読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

ADHDのわたしがテレビ嫌いな理由

うさぎとADHD

 

 

※投稿ミスってお蔵入りになりそうな記事を夜アップしています。


こんにちは、かんどーです。

わたしはADHD(多動性注意欠陥)と診断されており、現在治療を受けてます。治療というか、症状とうまく付き合っていけるようにカウンセリングしてもらったり、落ち着きが無さすぎるので、お薬を処方してもらってます。

あと、生理前の症状についてもおなじ医院で一緒に診てもらっており、症状をおさえる薬を処方してもらってます。

 

www.kandosaori.com




さてさて。

ADHDと言っても、学生時代は着席して授業が受けられなかったレベルでしたが、社会に出てからは、普通にしてたらそれとわからないレベルで働くことはできます。得手不得手をしっかり把握して、自分に合った仕事(わたしの場合は立ち仕事、飛び込み営業なら大丈夫でした)をすれば大丈夫。

うまく適性にハマると、過集中状態になって人より仕事ができたりします。


そんなわたしですが、ニガテなことがあります。それは、

・人の顔と名前を覚えること
・一度に2つのことをすること

です。人の顔と名前は致命的に覚えられないですね。ただし、30分くらいじっと見つめ合ってサシで話せば顔覚えます。難しいのは、立食パーティーのような場所で次々にいろんな人に会うような場所。頭の中がくるくるしちゃって、その日誰と誰に会ったかわからなくなります。なので、固定グループで固まってることが多いです。もう、社交性の無い人と思ってもらう方が楽です。


一度に2つのこともできないんです。

携帯ショップの仕事でも、お客さんの機種をメモしているときに「それと、これも聞きたいんだけどねえ、アプリの…」とか言われて、それに返答してしまうと、せっかく話して決めた機種名忘れます。あれ? 何にしましたっけ…? という間抜けな状態に…。なので、メモを取る時に一瞬、立ったままでは書きにくいというふりで、しゃがんでメモしたり「えーっと、エクスペリアの~黒~」とか言いながら、メモを取り終わるまで別の話を振られないように工夫しています。



テレビを見ているときに話しかけられるとキレる


わたし、テレビ持ってないんですよ。
理由は、テレビを持っていても喧嘩にしかならないからです。

たとえば、「情熱大陸」とか「クローズアップ現代」とか、わたしも好きな番組はあります。でも、それらを見ているとき、横から話しかけられると、頭の中がぐっちゃぐちゃになるんですよ。例を挙げますね。


テレビ「このように、世間から孤立してしまった若者が、支援を受けることもなく貧困に苦しんでいます」

夫「あなた明日何時に出かけるの?」


この二つが重なると、わたしにはこう聞こえるんです。


テレビ+夫の声「このあな世間から明日孤立出かけ若者るの?」

 

 

 

ぐぎいいいいいいいいい!!!
もう世の中なんてなくなってしまえ!
明日死ぬ!

 

…そんなレベルでイライラしてしまうのです。。


だからテレビ見ない。



接客中も、たとえばご夫婦を接客していて、「二人が同時に話しかけてくる」と無理になってしまう。それだけはやめてもらうように、とても慎重に「同時話しかけ」をしないでいただけるように、うまく誘導している。

お客さんとの対話の中で気づかれないように避けているから、たぶん誰にもわからない。このノウハウだけは文字に起こせません。。だって、同時に話しかけさせないようにご夫婦の会話さえコントロールしているなんて、嫌でしょう?

接客業は、慣れると会話の流れをコントロールできるようになってくる。あと何分で終わらせるか、まで実は大体コントロールできる。目の配り方、相手との距離の取り方、声のひそめ方、クライマックストークの持っていき方でいろいろコントロールできる。


接客歴が長い人は、これが自然にできる。


だけど、どうやってコントロールしているかは、たぶん絶対書かない。だってそのキーワードを広めてしまったら、双方に気持ちよくなくなってしまうから。


虫を食べている写真を貼って逃げる。

わたしは一人でも虫を食べに行きます。

f:id:keisolutions:20160302203419j:plain





そういうわけで、わたしはテレビが嫌いだよー。


それじゃあ、いつもマイナーチェンジ!←いい加減にしろw


☆今日の過去記事☆ 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

follow us in feedly