読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

接客業はつらいよ! かんどーのよもやま日記!

趣味はスポーツクラブでグループパワーに参加することと走ることです。仕事は接客業です。しばらく下ネタは封印します。

マッサージってエッチな気分になりますよね?

小話・小ネタ

 

 



こんにちは。仕事は接客業、趣味はランニングと読書の貫洞です。



今日はマッサージについて語ります。


マッサージって、エッチな気分になりませんか?


わたしはマッサージを受けていると、ものすごくいやらしい気持ちになります。美容院もそう。体に触れられるのが基本的に妄想をかきたてるんです。だから美容師さんもずっと女性の方にお願いしているし、マッサージも女性指名です。男性しか空いていなかったら帰るレベルで、施術は女性に限定します。女性にやってもらうと、いやらしい気持ちにならずにリラックスして筋肉のほぐれを感じられるんですよ。美容院もおなじで、女性にやってもらうと話が盛り上がったりして平気なんだけど、男性だとダメ。頭がソッチに行っちゃう。


唯一、今通っている足つぼの先生は男性なんですが、この方は夫と同じ年齢で、50歳過ぎてます。なので語り口が落ち着いているし、アカデミックな話ばかりしてくるので変な気分になりません。たまに

「先生、この仕事していてあやまちを犯したこととか無いんですか?」

等、どうしようもない質問をぶつけて先生を困らせていますが、この先生は頭が良く客あしらいもうまいので、ヒョイとかわしてくれます。たまにふざけてマジレスしてくれることもあって楽しいです。この先生は基本、足しか施術しないので変な気持ちは起こりません。足つぼの技術は最高です。本当にイタ気持ちいい。


f:id:keisolutions:20151121081748j:plain





話を戻しまして、マッサージでエッチな気分になること。


それがいやらしい妄想をかきたてることに気付いたのは、24歳のときに通っていた整体院です。その整体は、オープンフロアで施術をするし、医院っぽい雰囲気なのですが、骨盤矯正っていうのでしょうか? あれをやるときだけ個室に移るんです。そして、個室でイケメンの整体師さんと二人きり…。太ももの付け根とかそのあたりをさわられて、専用の機械で骨盤の位置をこう、調整しているんでしょうけど、添えられる手が肩や足、腰へと移動するたびに、どうしようもなくいやらしい気持ちになってしまったのです。

先生の目を見たら、先生も多分そういう感じだったと思います。当時のわたしは奥手でしたし、そういう雰囲気の作り方も知りませんでしたから、あやまちは犯さなかったです。だけど今そのシチュエーションになったら犯してほしいですね。めちゃくちゃにされたいです。(あくまで妄想です)



その先生に出会ってから、美容院でも男の人だといやらしい気持ちを持ってしまうようになりました。ある程度高齢の方なら大丈夫なのですが、若い男の人だとダメ。完全にエロ目線になってしまう。わたし変態かな? 変態だよね。。





■めちゃくちゃにされたい

世の女性に問います。返事はブコメとかじゃなく心の中でいいです。

ぶっちゃけ、めちゃくちゃにされたいときってありますよね。

もう子宮が下がってきちゃって、性欲うんぬん言ってるヒマなく、ただただめちゃくちゃに突いてほしいとき、ありますよね?   よく夫に「30代半ばの女性は性欲がとても強くなる」と言われるんですが、まさにその通り。



現状わたしは官能小説を読んで満足しているので大丈夫ですが、30代半ばの女性は性欲が強いことは確かだと身をもって体感しています。




…ということで、世の中の夫のみなさん、奥様は表に出さなくても相当溜まっている可能性があります。一度誘っただけでは「今そういう気分じゃないの」とかかわされても、本当はしてほしくてたまらないこともあります。夫婦円満を求めるのであれば、強めにアタックして、コトをいたした方が後々良い結果になると思います。
 
 
 
官能小説では、マッサージ師さんに犯されちゃうシチュエーションが好きです。長編なら、最初は一対一で、最終的に三人の男に囲まれるシチュエーションが最高ですね。喘ぎ声がうまく書けないのでなかなか公開できないのですが、こういう世界も自分なりの表現をしてみたいところです(ちなみに漫画では、クリムゾンのアイドルスマホ操作が一番好きです)
 
 
 
…重ねて言いますが、今日書いたことすべて妄想ですからね!   こういう、妄想だけで実技に移れないやつが一番溜め込むんです。
 
 
 
…夫にすっぽんでも食べさせるか。
 
 
 
それじゃあ、また明日!
follow us in feedly