読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

ウインナーの缶詰には小さな神様がいる

小話・小ネタ



こんにちは、かんどーです。


最近、携帯ショップではポイントを使って日用品や食品も買えるようになりました。その場合、お客様に店頭タブレットで商品を選んでいただくのです。


その日たまたまわたしが接客していたお客様が、余ったポイントを使う場面になりました。わたしはタブレットを操作して、ここに日用品、ここに食品がありますよーなんてご案内していました。

この商品ラインナップは、半調理品(家で鍋に入れてあたためるとか)が多くて、料理をしないわたしはオススメできる商品が少ないんですね…。なのであまりこの場面ではセールストークをはさまず、お客様が好きなものを選んでくれる雰囲気で接客していました。


お客様はしばらくタブレットで商品を選んでいました。結構品ぞろえ豊富なので、じっくり選んでくれていました。いくつか商品を選ぶと、残りポイントを何で消費するか、最後の調整で迷われているようでした。わたしは単価の安いカップ麺、レトルトのページを開いて、このあたりで価格調整されると便利ですよーと一声かけました。

すると…

「おっ! これ好きなんだよ! これ、残りポイント分全部これにして!」

お客様のテンションがこの日最高に高まりました。一体何を選んだのでしょう? わたしは画面をのぞき込みました。

そこにあったのは、ウインナーの缶詰。。。

f:id:keisolutions:20160526182737j:plain



失礼な話ですが、わたしはその瞬間まで、この商品がスーパーにあっても全力で無視してきました。なんというか、ウインナーを缶詰で食べるという概念自体が無かったのです。

それまで饒舌だったわたしが黙っているのを見て、お客さんはプレゼンしてくれました。

「想像しているよりうまいから、食ってみろ!」
「酒のつまみにぴったりなんだぞ」
「意外とイケるから、一度試してみろ! なんなら一個あんたにやる!」

さすがにお客様から缶詰をいただくわけにいかないので、わたしは自分でこれを買うと伝えました。お客様は後日届くたくさんの商品を楽しみにしつつ、お店を後にされました。



その日の勤務後。わたしはスーパーでこの缶詰を買ってみました。おそるおそる缶詰を開けてみます。


おおお…
(ウインナが縦に詰まってる)


こんな風になっているのか…
(端を切り落とした短いウインナが整然と詰まっている)



食べてみます。




うん、ウインナーだ。皮が想像よりパリっとしてて、なんだかくせになる味。なんだこれ、美味しいじゃないか!


いくらでも食べられるじゃないか!!
毎日食べたいじゃないか!!



その後この缶詰についてネットで調べてみたところ、もちろんおつまみとして普通に食べるためとしても売られているのですが、災害時の非常食としても使えて、自衛隊が常備する食品としても使われているそうです。(自衛隊用のものは、味が少し違うようです)

このウインナーの缶詰には、おいしさと人の命を救う使命と、窮地の人に希望を与える神様が入っているような気持ちになりました。味だけで比較したら、袋入りウインナーをボイルしたやつの方がパリっとしているし、脂っこくて美味しいかもしれません。でも、この缶詰のウインナーには、ぎゅっと詰まった力がある気がしたのです。


断言しますが、まずくないです。B級グルメが好きな人なら大好きな味だと思います。お酒のおつまみにしてもハマると思います。


ふだん、缶詰を人から勧められることなんてなかったので、意外な発見でした。あのお客さんが勧めてくれなかったら、多分一生食べることはなかったと思います。今度お会いしたらお礼を言わなきゃ。


スーパーの缶詰売り場でコレを見かけたら、ぜひ食べてみてください。小さなチカラが湧いてくると思います。缶詰好きのあなたにとどけ!


それじゃあ、また明日!


☆今日の過去記事☆

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

follow us in feedly