読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

スターとブコメはわたしにとってどちらも大切である

ブログ論

 


こんにちは。いつもあなたの心に寄り添うかんどーです。

嘘です。自分勝手に生きてます。


たまたま先日便秘外来に行ってきて、美人の先生がわたしの心に寄り添った診察をしてくれて、それがすごく嬉しくて「わたしも誰かの心に寄り添おう♥」と心に誓ったのだけど、そう簡単にできるもんじゃなかった。

 

今世では自分勝手に生きることにします。来世では、人の心に寄り添える医者になります。

 


さて、今日ははてな向けの話題。



ブコメとスターについてどう思う?


f:id:keisolutions:20160126205227p:plain



ぶっちゃけ、ブコメが嬉しくてスターは「あー…」みたいな感じの位置づけになってる人もいるんじゃないかと思う。わたしも去年の8月頃、一回そんな気持ちになった。

でもすぐ変わった。


わたしは趣味でマラソン走ってます。定期的に大会にも出ます。大会は走る人にとって特別な場所です。いつもと同じように走るだけなんだけど、大会にはたくさんのドラマがある。そのドラマを盛り上げてくれるものの中に、沿道の声援と給水所があるんです。


沿道の声援は、通るランナーみんなに向けられていることがほとんどで、ちょっと目立つ格好していたり、マニアックな海外マラソンを走ってたりすると、日本語で応援してくれたりする。嬉しい。(コンニチハー!   とかでもとりあえず嬉しいw)


給水所では、走って失われた水分をしっかり補給する。お水やスポーツドリンクを手渡してくれて、頑張って!   と声をかけてくれる。また、給水所には、食べ物を置いてくれていることもあって、ひとつの楽しみだったりする。これもすごく嬉しい。



それで、ブコメとスターなんだけど、わたしにとっては、

ブコメ→給水
スター→沿道の声援

こんな位置づけなんですよね。


ブコメつけるのって、ぶっちゃけ手間がかかると思います。でも、そうしてでもツッコミたい何かがあったり、書き残したいことがあったり、そのブロガーさんの活力になりたいと思ってブコメを書くことがほとんどです。

スターは気軽につけられるし、ちゃんと「読んだよ」と伝わる。また、コメントしづらいな、という時でもポチっとつけて「読んだよ」と書き手の方に伝えることができる。これは本当に便利だと思う。


ブログには足跡機能がないから、誰が読んでくれたのかわからない。そんなとき、スターは「誰が読んでくれたのか」の一部を開示してくれるんですよね。どんな思いで読んでくれたのかまでは明かされないけれど、とにかく「読んだよ」というメッセージが伝わる。わたしはこれすごく好き。

わたし自身、読んでいるブログに対してブコメとスターの割合は半々くらいだと思う。そして、ブコメつけた場合はスターつけないことが多いかも。



わたしのブログは、正直、自慰をみんなに見せているようなもの。

こんなに好き放題書いていいなんて、ブログって楽しいな! と思いながら書いてる。そのうち書きすぎて消えちゃうかも。でもきっとよみがえる。今世では結ばれなかった想い人と来世で結ばれるのを信じる人がいるのとおなじで、わたしは常に「きっとまた会える」と思いながら人と出会っている。


また会えるから、少し距離が開いてしまっても大丈夫。

また会えるから、少し会話がなくても大丈夫。

また会えるから、少しいなくなっても大丈夫。



そんなふうに思ってる。そう思わなきゃ、寂しくてやってられない。愛している人と会えなくなることばっかり想像して生きていけるほど、わたしは強くない。



無理やり話を戻すと、わたしはブコメもスターもどっちも嬉しい。何らかのアクションをしてくれたことに感謝。どっちも無くてもブログは書くと思うけど、あった方が嬉しいのが正直なところ。マラソン大会だって沿道に誰もいなくて給水は自販機で自分で買う…とかだったら誰も参加しないと思うw 

海外マラソンだと無人給水所あったけどねw でもその分有人給水所の明るさがすごかったり。



楽しくやろう。


面倒くさくしたり、複雑に考えすぎてつまらなくするのはやめよう。



考えるのが好きな人は考えればいいし、考えると疲れちゃう人は好きなようにやればいいと思う。わたしはたぶん、ずっと自慰を続けます。見られないとイカないとかそういうのではないです。毎日できるからしているだけです。年を取ったら毎日できなくなるかも。今は毎日できるからしてる。


下ネタ挟んじゃってごめんなさい。。


実際に自慰をしているかどうかは、ご想像にお任せいたします♥(BBAの下ネタウザイ、とか言われそうだな…)


それじゃあ、また明日!



☆今日の過去記事☆

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 

 

www.kandosaori.com

 






follow us in feedly