読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

トイレに行きづらい職場で上手にうんこをする方法

便秘外来

 

 

 

こんにちは、SAORIです。


タイトルはアウト?   いや、ギリギリセーフでしょう。セーフ。そう思いたい。セーフったらセーフ!



今日からしばらくうんこの話をします。


  


Q.あなたの職場のトイレは、うんこしやすいですか?    

わたしはどの職場でも、基本的に職場でうんこができない人間なので、苦労しています。流水音では隠せないレベルの破裂音をよく出してしまうため、うまく出せないんです。

でも、したい時は本当にしたい。思い出してください。うんこしたい時の、あの甘美なお腹の重さを。下っ腹から脳天に痺れ上っていく、あの感じを…。

自然な白目になるには、うんこをがまんするのが一番です。脂汗をかき、SEKAI NO OWARI や深淵が見えてきます。


f:id:keisolutions:20160611231450j:plain


セカオワ。



フカセ。



生意気そうなサオリ。




さて、うんこの話です。


わたしは休憩時間、外出してうんこをします。これが一番確実。郊外だと、広々としたファミレスやファーストフード店があります。ここで食事をして、食後のコーヒーも飲めたら飲んで、うんこをします。

あるいは、コンビニでうんこをします。このときはなるべくたくさん買い物をするように心がけます。


どちらにも言えることは、自分にプレッシャーを与えないためにも、ほかの人に迷惑をかけないためにも、個室が2つ以上あるトイレを使うことです。あまり人が来ない場所、かつ個室が2つ以上あればバッチリです。

そして、落ち着くトイレは何度でも使いたいですから、きれいに使うこと。店員さんも人間です。「あーこいつうんこだけしに来る客だ」と思われたら、どうしても態度や目線に出ます。

「この人、トイレ長いんだけどいつもきれいに使ってくれるんだよなあ」

このくらい思ってもらえるように使うのが良いです。そのためには、消臭スプレー常備のトイレだと、においも消し去って出られますのでとても良いです。万一便器を汚すようなことがあれば、自分で掃除をしてから出ること。特に便座の裏側には、はねっかえりのうんこがよく付きます。トイレをお借りして、トイレットペーパーを使わせていただいて、あわよくばウォシュレットまで大活用させていただいているのですから、きれいにして出ないといけません。

公共のトイレを掃除すると、とても運気が上がるんですよ。



さて次は、仕事中の外出がゆるされない場合のうんこの仕方です。


常に人が誰か座っている隣に設置されているトイレしか無い状況(小さなオフィスだとありますよね)、張りつめる肛門括約筋…選ぶ道は二つです。


1,ポータブルスピーカーを持参し、iPhoneから大音量の音楽を鳴らす。(激しめのクラシックがおすすめ)

 

 

エヴァンゲリオンっぽく、激しく鳴らすと破裂音も消えますし、排泄意欲も高まります。やりましょう。



とはいえ、音楽を勝手に鳴らせない職場もありますよね。そんな場合は最後の手段です。

くぅ~来た来た来たっっっ!! 自分、トイレに行ってまいりますっ!!」

と勢いよく宣言し、笑いに変えるのです。こんなこと書いてますが、わたしはこれが出来ません。肛門括約筋が切れそうになりながら、退勤時間まで肛門をヒクつかせてただ我慢するだけです。

ただ、上記のようにネタにしてトイレに駆け込む人をよく見かけます。結構通用する手なのだと思います。生きる手段として、このくらいはできないといけないよなあと思います。37年間生きてきて、まだできないけど。



いかがでしたでしょうか。



結局、人のいないところでするか、音で隠すか、ネタにするか。三択です。どれも選べないという人には、漏らすという最終手段がありますが、人生、生きていれば最低三度はうんこをもらすものです。日常生活の大半を過ごす職場におかれましては、漏らさずに排泄されることをオススメします。(今話題の散るろぐ風に書いてみました)


それ以前の問題として、便秘症だとにおいもきつくなりますし、破裂音も出ます。腸内環境の改善が最善であることは、言うまでもありません。


明日もうんこの話をしようと思いましたが、一日でおなかいっぱいになりました。明日はポテチの話をしようと思います。最近めちゃくちゃ新作出てますよね! 超おすすめのポテチを紹介します! 


それじゃあ、また明日!


☆今日の便秘改善☆

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 








follow us in feedly