読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

ブログ毎日更新一年です、これからゆるやか更新になります

ブログ論

 



こんにちは、かんどーです。


本記事で、連続更新365記事目です。この記事を書き終えたら、不定期更新に変えます。好きなときに更新するスタイルに変えていきます。毎日同じ時間に更新するのが好きと判断した場合は、今まで通りの更新となります←



書くことについて

電子書籍を一冊出してみて、正直ものすごい負荷が自分にかかりました。それでも、書くことについて、わたしに声をかけてくれる人が圧倒的に増えました。

「ちょっとこの見出し、おかしくないか見てもらっていいですか?」
と印刷物について聞いてくれたり。

「動画をアップするときの紹介文を一緒に考えてくれない?」
と頼ってくれたり。

「こんな記事書いてみまさんか?」

というお誘いをいただいたり。(今のところタイミング合わずでひとつもやれていないですが…)



書きなれている、言葉をたくさん知っている(実際はそんなに知らないんだけど;)という印象がついたようです。これだけでずいぶん、自分にできることが広がった気がします。


しかし、それもこれも、もともとしている仕事があってのことです。会社経営をしていなかったら、上記の声はかからなかったかもしれない。会社を通じて知り合った方ばかりだから。


わたしは会社経営について、カッコイイとか憧れとか、ましてや経営者は偉い、なんて微塵も思っていません。損な役回りだよなーと思ってます。

だけど、損な役回りを買って出てみたら、世界が開けた。たぶん、わたしレベルの文章でエロ小説書いたり、ブログで暴露話してみたりしても、基本そんな面白くない。でも、そこに「実在する経営者」というのが加わると、暴露の質が変わるんですよね。面白くはないけど興味はある、という方がほとんどじゃないかと思ってます。自虐でもなんでもなく、たぶん事実。



このブログもずいぶん怒られたものです。



一時期は会社内で「ブログを閉鎖しろ!」と怒られていたし、ある時期に至ってはクライアント様から「あのブログはまずいよ…」と言われたことも。


それでも、どうしても1年続けたかった。続けた後に見える世界が知りたかった。


世界は確実に変わりました。ブログの1年更新で、わたしは書かずにいられない体質になりました。ランニングで言うと「毎日走らないといられない!」に近いです。

目下の課題はアウトプットとインプットのバランス取り。


最近全然小説が読めていないので(実用書は何冊か読んだ)、思い切って2週間、更新しなくて大丈夫と自分にOKを出します。けして消えるわけではないです。そのかわり、twitterを復活させようかな。何も書かないけど、話しかけてくれるぶんには、何日か経ってからかもしれないけどちゃんとお返事します。


いわゆる、デジタルデトックスをして、その間に小説とかいっぱい読んで一皮むこうと思ってます。中国語の簡単な会話も覚えたいと思ってる。わたしって欲張りだなあ。

この試みがうまくいくかどうか含め、あたたかく見守っていただけたらと思います。


おもしろいことがあったら、短文でブログ投稿するかも。予約投稿じゃなく、リアルタイムでね。これも楽しみ。

その日に覚えた中国語でブログを書くかもw



ではこれから、のんびり更新へと移行していきます。


写真だけのブログにして、ことば無しで伝えてみたりもしたいな。最近とても写真が好きになった。重いカメラを持ち運ぶのがまだ慣れなくて(自分専用のカメラもまだ買えてない)、相変わらずオリンパスのTG-2で撮っているよ。

だけど写真を撮るのは本当に大好きで。


f:id:keisolutions:20160513102440j:plain



f:id:keisolutions:20160513103432j:plain



いつもカメラを持ち歩いてる。


人生も折り返し地点だから、いまさらになってこの世界のすべてがいとおしくなっている気がする。写真を撮るのはその表れかと。文章だってそうだ。前はこんなに書かなかった。


わたしが死んでも写真や文章って残るよね。そのたった一つの事実にものすごく心が安らぐ。たくさんの憎しみの矢を前から後ろから受けたとしても、自分の心に羽が生えていれば、矢のささった体でも心を守っていられる。


大げさに言うとそんな感じで、簡単に言うと人生がいとおしいってこと。


いろいろあったけど、一年間応援してくださったみなさまに心から感謝いたします。ありがとう。コメントを一度でも書いてくれた方、ありがとう。毎日読んでくれている方、ありがとう。


たぶんこれからもゆるやかに書いていくね。


それじゃあ、また次回☆



追記
書かずにいられない感じなので、結局毎日更新が続くかもしれませんが、その際は大目に見てください。

follow us in feedly