読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

精神状態が非常に悪いときには文章を書くに限る

ブログ論



今、精神状態が非常に悪い。


どうしてなのかは説明したくない。ある悪意のある人がいて、その悪意をわたしが自分の中で処理したからだと思う。


その悪意を処理するために、わたしは多大な犠牲を払った。たくさんの人に迷惑をかけた。たくさんの人のフォローに走り回った。



正直、飲めない酒でもかっくらって、吸えないタバコでもふかしたい気分だ。



独身だったら気晴らしに誰かとセックスでもしただろう。そのくらい荒れ、すさんでいる。(ここでブレーキかけてくれるのが結婚ってやつなんだわな)



さっきサブブログに小説書いた。完全にノンフィクションじゃんこれ…と思ったけど、ここには書けないんだからあっちに書くしかない。


こうして少しずつ文章を綴っていくことによって、ほんの少しだけどわたしの心が眠りの時間に近づいていくことが救いだ。酒もたばこも男遊びもしない既婚女性にとって、ストレス解消なんて無いに等しい。運動すればいいと言ったって、深夜にランニングは危険だ。深夜にやっているスポーツクラブも、悪いがわたしの住んでいる場所には無い。


結局、朝を待つしかないのだ。



そんなとき、文章を書くというのは非常に大きな心の整理をしてくれる。思ったことを書けばいい。わたしはよく 「ブログ毎日更新一年間やります!」 とか言ってるけど、これはひとえに、スピーディーに自分にとって気持ちよく文章が書けるようになるトレーニングになるから勧めているのである。


だって、ストレス解消で文章を書こうと思っても、思ったように言葉が出てこなかったらそれがストレスになるじゃん。それより、思ったことを自分の言葉でガガガーっと書けたらどんだけ気持ちいいか。それを考えると、わたしは毎日更新で文章を書くことに慣れたかったんだ。




実際、ある程度スピーディーに書けるようになると、あっという間に自分をすっきりさせてくれる文章が書けるようになる。これは、確実にイケるオナニーの仕方を覚えたのと一緒だから。マジ気持ちいいから。



…これ以上書くとなんかやばそうだから、この辺で失礼します。



facebookまた利用解除しちゃった。



結構限界近いな。

novels.hatenadiary.com



これ書けてよかった。


おやすみなさい。

follow us in feedly