読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

ブログ飯について思うこと

ブログ論


こんにちは、かんどーです。


タイトルの件ですが、先にことわっておきますと、わたしはブログでお金を一円も稼いでいません。ですが、稼ごうとした時期もあります、ブログ飯などの話題についても一通り目を通しています。


今日は、面白いツイートを見つけたので、それについてわたしの考えを書いてみたいと思います。





ご存じ、フミコフミオさんのツイートです。


これを読んだ瞬間、頭の中にいろいろ浮かんできたので書きます。




ブログってそもそも、書かなきゃならない理由が何もないんですよね。今わたしがこうして書いているのも、理由なんてない。ぶっちゃけて言うと、本の原稿がある程度進むと気晴らしにぱーっとネット見て、面白そうなことをこうしてブログに打っています。一言で言うと「気分転換」ですね。もう少し突っ込むと、自分の思ったことをブログに書かないと死ぬ病にかかっているとも言えます。



しかし、ほとんどの人は「やらなくていいことはやりたくない」のではないでしょうか? つまり、ブログでお金を稼がなければならない理由は、そうしないとブログが続かないから。


書くことって楽しいばかりじゃないです。わたしも、今は夢中になれたけど、昔は全然書くのが楽しくなかったんです。


恥を忍んで言いますと、わたしは、はてなに来る前に書いていた某メディアでは、完全に「金と知名度アップ」のために書いてました。


会社の知名度を上げたいから、露出の多そうなメディアで書く。ちょっと文章がこねくり回せるようになってきたから、ライター募集しているメディアで書いてお金を稼いでみる。稼いでる自分カッコイイーってなって、それをブログに書く。その繰り返し。無限地獄でした。



結果、嫌になって全部やめちゃいました。




あるメディアさんだけは本当に親切にしてくれたのですが、たまたまそこがなくなる(他メディアと合併する)ことになったので、そのタイミングで全部やめました。



その後、はてなブログでまたぽちぽち書き始めるのですが、やっぱり以前の癖が抜けてなくて、アドセンスブームに乗っかってアドセンスを貼り、アマゾンのアフィリエイトを貼りました。お金がチャリンチャリン貯まっていくのは、結構面白かったです。


はてなに来た当初のわたしは、自分のブログに書く内容を「アクセスが稼げる内容か」「読者が増える内容か」「カッコイイ社長だと思ってもらえる内容か」「センセーショナルなタイトルか」、そういう視点で決めていました。8月頃まではそんな感じだったかなあ。前面には出していなかったけど、そういう気持ちがどこかにあったんです。



だけど、旅ブログを書いているときだけは、そういう呪縛から解き放たれていました。びっくりしたのは、ふだんの記事は書くのに1時間以上かかるのに、旅ブログは写真編集入れても20分とかで書きあがる。感じたことだけを書いているから、とにかく早い。

象に乗ったことを書くのが楽しくないわけないですよねw

f:id:keisolutions:20151109132432j:plain




本当に楽しかったんです。

旅に出て、一人でホテルの部屋に帰って、今日こんなことがあったよってブログに書くのが。書かなきゃ、じゃなくて書きたい、って思ってた。


帰国して、その気持ちが少し残っていて、アドセンス貼ってること忘れて本能の赴くままにエロネタを書きました。わたしはあそこから汁がたくさん出るとか、おじいさんに乳首をなめられたとか、もう、書きまくりました。その3日後くらいにアドセンスが止まりました。



それで、最初は奔走しました。何とかアドセンスを復活させたい! って。ブログの目的の一つはお金なんだから! って。


でも、ゆっくり考えてみたら、わたしは書けるだけで十分楽しいって気づいた。そして、セックスとか愛液とか性器とか中イキとか、せめてこのくらいの言葉を使う自由は欲しい。


親切な人が「まぐわい」って言い換えれば大丈夫ですよ! とか「営み」がいいですよ! とか教えてくれましたけど、まぐわいじゃない、セックスなんです。もう、サッカーとフットサルくらい違う。カレーとハヤシくらい違うんです。

まぐわいっていうと、イメージするのは男女が抱き合ってベッドの中にいる様子じゃないですか。でも、セックスは前後の言葉で印象が変わる変幻自在な言葉なんです。愛のないセックスとは言うけれど、愛のないまぐわいとは言わないでしょ?

わたしにとって、セックスはとても機械的で数をこなすもので、大した意味がないものなんです。だけど特別な相手としている瞬間だけ、あとは初めての相手とするときだけ、やっと意味を持ってくれる、そういう種類のものなんです。だから「交尾」レベルで軽く言い切りたいんです。「セックス」って。自由に書けることの方がお金より大事だったから、わたしはアドセンスをやめて今に至っています。お金を稼がなくてもブログが続けられる変態になれたのです。



話がそれましたが、ブログでお金を稼がなければならない理由は、

・それが目的だと続くから
・それを教えることで儲かる人が上手にブログをすすめているから
・瞬間的なよろこびが得られるから(わかりやすいから)

ではないでしょうか?



ただ、上記の理由でブログを始めた方の中でも、書くことそのものが楽しくなっていたり、伝えることそのものに使命を感じ始めていたり、ブログによって新しい世界をみつけて道を切り開いたりしている人もいますよね。

そういうきっかけになることを含め、ブログを続けることはとても良いから、その動機付けとして、少しお金を稼げるようにしましょうね、という風潮なのではないでしょうか。


ただし、ブログでお金を最終目的だと思わせる手法は好きになれないです。アドセンスだっていつまで続くかわからないし、いつ仕組みが変わるかわからない。とても不安定です。何かの一流の人なら別として、ブログだけでお金を稼ぐことを簡単に「できる」と言ってしまうのはどうかと思います。

そういう人がやがて、ブログ初心者にブログを教える…という流れは、わたしはよくわかりません。その流れって、自分で学び取るからこそわたしは楽しいと思えたし。誰かから教わるものだという考えはなかった。(だから稼げないんだよ! という意見はその通りです;)


無理やりまとめると、ブログでお金を稼がなければならない理由は、それによってブログが続くから。それを教えることで利を得ている人がいるからでしょう。


今日はここまでー!


それじゃあ、また明日!



☆今日の過去記事☆

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

follow us in feedly