期ガシガシ書いていた自分だから、今はゆるっと書くのがとてもラクになった。パソコンの前に座ればとりあえず2記事、3記事と書ける。ネタがなければ、上部にある「お題スロット」を回して最初に出てきたネタで書けばいい。

誰の胸も打たなくていいし、自分ですら忘却のかなたに忘れ去るような記事をアップしてもいい。だってここは自由な場所なのだから。

「昨日よりいい記事を書かなきゃ!」とかイキるのはもう無いわ。なんていうか、もう疲れるやり方をしたくない。一時期頑張って「誤字脱字のない読みやすい文章を書く力」をある程度手に入れたら、あとは自由でいいじゃーんとか思うわけです。


アフィリとかやっていたらまた違ったのかな。少しでもお金が入るなら、もう少し「誰かに読んでもらいたい」気持ちが良い意味で後押ししてくれたのかな。

でもしょうがない。広告の出ないまっしろキャンバスに文章を書きたくて書いてるんだから、それを今更覆しても多分いいことにはなんない。


ブログを更新し続けて、丸1年以上経過して「最近書けないンゴ…」と思っている方がもしいたら、少し休んで、自分のペースで続けたら良いと思います。

以前の自分より面白いものを書こう、とか思う必要なしです。書きたいなら書いて、飽きちゃったならやめる、シンプルでいいと思います。


ブクマが付かないならブクマボタンをはずすと気にならなくなります。コメント欄もなくてもブログは運営できます。自分の好きにやって、いいじゃないですか。コーヒー飲みながら好き勝手書いた文章を、後になって「あー/////」って読み返す楽しみができたじゃないですか。


好きにやりましょう。

手酌の気楽さで、ひとり綴ったっていいじゃない?





★今日の過去記事★

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 





 

follow us in feedly